枚方から始まる淀川クルージングで楽しい船旅を!枚方船着場〜淀川大堰編【ひらつーコラボ】

とある日曜日のお昼、サトゥルお枚の方の2人がやって来たのは淀川河川公園。

舟運-7
サトゥルいや〜晴れて良かったですね!さぁお枚の方、ひまわりを探して下さい!
お枚の方どこですかね〜ひまわり。今日私めっちゃ楽しみにしてきたんです。

舟運-9
お枚の方だってまさか枚方から乗れるなんて、知らなかったんで。
サトゥル枚方市民なら一度は乗ってみたいですよね〜!僕もほんまにここで合ってんのかちょっと心配です。地図ではこっちのはず…。

舟運-14
サトゥルあ!たぶんあれじゃないですか!?
お枚の方ほんまにおった!(笑)

舟運-23
じゃーーーーん!!
ひまわりです!


というわけで今回で31回目となる
京阪×ひらつーのコラボ記事シリーズ!

今回は、枚方の「枚方船着場」と天満橋の「八軒家浜船着場」を結ぶ、
「幕末維新の淀川舟運 淀川浪漫紀行」
の船旅の模様をお届けします!

京阪×ひらつーコラボ記事とは、京阪公式サイトひらつーで、2パターンの記事をご紹介しちゃう連動企画です。

舟運-39
こちらが「枚方船着場」

地図ではここ↓

淀川河川公園の中にあります。

今回僕らが参加するのはこのチラシの
img6 (1)
青色のほう、「淀川 下りの旅」コース。

京阪グループの大阪水上バスが昨年から新たに運航している淀川舟運の旅です!

午後にスタートする下りコースは、ここ「枚方船着場」を出発し天満橋の「八軒家浜船着場」を目指します。

ちなみに午前にスタートする上りコースは、出発地と終着地が逆になります。つまり天満橋から枚方を目指す形。

サトゥルこの公園には何回も来てるのに、船着場があるなんて全然知らんかったなぁ。

舟運-24
こちらのひまわり、明治時代に淀川を往来していた蒸気船がモチーフとなっているそうです。

お枚の方屋形船みたいなものを想像してたんですが、思ってたより大きい!そして色も可愛いです。
サトゥル大人っぽくてハイカラなデザインですね。僕にぴったり。

舟運-26
お枚の方たしかにそうですね!(純真無垢な笑顔)
サトゥル…。
お枚の方船に乗り込みましょう!なんかワクワクしてきました!
サトゥル麦わら帽子でも持って来ればよかった。
お枚の方気分は海賊船の船長ですか?(笑)

あ、ここ気をつけて下さい!
光善寺駅のホームと電車の間ぐらい隙間空いてます!!

※光善寺駅は、ホームが大きくカーブしているため、上り電車(京都方面)とホームとの間に隙間が生じます。

舟運-28
サトゥルいや絶妙な例え(笑)
お枚の方普段から使ってるんで(笑)じゃあお邪魔しまーす!

舟運-30
サトゥルおおお!

舟運-29
お枚の方すごい!ホテルみたい!
サトゥル中はこんな感じやったんや。ゴージャスな雰囲気ですね〜!
お枚の方窓からの眺めも面白いですよ!

舟運-32
サトゥルこんなに淀川の水面に目線を近づけることってないので、新鮮な景色ですね。

舟運-68
お枚の方なんだか不思議な感覚です。

舟運-35
お枚の方デッキにも出れるみたいですよ!
サトゥルこれぞ船の醍醐味。
舟運-44
サトゥルお枚の方じゃーーーーん!(2回目)

 舟運-46
サトゥル見慣れた枚方大橋も川の上から見ると新鮮です!もう見えるもの全てが新鮮!!

舟運-48
サトゥル船の上はほぼ一面がデッキ!

舟運-52
お枚の方絶景ですよー!

舟運-55
お枚の方しかも広ーい!聞こえますかー!
サトゥル全然聞こえませーん!(聞こえてる)

舟運-60
一旦戻ってきました。

舟運-73
すると「これ楽器なんですけど、何の音だと思います?」と乗務員さんが面白いものをみせてくれました。

舟運-75
ギーコ、ギーコ、、

サトゥルひねると木をこすり合わせた音が出ますね。何だと思います?
お枚の方楽器だと思います!ギコギコ音が鳴るので名前は「ギーコ」で!

なんて話していると、後ろから謎の声が。

???「面白い楽器やろ」

舟運-77
???『これは「櫓音(ろね)」ていうねん。三十石船とか、昔の木造船は櫓を使って漕いでたんやけど、その時に鳴る音を再現した楽器がこの「櫓音」ってわけやねん。あとで三十石舟唄を歌うときに使うねん』

舟運-85
お話を聞かせて下さったこちらの方は、語り部(かたりべ)の「柗永(まつなが)さん」

実はこのプラン、語り部さんによる淀川流域案内や三十石舟唄を聞きながら船旅を楽しめるんです。

しかもこちらの柗永さん、なんとご先祖さんは三十石船を作る職人さんだったんだとか!
お名前の「柗」の漢字も、その名残りだそうです。

サトゥルなるほど。櫓は現代の言葉で言うところの「オール」ってことか。
お枚の方言われてみればたしかに、ギーコギーコって船を漕ぐ音ですね。

舟運-80
柗永(まつなが)さん「この枚方船着場も含めて淀川には9つの船着場があるんやけど、災害時には物資輸送などの緊急船着場の役目も果たすんやで」

サトゥルへ〜知らんかった。現代の水運にはそういう役目があるんですね。

舟運-82
他にも京街道のウォーキングマップなんかもありまして、色々新たな発見がありました。

舟運-95
そうこうしているうちに、船内は他のお客さんで満席に。この日は大盛況でした。

ちなみに、どこの方が参加されているかというと、やっぱり枚方市民が一番多いそうですが、高槻・寝屋川・大阪市内・四条畷などの近隣市からや、遠方のかたが旅行の一環で参加されることもあるそうです!

舟運-99
いよいよ出港!ゆっくり船が動き出しました。

舟運-104
こちらは柗永さんと共に旅を盛り上げてくれる他の語り部さん。

しかしこれ以降、ほぼ柗永さんが一人で喋り続けます(笑)

サトゥルお話に耳を傾けたいところですが、枚方の景色はどうしても見逃したくないので、デッキに出てみましょう。
お枚の方何が見えますかね!

舟運-166
サトゥル風がああああ

舟運-112
お枚の方気持ちいいーーーー!

舟運-125
サトゥル全方位オーシャンビューじゃーーーー!
お枚の方それを言うならリバービューだと思います。

舟運-117
お枚の方あ、見てください!ひらパーの観覧車が見えます!

舟運-115
サトゥルほんまや

舟運-131
サトゥル地上では感じることのできない風、開放感、そして非日常感!!
お枚の方めっちゃ楽しい!デートにも良いんじゃないですか?
サトゥルちょっとシミュレーションしてみましょう。

舟運-456
サトゥルこんな感じでタイタニックポーズをしてはしゃいだり、

舟運-221
お枚の方ベンチでゆっくり景色を眺めるのも良いですね!
サトゥル「やばい!会話が途切れちゃった。どうしよう…」そんなあなたもご安心下さい。

舟運-452
サトゥル語り部さんのトークがスピーカーから流れてくるので、沈黙を恐れなくても大丈夫です!
お枚の方家族でお出かけなんかも良いですね。おじいちゃんおばあちゃんといっしょに、3世代に渡ってでも、みんなが楽しめると思います。

…あれ?サトゥルさんは?

舟運-133
サトゥル淀川の水が俺を呼んでいる…!
お枚の方何してるんですか?
サトゥル突然ですがここで、淀川の水質調査を実施します!!

何度か淀川の水を飲んでいる身としては、「淀川の水の綺麗さは流域によって変化するのか」っていう疑問があっていつか調査してみたいなーと思っていたんです。こんなに良い機会はないので、何箇所かで水を汲んでみようと。

お枚の方わーすごいですね(突然の展開に呆然)

2018satoru430297

舟運-203
サトゥルすごく綺麗です!透き通ってます!

舟運-204
サトゥル匂いも問題ありません。いつも飲んでいる淀川です。お枚の方もいかがですか?

舟運-207
明らかに悪い顔をしているサトゥル。
お枚の方クンクン…。無臭ですね。

舟運-210
サトゥルこの辺りは最寄駅で言うと、まだ光善寺駅あたりのはずなので、大きな変化はみられないということですね。現場からは以上です。
お枚の方あ!あんなところにシャボン玉が!!なつかしい〜。

舟運-41
乗船したお客さんが自由に楽しめるそうです。
舟運-458
というわけで僕らもレッツ☆シャボン玉。

20181031ohirasatoru600395
サトゥルシャボン玉なんて何年ぶりやろう(笑)

舟運-487
お枚の方これめっちゃ楽しいですね!!
サトゥル童心に帰れるし、何よりリバービューに漂うシャボン玉がめっちゃええ感じ!

舟運-550
お枚の方デッキに他のお客さんが増えてきましたね。
サトゥルそろそろ僕らもお昼にしましょう!

舟運-92
サトゥルというわけでやってまいりました、待ちに待った昼食のお時間です。

舟運-586
お枚の方竹の皮をめくると…

舟運-587
じゃーーーん!(3回目)

昔ながらの「枚方宿べんとう」。プランに含まれています。

舟運-585
いただきます!

サトゥル竹の皮ってめっちゃ良い香りするんですよね〜。おにぎりが美味しい。
お枚の方私は手前にあるだし巻き卵みたいなのが一番好きです!見た目から想像がつかない味。

舟運-62
ちなみに上りコースはお弁当の内容が変わりまして、こちらの「道中べんとう」になります。

舟運-61
別料金でくらわんか酒も楽しめます。まさに淀川尽くし。

舟運-678
こちらがドリンクメニュー。

舟運-676
僕らはお茶で我慢しました。

ショコホイ ショコ

サトゥルん?

ドッコイサノ ヨーオホーイホイ

舟運-598
お枚の方三十石舟唄ですって!
サトゥル初めて聞きました。あのお姉さん歌うまいな〜。

舟運-596
みんなで声を合わせたり、手拍子して楽しめます。

舟運-684
ふと窓に目をやると、ちょうど大きな橋の下をくぐっていました。
船内からも迫力ある景色がばっちり見えます。

お枚の方デッキではしゃぐのも、船内でゆったり語り部さんの話に耳をかたむけるのも、全部自由にできるのがいいですね。

サトゥルたしかに。まさに老若男女が楽しめるって感じ。


舟運-638
サトゥルではここで、二度目の水質調査です。このあたりは守口らへんですね。くんでみましょう。

舟運-659
サトゥルおぉ!綺麗な水!透き通ってます。

舟運-656
サトゥル匂いも問題ないですね。

舟運-657
またしても悪い顔をしているサトゥル。

お枚の方全然臭くないです。飲み水みたいに綺麗。
サトゥル飲めへんかなぁ。
お枚の方え?
サトゥル味でも水質を検証したいので、この水飲んでみたいなぁと思いまして。

舟運-661
お枚の方さすがにそれはまずいんじゃ…

舟運-663
サトゥルペロッ。

舟運-664
サトゥル意外といけますね。

お枚の方【注意】絶対に真似しないで下さい!!

舟運-692
そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、日も傾いてきた頃、デッキに人が集まってきました。

お枚の方何が始まるんですかね。
サトゥルあ、あれは…!

舟運-694
この船旅の目玉、毛馬閘門(けまこうもん)!!

お枚の方私たち、今からあそこに入るんですね!

今回の旅は、
ひらつー枚方船着場〜淀川大堰編を、
京阪公式サイト毛馬閘門〜八軒家浜船着場編」をお送りしています!

続きは

また、今回僕らが参加したこちらの「淀川浪漫紀行」、
今年度の運航日も残り少なくなりつつあり、すでに続々と予約が埋まっているそうなので、興味のある方はお早めに!

img6 (1)

参加費
上りコース、下りコースともに
お一人様4,950円(税込)(お弁当・お茶つき)

今後の運航日
11月8、11、15、22、23、24日(予約受付中)
12月9日(予約受付中)
2月10日(12月3日9:00〜受付開始)
3月10日(1月9日9:00〜受付開始)

▷ご予約・お問い合わせ
Tel 06-6942-6699


おまけ

舟運-905
サトゥルいや〜楽しかったですね。めっちゃ良い気分転換になりました。
お枚の方前半の開放的な景色も、後半の都会の景色も、どっちも川から見ると新鮮でした!
サトゥルじゃあちょっと寄り道して帰りましょうか。

舟運-906
というわけで寄り道してきたのは、京阪天満橋ビル!
お枚の方こんな急に押しかけて大丈夫なんですか?
サトゥルお枚の方、なんと今回の記事でひらつーと京阪公式サイトのコラボ記事は、31回目なんです!
お枚の方もうそんなにやってたんですか!

舟運-908
サトゥルこのフロアが、京阪公式サイトを運営されている京阪エージェンシーさんのフロアです。
68f703da
お枚の方お邪魔しま〜す!あ、大川がバッチリ見える!

舟運-922
サトゥルあれはたしかアクアライナーっていう船で…って違う!そんな話をしにきたんじゃなくてですね。

舟運-916
サトゥル単刀直入に言います!京阪さん、忘年会しませんか!?
お枚の方!?

というわけで、年末に忘年会企画の約束をとりつけてきました。(笑)
これまでの記事の裏話なんかも交えながらその模様も記事化する予定なのでお楽しみにー!