イタリアンダイニング「T's」のパスタセット。トマトはいつ頃から食用になったのか【枚方グルメ】

★注目の枚方グルメレビューを紹介

20100617ts

イタリアンダイニング「T's」の‘茄子とバジルのトマトソーススパゲティ’などのレビューです。 
LINK:『皆さ~ん、レンズに注目!・・・』、『ハイ!、T's』・牧野 食べログ

お店の場所は牧野のTSUTAYAからもうちょっと旧国道一号線のほうへ進んだところ。(そういえば、あそこらへんにあったバーミャンがいつの間にか『おはしカフェ・ガスト』になってますね。)

レビューされているのはランチのパスタセットで、‘茄子とバジルのトマトソーススパゲティ’も美味しそうなんですが、前菜が見た感じ豪華です。

あとデザートはショーケースに入った自家製スイーツの中から選べるのだそうな。

公式サイトに店内の写真がありますが、明るくてぬくもりの感じられる感じでおしゃれです。


ついでに。

イタリアンでは必ずと言っていいほど使われている食材のトマトですが、いつ頃から食べられるようになったか知ってます?

Tomatoes at Union Square
※クリックでFlickrに飛びます

僕はなんとなく数千年前のエジプトとかで食べられてたのかと思ってたんですが、なんとたったの200年前なんだそうです。

しかもそれまではトマトには毒があると思われていて、ただの観賞用でしかなかったのだとか。

元々の原産地はペルーやエクアドルなどのアンデス地方。そしてメキシコで初めて食用になりヨーロッパにも食用として広まりますが、北アメリカではなかなか認知されなかったのだそうです。
そこでロバート・ギボン・ジョンソンという人が裁判所の前でトマトを食べるというパフォーマンスをしてトマトが食べられることを証明し、その日は「ジョンソン・デイ」としてお祭りが開かれたりしているそうです。

日本で食べられるようになったのは江戸時代の終わりごろとのことなので、150年ぐらい前ですかね。

詳しく知りたい方はこちらの「食べごろトマト」というサイトが詳しいので見てみてください。
ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : グルメ