夏に「彩色ラーメン きんせい」が枚方にできるとのウワサ。ついでに地域ブランドの生めん10種。

↓のブログによると、今年の夏に「彩色ラーメン きんせい」が枚方にもできるというウワサです。
LINK:らーめんStyle JUNK STORY 谷町きんせい @大阪谷九 KGのおきらくごくらく

レビューされているのは谷町にできたきんせいの新店なんですが、記事の最後に「夏には枚方にも新店できるとか」とあります。

まぁ、きんせいといえば交野にも「きんせい 交野製麺所」があるのですぐ食べに行けるんですけどね。以前にも紹介しましたが、製麺所という名のとおり、交野のお店には製麺機があります。→画像こちら

僕も何度か食べに行きましたが美味しいですよ!
食べログにたくさん画像がアップされています。

もし枚方市駅前にできたら「よってこや」と「たかばし」との激戦になりますね!
でもできれば駐車場のあるお店にしてほしいです。


ついでに。

製麺所が出てきたので全国製麺組合連合会という団体のサイトを見てみると、生めんに関する色んな情報が載ってました。

それによると、公正取引委員会に承認されている地域特産のブランド麺というのはラーメン以外も含めて10種類しかないそうです。

・札幌ラーメン
・盛岡冷めん
・甲州ほうとう
・信州そば
・名古屋きしめん
・出雲そば
・さぬきうどん
・長崎チャンポン
・長崎炒麺(チャーメン)
・沖縄そば

長崎チャーメンって初めて聞いたと思ったら、皿うどんの麺のことをチャーメンっていうんですね。
これらの麺を「名産」とか「特産」と言って売る場合には現地で製造されているなどの一定の基準を満たしていないとダメなんだそうです。

あと11月11日は「めんの日」なんだとか。
1を麺に見立ててるんですが、ポッキーの日とかぶってますw


■関連リンク
彩色ラーメンきんせい 公式サイト 
ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : グルメ