枚方市の有志職員が東日本大震災の被災地へ「イカ焼き」を焼きに行くそうな。ほか枚方で集まった義援金の額や電化製品の提供受付など

枚方市の有志職員による「イカ焼き隊」が被災地へイカ焼きを焼きに行くそうです。

↓ニュース記事
 
阪神大震災や新潟県中越地震のときにもイカ焼きを焼きに行ったらしく、今回は7月に岩手県大槌町や陸前高田市に行って1000枚ほど焼く予定だそうです。

たこ焼きじゃなくてあえてイカ焼きで行くというのは、職員さんの中にイカ焼きを焼くのが上手い人がいたからとかですかね?でも東北の人たちもたこ焼きは食べたことあってもイカ焼きはないって人がけっこういそうなので楽しんでもらえるんじゃないでしょうか。頑張ってきてほしいですね。

一方枚方市で公式にやってる被災者・被災地支援の取り組みは枚方市役所のホームページで随時更新されています。
 
枚方市で集まった枚方市民からの義援金5623万5千円、市からの寄附金3900万円合わせて約9500万円がすでに被災地に送金されています。

その他被災者への民間住宅等の無償貸与や、枚方市へ避難している被災者への炊飯器やポット、掃除機など電化製品等の無償提供も受け付けてましたよ。新品未使用なら寝具や食器などの家具類も受け付けてたので、身の回りに「買ったものの結局使ってない」ようなものがある人は提供することも考えてみてはいかがでしょう。

関連リンク
イカ焼き Wikipedia
ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 社会 

この記事へのコメント

2. カズマ@ひらつー   2011年06月02日 14:41
>ぺんぎん飼育員さん
はいたぶん粉もんのイカ焼きだと思います!たしかにネーミングが単純なので違う食べ物とカブるでしょうね
1. ぺんぎん飼育員   2011年06月02日 10:17
イカ焼きがどういうものを指すのかわかりませんが、縁日で売ってるようなやつですかね?
確か東北太平洋沿岸にはぽっぽ焼きなるイカ料理があったように思います
新潟では同名でパンスティックのようなものを指すため、区別するために「イカのぽっぽ焼き」あるいは「ポンポン焼き」と呼ぶとかなんとか