家具団地にある会社「アクテック」が車のエンジンを運ぶためのケースを作ったそうで

長尾家具町に「アクテック」という会社があります。

以前ひらつーでデジカメのPENを収納するケースを作ってもらったりしたことがあるので知ってる方もいるかと思いますが、アルミケース・アタッシュケースを作ってる会社です。

そのアクテックの公式サイトに「いれもん通信」というコーナーがありまして、ひらつーのでんごんばんに投稿していただいたので最新号を見てたんですが、おもしろいモノを作ってました。

それは「車のエンジンの収納・運搬ケース」。

アクテックエンジン収納ケース
いれもん通信 第91号 アクテック

リンク先に写真や説明が載ってますが、スポーツカー向けのエアロパーツの開発・チューニングを行なってるC-WESTという会社に依頼されて作ったのだそうです。

何といいますか、自動車そのものを輸送してるところって国道1号線なんかを走ってたらよく見かけますが、エンジンを単体で運ぶものだと考えたことがなかったので、そんな需要もあるもんなんだなぁと。

アクテックは家具団地のサークルKの向かいにあるんですが外からはそんなものを作ってるなんて全然分からないですし、枚方には他にも外観からは何をやってるのかわからない工場みたいなのがたくさんありますが、何気なく素通りしてる建物の中でスゴイもん作ってたりするんだなと思うとおもしろいですねぇ。

そういえば鮭の切り身を全く同じ重量で超素早く作れる機械などで世界企業になってる吉泉産業って会社もだいぶ前に載せました。ほんと色々すごい会社があるんですよね。

枚方市が作ってる産業いきいき!ヒト・モノ・ワザという番組でそういう企業を紹介してたりします。タイトルは教育番組みたいでアレですが見たらけっこうおもしろいですよー。

ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 話題