裁判だけじゃない!わざわざ大阪に行かなくても枚方で身近に法律相談ができる「弁護士法人アイリス 枚方みらい法律事務所」枚方市役所近く【ひらつー広告】

一般に「弁護士」「法律事務所」という言葉を聞くと、重大なトラブルを起こさない限り自分とは縁遠い存在だと思う人が多いと思いますそれに加え、「敷居が高い」などというイメージがあるのも事実ですよね

でも実際に裁判だけが弁護士を利用する機会かと言うとそうではなく、むしろ事前に法律専門家に相談しておくことでトラブルそのものが防げる場合は意外に多いんです
また、相談したくても弁護士事務所が大阪市内にあることが多いので、枚方市在住の方にとってはなかなか重い腰が上がらないというケースもあると思います。

そんな方に朗報!枚方市内で身近に、そして気軽に相談できる弁護士事務所がありますそれが『弁護士法人アイリス 枚方みらい法律事務所』さんです!!

DSCN0888

枚方事務所開設のきっかけ
私たち枚方みらい法律事務所は、2011年11月に枚方市役所のすぐ東側にあるビルに開業することとなりました。
大阪府の弁護士事務所といえば、裁判所を中心として大阪市内に集中して偏在するのが実情です。
これは、法的サービスを求める大阪市以外の多くの人々にとって、身近に相談できる相手がいないという障害となっています。
そこで私たちは、40万人規模の市でありながら弁護士の数が十分とは言えない枚方市に事務所を開設しました。
↓地図ではここ

大きな地図で見る

P4181296
事務所は、枚方郵便局の向かいのビルの4Fです。

P4181297
枚方市役所近くにあるセブンイレブンのとなり。1Fに補聴器センターがあります。

いや~しかし…
P4181293
このビル見上げたらビックリするほど高かったです(笑) 

実際に相談にのってくれる弁護士さんをはこのお二人です!

郷原 さや香弁護士
岩田 和也弁護士
→プロフィール詳細はコチラをご覧ください。

お二人からのメッセージ
郷原 さや香弁護士
世の中の悩みを抱えている方々と同じ目線で事件に望む「痛みの分かる弁護士」をモットーに日々の業務に取り組んでおります。

岩田 和也弁護士
弱者の味方でありたいと考えたのが弁護士を志した最初の動機でした。
地域に根ざした町の人たちの味方である事務所にしたいと考えています。

DSCN0852

DSCN0851

枚方みらい法律事務所さんに
多く寄せられる3つの相談

相続

相談事例
Q.親が亡くなったのですが、財産に何があるか調査できていません。どうすればいいでしょうか?
A.あなたは相続開始を知ったときから3ヶ月以内に相続の単純承認、限定承認、放棄のいずれかを選択しなければなりません。相続財産が不明なときは、家庭裁判所に3ヶ月の期間の延長を申請すれば、その期間が延長されます。注意したいのは、プラスの財産だけでなくマイナスの財産、借金なども相続することです。財産がマイナスのときは、相続放棄を視野に入れる必要があります。
Q.父が亡くなりましたが、他の兄弟は、父から不動産やお金を貰っています。これでも相続分は同じなのですか?
A.特別受益に該当し、法定相続分が修正される可能性があります。
Q.親が生前に不動産や預金を贈与したり、遺言でほとんどの財産を私以外の兄弟にあげてしまいました。私は、何も貰えないのでしょうか?
A.子には遺留分があります。遺留分が侵害されている場合、遺留分減殺請求をすることにより、財産を取り戻すことになります。

■「相続・遺言」公式サイト
■「相続」専門サイト 



離婚

相談事例
Q.離婚したいのですが、夫と話し合うことが出来ません。どうすればいいでしょうか?
A.話し合いが難しいときは、まず家庭裁判所に離婚調停を申し立てることができます。調停は、調停委員2名が間に入り、双方の話を聞いていきます。相手と直接話すことはありません。調停は、裁判所で行う話し合いです。双方の合意が得られない場合は、次に裁判をすることになります。裁判は、最終的には裁判所が判決を下すことになるので、結論が出ないことはありません。ただし、判決で離婚が認められるためには、法律で定められた離婚原因が存在することが必要です。

■「離婚などの家族問題」公式サイト



交通事故

相談事例 
Q.保険会社から提示された金額がよく分かりません。この金額は妥当なのでしょうか?
A.慰謝料については、①自賠責基準、②任意保険基準、③弁護士基準(裁判基準)の3つがあります。一番低額なのが自賠責基準で、一番高額になるのが弁護士基準です。弁護士基準は、裁判所で認められた慰謝料の金額から一定の基準を出したものです。弁護士が交渉や訴訟を提起する場合は、この基準を参考にします。
Q.むち打ち症が長期化した場合はどこまで損害賠償を請求できるのでしょうか?
A.むち打ちの正式名称は、頚部捻挫や頚部挫傷といいます。むち打ちは自覚症状のみで他覚所見がないことが多くあります。後遺障害の認定や慰謝料の点で他覚所見がないことが問題となり、後遺障害について非該当となったり、慰謝料が減額されることがあります。

■「交通事故」公式サイト


上記3つの問題以外にも、、、

こうやって見てくると、弁護士さんは決して遠い存在ではなく、私たちの暮らしの中で起こりうる身近な問題に密接に関係してくることがよくわかります一人では解決できない問題、また何を相談したらいいのかもわからない状況の方もいるかもしれません。

そんな時はわざわざ大阪に行かなくても、まず枚方で、気軽に相談に行くことで、"自分のやるべきこと"が明確になるんではないでしょうか???

枚方みらい法律事務所は、枚方に暮らし働く方々の法的問題を解決し、明るい未来へ導けるよう、誠意を持って取り組んでまいります。また、弁護士を必要とする方々の力となるため,ときには出張法律相談も行います。

《法律相談のご予約・お問い合わせ》
弁護士法人アイリス 枚方みらい法律事務所
「枚方市」駅より徒歩5分、枚方市役所・枚方郵便局すぐそば
0120-724-721
(受付時間 平日9:30~17:30)

初回法律相談30分無料
お問い合わせフォームからも受け付けています。

どんなことでもお気軽にご相談ください!! 

公式サイト 
ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ