長尾駅南の踏切前の民家が取り壊されてる。線路の東側に歩道をつくるため

長尾駅の南側にある踏切前の民家が取り壊されてます。

↓こちら
長尾道踏切-1

↓地図ではここ

大きな地図で見る
住所は枚方市長尾宮前。

菅原神社-1
斜向かいには菅原神社があります。

長尾宮前-2
2013年12月時点ではこんな状態でした。

長尾宮前gsv
Googleストリートビューで見てみると民家だったことがわかります。

長尾宮前-3
そこが「長尾道」踏切。渡って右に行くと長尾駅です。

長尾宮前-1
写真右の道を入っていって右を向くと…

長尾駅東側-1
正俊寺の側面からの入り口があって、

長尾駅東側-2
左前には長尾駅が見えてます(これも2013年12月の写真)。写真右の建物は正俊寺の建物。赤いコーンの立ってるところに歩道ができるようです。

長尾駅前広場(西側)整備事業について 枚方市

枚方市HPによると3月末には完成する予定とのこと。

長尾駅内覧会130202-79
こちらは去年新しい長尾駅の駅舎ができたときに駅から踏切の方を見た写真。階段は作られていたものの、まだ使用することはできませんでした。

この歩道ができたら、線路の東側に住んでる人や大阪国際大学の学生さんは便利になりますね。駐輪場もできればもっとよさそうですけど、できる予定はあるんでしょうか。


ライター:カズマ カズマ

この記事へのコメント

6. 花   2014年02月27日 16:36
それを言い出したら事故も事件も、放送された人はつらいんでしょうね、ということになりますね。
景色が変わったという事のニュースなだけと思うんですけどね。

おじさん、誤字だらけの読みにくい文章をよく解読していただけました。効果だの高価だの、まあお恥ずかしい。
 最近行ってないのでどうなってるのか知らないんですよ。てっきり駅に合わせて工事が始まるものとばかり思っていました!坂の下の信号までが近いので、よく渋滞してましたもんね。
教えていただきありがとうございました♪
5. それは   2014年02月21日 10:21
自分が住んでいた家を公共事業のために取り壊された経験がある者です。
河川工事・堤防を作るために、立ち退きの対象になりました。
20年以上も前のことです。

住んでいた家がなくなっても、人の為に役立つのであれば、納得の立ち退きです。
でもね、ふと思うのです・・・もう1度家を見たい、と。
20年以上も前なので、住んでいた当時の写真だけがアルバムに残ってます。

今はこうしてネット環境のおかげで、
いろいろなことが情報・記録として見ることができます。
だからgoogleで現在堤防になった様子を見て、(ここに家があったんだよなぁ)と懐かしく思います。

私はこうしてかつて住んでいた家を誰かが残してくれることが嬉しいけどな。
4. あのね   2014年02月21日 08:47
前住人を良く知るものです。
正直、いくら市に買収され、所有権移転してるとはいえ、100万アクセス超える本ブログに掲載するのは、いかがなもんでしょうか…
管理者の方、良くお考えになられましたか?
3. おじさん   2014年02月20日 14:37
花さん
長尾駅は新駅舎になりましたが、線路自体は高架になってないですよ。
帰って今の方がバスロータリーから電車が間近に見えるようになったのではないでしょうか?
2. 花   2014年02月17日 08:14
住み慣れたおうちを離れる方は、どんな心境でしょうね。自分に置き換えるとせつないなあと思います。
引っ越し先でよい思い出が増えるといいですね。

効果は便利になり安全になり良い事なのですが、目の前で電車を通るのを見れる楽しい機会ですので、寂しいです。特に子供が小さい時は電車が来るのをドキドキしたり警報機に耳をふさいだり、手を振ったりと思い出がたくさんです。
「電車を見に行こう」と出かけた事も一度や二度ではありません。高価になり目の前で見れなくなると、ちょっとさみしくなります。
1. 枚方市民   2014年02月17日 01:23
歩道を広くしていく所、多いですね。
車が多いので、歩行者にとっては本当にありがたいことです。
津田駅前の道も、どうにかならないものでしょうか・・。お買い物に行くのに自転車で通っているのですが本当に怖くて危険です・・。車の方も気をつけてくれているようですが、安全の為にも歩道を是非つくってほしいと切に願っています。