ひらパーの急流すべり「絶叫の滝 バッシュ」の絶叫度測定で上位を狙うには滝のどの辺で声を出したらいいの?下る前?下った後?実験してきた【ひらつーコラボ】

ひらかたパークの急流すべりといえば、

バッシュ-1905203
(なりたい!絶叫神!!)

「絶叫の滝 バッシュ」
ですよね。

絶叫の滝 バッシュは、最後の大きな下り坂部分で叫んだ声を、いったいどれくらいのレベルのものなのか測定し、絶叫度として表示してくれるシステムでもおなじみの急流すべりです。

今回の記事では、その絶叫度に対してどうすれば高い数値が得られるのか、いくつか実験してきました!

表紙ひらパーバッシュ

なおこの記事は
今回で51回目となる
京阪×ひらつーのコラボ記事シリーズ! 

ひらつーの記事では場所による変化の実験の様子をお届けしまして、
声の高音低音による変化の実験に関しては、


をどうぞ!

バッシュ-1905203
(朝イチだと1位の絶叫度が低めの100に設定されていますので、比較的1位を取るのが簡単かも!?)

この記事で測定するパターンは4つ。
★下る前に叫ぶ
★下ってる途中の前半で叫ぶ
★下ってる途中の後半で叫ぶ
★下りきった後に叫ぶ
といったシチュエーションです。

バッシュ-1905201
挑戦するのはひらつーイチの叫び声を持つという野生児、ガーサン@ひらつー
先日女の子とひらパーデートをした時に乗ったばかりだそうで、荷物は足元に収納可能であることとか、やけに詳しかったです。フラれたそうです。

せっかく叫ぶということで、音もお届けできればと思い、動画も用意しました↓

ガーサンの叫び声が面白いので、ぜひぜひ。

ガーサン-1905201
はたして、どの場所で叫んだら一番絶叫度が高いんでしょうか。いざ、実験スタートです!

シチュエーションその1
下る前に叫ぶ

バッシュ-1905205
ドキドキのガーサン。よく見たらインドの高僧感のある衣装です。

バッシュ-1905204
「きょえあぁぁああぁああああ!!!!!!!!!!」

……文字化するとこんな感じの叫び声をあげるガーサン。
落ちる前に叫んだ結果、絶叫度は……

222でした。


シチュエーションその2
下ってる途中の前半で叫ぶ

バッシュ-1905206
まだ2周めということもあってか、余裕をもっている感じ。

バッシュ-1905207
しばらくすると、生首だけみたいな状態で登場し、

バッシュ-1905208
おち……

バッシュ-1905209
たぁ〜〜!!

「ぇぅああぁぁあああぁあぁああ!!!!!!!!!」

というもはや叫び声というよりは奇声を発するガーサン。

バッシュ-19052012
558というなかなか1人では出せないであろう記録が出ました。

シチュエーションその3
下ってる途中の後半で叫ぶ

バッシュ-19052013
いつの間にかタオルを巻いていたガーサン。

ひらつー用
ゆっくりのぼっていきます。

ひらつー用2
「ぅあああああぁあぁああぁあ!!!!!」
と、少し遅れ気味に叫んだ結果……

絶叫度は90

バッシュ-19052016
この時点で比較的前半に叫んだほうが絶叫度が高いことがわかりましたが、引き続き実験。

シチュエーションその
下りきった後に叫ぶ

バッシュ-19052018
この日は雨予報だったんですが、取材時はなんと晴れ。

バッシュ-19052017
いつの間にか上着を羽織っているガーサン。チョコチョコ見た目が変わっていっているのには特に意味はありません。

バッシュ-19052019
そして堂々とした表情で滝に登場。

バッシュ-19052020
下っている時は落ち着いて……

バッシュ-19052021
下りきってからのこの表情。

「ぎゃあああぁぁあああぁぁああああああ!!!!!!」

RPGゲームで魔物に遭遇した時の音みたいな声を出すガーサン。怖い。

果たして結果は……!?
バッシュ-19052022
0でした。

下りきったあとは測定されてなかったんですね……。




以上、絶叫の滝 バッシュにおける、どこで叫べば高得点を狙えるかという実験でした。

今回わかったことをまとめると……
★高得点を狙うには、降りる前あたりから絶叫をスタートし、降りはじめたくらいでここ一番の絶叫をすると良い
★下った後に叫ぶのは、絶叫度高得点を狙うにあたっては特に意味はない、気持ちの問題。
という2点!

公式には“大きい声で長く叫ぶこと”がコツとしてアナウンスされていたりも!

場所はわかったけど、一体どんな声を出せば高得点を狙えるの?と疑問に思った方は……

をどうぞ!

バッシュ-19052036
ちなみにガーサンがフラれたカノジョとひらパーデートした時に、出した絶叫度は750って言ってました。
そりゃフラれるわなって声を出してそうな気がします(笑)

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー