淀川河川公園で行われている淀川24時間リレーマラソンの深夜1時ごろのようす

今日9月10日(というか昨日9日から)は淀川で24時間、リレーマラソンをしている日!

昼間からマラソンの様子を事務所から見ていて、記事にしようと思い立った次第です。

マラソン-1709104
24hリレーマラソンに関しては以前にも記事にしていますが、名前のとおり24時間走り続けるマラソンイベントで、淀川河川公園の枚方地区にある円周コースを走り続けるといったスタイルで行われています。
24時間リレーマラソンとなると、深夜も走っているのかとか、様子はどんな感じなのか気になったので、深夜1時ごろに観に行ってきました。

マラソン-1709101
(夜の淀川河川公園)

マラソン-1709102
コースには照明が設置されていて、走るべきルートを照らしていました。

マラソン-1709103
とにかくずっと走っている選手のみなさん。

マラソン-1709106
どちらかというと枚方大橋よりの、野球グラウンド的なところにスタート地点がありました。
隣のテントは給水場。

マラソン-1709107
同じくグラウンド内には本部のテントとステージが。1時ごろとはいえ本部にもきちんと人がいました。

マラソン-1709109
選手村じゃないですが、参加者のランナー以外の方はテントをはって休憩中。

マラソン-17091010
コンビニに買い出しに行っている人や、参加者の応援に来ている方もいました。

マラソン-1709105
写真には写っていませんが、スタート地点では参加者の方が数名いて、ランナーが通る度に声援を送っていました。

給水場に貼ってあった、開始から13時間地点の途中経過↓
マラソン-1709108
上位2チームを枚方マスターズの2チームが占めていて、他にも枚方っぽい名前のチームが。
参加チームは18チームで、13時間時点で1位のチームは149周、223キロを走っている模様。
223キロというと、枚方から西へ直線距離で考えると広島県尾道市、東だと静岡県掛川市くらいまでの距離です。

13時間で223キロだと、1時間あたり17.1キロペースで、このまま保つことができると24時間終了時点では411キロ走ることになります。これは直線距離で考えると東京どころかディズニーランドにだっていける距離。すごい。

参加者の方に参加理由を尋ねてみると、枚方の方ではなかったのですが、走るのが好きな会社の人に誘われて、運動不足なので参加したとおっしゃっていました。(運動不足の人が走るマラソンじゃないってつっこんでおきました笑)

24hリレーマラソンのスタートは昨日の昼12時で、ゴールは本日正午ごろ。
今日10日は周辺では五六市に加え、淀川河川公園ではみなと五六市というイベントも開催中。また、天満橋から淀川河川公園枚方地区を結ぶ定期船も本日10日より開始予定ともりだくさんですし、日曜日のおでかけ候補としても覚えておくといいんじゃないでしょうか。

とにもかくにも、選手のみなさん、お疲れ様ですー!

◇関連記事
これまでのマラソン関連の記事

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー