宮之阪の「天の川とんどまつり」に行ってきた【ひらつーレポ】

イベントレポート手書き

イベントなどに実際に行ってご紹介する【ひらつーレポ

2016年が明けて、すでに半月が過ぎました。

さて、そんな中1月16日(土)に行われた
「天の川とんどまつり」
へ、ふろ@ひらつーが行ってきました!

(→去年の様子

以前宮之阪に住んでいた時から、毎年行ってみたいと思いながら、なかなかタイミングが合わず行けなかったのですが、今年初めて行けました。

とんど焼き-11
場所は天津橋(天野川)上流河川敷で、宮之阪のイズミヤのちょうど裏あたりです。

それでは、まず「とんど焼き」についてですが・・・
会場に詳しく説明が書いてありました。
とんど焼き-18


とんど焼き

1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連(しめ)飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。

その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連(しめ)飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。

また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。

言い方も「とんど・どんど・どんどろ」など様々で、地方によるみたいですが、どこもお飾りやしめ縄を焼いて、その年の無病息災を願ったりするものだそう。

修正とんど焼き1
ふろ@ひらつーが会場に着いたのは13時頃です。

とんど焼き-4
プログラムを見ると10時30分から始まっていて、お焚き(点火)は11時からだったようです。

会場内を歩いていると、
「願い事書いていってや〜」
と声をかけられ、見てみると、
修正とんど焼き2
短冊!
天の川で行われるとんど焼きならではですね

とんど焼き-5
我が家のキッズ達も願い事を書かせてもらいました。(無料です)

「この短冊も後でちゃんと焚いておくからね〜」
と言われ、願い事にも力が入った様子(笑)

修正とんど焼き3
そして、こちらがとんど焼き会場。

とんど焼き-8
参加は無料ですが、募金箱がありました。
周りの人も「毎年、来させてもらってるから〜」といいながら、みんなで募金。

地域のみんなに愛されてるイベントであることが伝わります

とんど焼き-9
持ってきたお飾りやしめ縄は、係の人に一旦渡します。

とんど焼き-13
プラスチックやみかん(だいだい)の部分は燃やせないので、外していました。
持ってくるときに燃やせない部分など、チェックしておいたらいいかもしれませんね。

とんど焼き-14
燃やせる部分だけになったものは、自分で入れてもいいそうです。
子どもたちも参加してました

とんど焼き-21
そのほか、会場では甘酒が無料で振る舞われていました。
生姜が効いてて、あったまる〜

とんど焼き-22
ぜんざいは150円。
受付で、券を購入すると食べられます。

とんど焼き-6
主催は天の川七夕星まつりの会。
「七夕まつり」と書いてあるはっぴを着ているスタッフの方々が多数いました。

とんど焼き-16

また、ステージでは賑やかにダンスなどが披露されていました↓
修正とんど焼き4

修正とんど焼き5

この日はお天気もよかったので、参加された方はとんどまつりをゆっくり楽しめたのではないでしょうか?

とんど焼き-26
新年の始まりに参加したイベントが、とても活気に溢れていて、元気になりました。
今年1年、みなさんも元気で過ごせますように!

◇関連リンク
「天の川とんど祭」の様子 

ライター:ふろ@ひらつー ふろ@ひらつー