「やわた走井餅老舗」の『しょうが氷』(八幡市八幡高坊)【ひらつーグルメ】

ひらつーメンバーが自分で食べにいったお店を紹介する【ひらつーグルメ】
今回すどんお白の方が食べてきたのは石清水八幡宮駅ちかくにある……

やわた走井餅老舗

走井餅-2008261
しょうが氷(600円税込です!
※価格は2020826時点のものです。

去年も取り上げたお店です↓


走井餅-2008268
こ枚の方とめぐるかき氷ツアーは前回のhinodeで終了でして、ここからはお白の方とめぐるかき氷ツアーになります。

そんなツアーの1軒目は、なんだかんだで今年で4回目の来訪となります、石清水八幡宮駅ちかくにある和菓子店「やわた走井餅老舗」。

メニュー↓
走井餅-2008263
かき氷はこんなラインナップになっていて、2年前は期間限定だった「八幡の梨氷」が通常メニューになってたのがテンションあがりました。

走井餅-2008262
和菓子やうどんなどのメニューもあります。

今年特に気になったのが、
走井餅-2008267
この「究極のいちご氷」。

無念、シーズン終了ということで注文できなかったんですが、お店の人に伺ったところ、お盆くらいまではやってたとのこと。来年はコレ狙ってリベンジするぞ〜〜!!

走井餅-2008264
さてまずはお白の方が注文した「ほうじ茶ミルク(700円税込)」

美味しそう。

走井餅-2008265

お白の方の感想↓
抹茶ほどじゃない程よい渋さとミルクがめっちゃ美味しいです、ジャストマッチです。
私的お気に入りポイントは小豆の皮?が入ってて、ほんのり小豆の味がしたところです。
最初から最後まで美味しかったです。
お白の方は食べながらすっごい美味しいリアクションをとってたので、さぞ美味しかったんだと思います。文章からは伝わらないかもしれないですが(笑)

走井餅-2008266
さて僕がたべたしょうが氷は、1番最初の写真とこのプルンっとしてる感じの白玉写真で理解していただければと思いますが、しょうが氷はほんと、しょうがです。

といってもアノしょうがじゃなくてコノしょうがといいますか。

ジンジャーエールの時にしょうがが見せてくれる顔。しょうがの一面。
あの感じで、喉にやさしくって、このなんか喉を気にしちゃう昨今では癒やしの効果が抜群で、爽やかで濃すぎず。

レモンほど透き通った青春じゃないけど、清濁併せ呑んだしょうが色の青春を彷彿とさせ…(よくわからない)。そんな空間にちょこんと添えられた、白くて柔らかい白玉みたいな存在になりたいです。

今回食べたのをまとめると、

大人の青春味美味しかったです!!!

 やわた走井餅老舗
住所
京都府八幡市八幡高坊19
営業時間
8:00-18:00(L.O.17:30)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日休)
電話番号
075-981-0154
駐車場
有(お店の向かい4台)
関連リンク
(※価格・メニュー内容・営業時間などは取材時のものです。最新の情報はお店に直接ご確認下さい)


ライター:すどん すどん