城陽にアウトレットモールをつくる計画があるみたい。ブロッサムの10倍以上の敷地面積かも。2023年度以降の開業

城陽市にアウトレットモール「プレミアム・アウトレット」を作る計画があるようです。


上記リンク先によると三菱地所による城陽市東部丘陵地区のアウトレットモールの開発が地権者と合意に至ったとのこと。(1年前のリリースなので、すでにご存知の方も多いと思いますが、ひらつーは最近知りました、すみません)

1
上記リリースより開発イメージ)

アウトレットモールといえば、三井アウトレットパークとプレミアム・アウトレットの二強状態ですが、三菱地所はプレミアム・アウトレットの方。
関西だとりんくう神戸三田がプレミアム・アウトレットです。

できる時期は2024年3月の新名神高速道路の城陽JCT-大津JCT(仮称)間が開通した以降とのことで、まだ正確な時期はわかっていませんが、つまりは少なくとも6年後以上先ということになります。


場所には関しては「京都府城陽市東部丘陵地長池先行整備地区」だそうなんですが、地図ではこのあたり↓

最寄り駅はJRの長池という駅だと思われます。
先日記事にしましたロゴスランドができる予定の鴻ノ巣山運動公園の比較的近くの位置。

なお、城陽市のリリースのP24によるとオープン後は長池駅からの路線バスも検討されているようです。


開発面積は約27ヘクタール(270,000平方メートル)だそうで、コレはひらパー換算でいうと、ひらパーの敷地面積約1.7個分の大きさ。東京ドームだと約5.7個分。
(※開発面積と敷地面積は厳密には違うので、多少の誤差がでると思われます)

ほかのアウトレットモール換算でいうと、大阪市にあるブロッサムの敷地面積は25,915平方メートルなので10倍以上。

神戸三田プレミアム・アウトレットの敷地面積は2014年時点で316,800平方メートルだそうなので、あれよりは少し小さめだと思われます。

ですが、基本的に敷地面積よりも店舗面積のほうが気になると思いまして、店舗面積の場合はほとんどのアウトレットが広大な敷地面積に対して、店舗面積は40,000平方メートル付近が多いようでした。

ですので城陽に関してもほとんどが駐車場等の施設で、店舗面積はそれくらいの落ち着いたりするのかもしれません。


やっぱりいろいろと気になったので、実際に予定地を見に行ってきました↓
城陽アウトレット-1805293
東部丘陵地あたり。

城陽アウトレット-1805291
東部丘陵地がこの辺であっているのか不安で、周辺をさまよっていたんですが、

城陽アウトレット-1805292
こういった看板があったので、このあたりで間違いないと思われます。近くに新名神高速道路の通るところもありましたし。

城陽アウトレット-1805295
木津川運動公園という公園のすぐそばにあります。

城陽アウトレット-1805299
名前のとおり、丘陵地となっていましたが、どのあたりにプレミアム・アウトレットができるのかはまだわからず。6年以上先ですし、多分その前にまだ新名神高速道路の工事とかが行われているんじゃないでしょうか。

そんなわけで、城陽にできるというアウトレットモール。
ココがオープンしたらブロッサムよりこちらのほうが近いという枚方市民の方も多いと思いますし、新名神高速道路が開通した後となると、さらに枚方からのアクセスもよくなると思います。

前述のとおり城陽はロゴスランドができる予定ですし、いろいろと盛り上がってきている感じがしますねー!アウトレットも楽しみです!


【おまけ】
隣接している木津川運動公園がステキだったのでついでに紹介します↓
城陽アウトレット-1805297
入り口にも平成26年って書いてましたし、比較的最近できた公園だと思われます。
別名は城陽五里五里の丘。ゴリゴリの丘って読み方で合ってるんでしょうか。

城陽アウトレット-1805296
まず気になったのはこのなんかすごそうな遊具。

城陽アウトレット-18052911
人が乗れる強度を持っていて、ひとりじゃなかったら確実に頂上を目指していたであろう面白そうな雰囲気。

城陽アウトレット-1805298
あとはすごい広い芝が特徴的で、

城陽アウトレット-18052915
いろんなスポーツが楽しめそうでした。

城陽アウトレット-18052912
丘の上からは穂谷の東部清掃工場と京田辺のアルプラが見えました。唯一の枚方感。

城陽アウトレット-18052913
池もあって癒やし感たかめ。

駐車場も充実してたので、こういう大きな公園があるって覚えておくと良さげです。
秋にはこの公園で花火大会もあるそうですよー。
ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー