昭和天皇の弟、秩父宮殿下が宿舎としたのは枚方のどこ?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q. 昭和天皇の弟、秩父宮殿下が枚方で宿舎とした場所の名前は何でしょう?

A. 光雲荘
B. 万里荘

C. 鍵屋旅館
D. 御茶屋御殿

ひらつー内正答率 50%
20110729IMG_2495

答えは、
B.万里荘(ばんりそう)


上の写真の場所あたりが「万里荘(ばんりそう)」があった場所です。

以前、【きょうは何の日】でも取り上げました。
1931年7月31日(昭和6年)
秩父宮、高槻工兵隊へ入隊、枚方の万里荘を宿舎とする。
(枚方市史4巻P.654より)

昭和天皇の弟であった秩父宮殿下が、高槻の工兵隊へ入隊のため、伊加賀北町あたりにあった「万里荘」に1ヶ月ほど滞在したそうです。

枚方市役所のコチラの資料には、
昭和6年には、昭和天皇の弟・秩父宮殿下が高槻工兵隊入隊のため1カ月間滞在。 「万里荘にいらっしゃるところを、住民総出でお迎えしました。ちょうちん行列も出てすごいにぎわいでした」

とあり、戦時中ということもあったので、当時はすごい騒ぎだったのではないでしょうか。

いつごろ取り壊されてしまったのかはわかりませんが、皇族の方が滞在されるほどのお屋敷が枚方にあったというのはこの目で見てみたかったですね。

◆関連リンク
ひらかたクイズとは

ライター:シュン@ひらつー シュン@ひらつー