淀川でとれて昔「淀◯は日本一うまい」とされていた魚は何?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー。

今回のクイズはこちら!
Q. 淀川でとれて昔「淀◯は日本一うまい」とされていた魚は何でしょう?

A. 鮎
B. 鯉
C. なまず
D. ドジョウ

ひらつー内正答率 25%
a853fa44
淀川

クイズの正解はこちら!
B. 鯉(淀鯉)

その昔、淀川で捕れる鯉を「淀鯉」と呼んでいて「日本一うまい」とされていたそうです。

井沢元彦 逆説の日本史8 中世混沌編 P.81から抜粋すると…
勝元は当代随一の贅沢者で、衣食住あらゆる分野に精通し、特に食通で鯉が大の好物であった。ある日、大名に招かれて鯉料理をご馳走になったが、他の客が「立派な料理だ」としか褒めないのに怒って、「この鯉は淀鯉であり、その証拠に酒にひたしても汁が濁らない。これこそ日本一と言われる淀鯉だけのことはある。客として招かれたら、それぐらいのことは言うものだ」と、たしなめた。
とあります。

勝元というのは室町幕府の管領の細川勝元のことで、応仁の乱でも活躍した人物です。勝元は摂津国(高槻や茨木など淀川の北に位置する地域)の守護だったので、淀川でとれる淀鯉のことも自慢したかったのかもしれませんね。

・参考文献  井沢元彦 逆説の日本史8 中世混沌編
→ひらかたクイズとは