FCティアモ、第6節阪南大クラブ戦の結果は逆転勝利で4連勝!

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の、6月4日に滋賀県のビッグレイクCで行われた試合の結果をお届けします。

動画↓


今回の試合では勝つと最大でリーグ2位に浮上可能で、負けると5位に転落、という可能性もありました。
関西サッカーリーグDivision1
6月4日(日)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 阪南大クラブ
@ビッグレイクC

【スコア】合計 3-1
~前半 0-1~
38分 0-1失点
~後半 3-0~
03分 1-1 NO.3藤代
09分 2-1 NO.14吉村(NO.17山浦)
29分3-1 NO.17山浦(NO.3藤代)
35分4-1 NO.10加藤
※( )内はアシスト選手

1

前節はホームの枚方市立陸上競技場で逆転勝ちし、3連勝と勢いがある中でのゲーム。
相手は比較的個々の技術が高い現役大学生チームの阪南大クラブ。強風の中の試合となりました。

スターティングイレブン↓
GK No. 31石田
DF 右からNo. 5新地、No.4金泉、No. 3藤代、No. 14吉村
MF 右からNo.6小川、No.10加藤、No.8浦、No. 24岡田
FW  No. 11木田、No. 17山浦
 
サブメンバー 
No. 21白川、No. 2吉田、No. 15山野、No. 20岡山、No. 27上山、No. 18豊田、No. 23原田
 
交代 76分 No. 11木田 → No. 23原田
   87分 No. 24岡田 → No. 2吉田
   92分 No.10加藤 → No. 18豊田

ハイライト↓
4_170605_0017
前半は向かい風ということもあり、立ち上がりから相手に主導権を握られ、押し込まれる場面が多い苦しい展開となりました。 No.11 木田、 No.17 山浦のスピードを活かして打開を図るもなかなか流れを掴むことができず、迎えた前半38分には、先制点を許してしまいます。

4_170605_0040
0-1。悪い流れのまま前半が終了しますが、ハーフタイムの山本監督の指示により、選手たちの雰囲気に変化の兆しが。 
 
1
後半は、動きの悪かった前半とは変わり、立ち上がりからゴールを目指すプレーが増えると、後半3分、中央で No.24 岡田がドリブルで仕掛け、 No.3 藤代へ絶妙なパス。パスを受けた No.3 藤代がゴールへ流し込み同点。1-1。

1
その後リズムよくボールを回し、主導権を握ると後半9分、 NO.17山浦が中央から落としたボールを、No.14 吉村が狙いを定めたミドルシュートを決め逆転。2-1。

1
ゲームの空気はティアモ優勢のまま、後半 29 分には、相手ボールをパスカットしたNO.3藤代がドリブルで駆け上がり、 No.17 山浦に絶妙なパス。No.17 山浦がダイレクトでシュートしダメ押しとなる3点目を決めます。守備陣もコミュニケーションをとりながら集中し、後半は0点に抑え、3-1で試合終了。 
  
1
4連勝で現時点でリーグ3位となりました。次節で前期の最終戦となります。
5連勝を目指して、この1週間しっかりと準備をしたいと思います。
 
本日も、サポーターおよびスポンサーの皆様をはじめ、多くの方々に遠方にもかかわらず、会場へ足を運んでいただきましたことに感謝申し上げます。
毎試合、苦しい時間帯がありますが、サポーター様、スポンサー様をはじめ多くの方々のご声援により、最後まで闘うことができます。 
引き続き、ご支援・ご声援のほどよろしくお願いいたします。

※ハイライト部分の文章はFCティアモによるものです。

<次節予定>
6月10日(土)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 関大FC2008
場所 OFA四條畷センター

<現在の順位>
1位 アルテリーヴォ和歌山 勝点15                     
2位 アミティエSC京都 勝点14
3位 FC TIAMO枚方 勝点12
4位 関大FC2008 勝点12
5位 阪南大クラブ 勝点7
6位 バンディオンセ加古川 勝点5
7位 St.Andrew's FC 勝点3
8位 レイジェンド滋賀FC 勝点1
 
監督コメント

1
(山本監督)

いつも応援して頂けるサポーターの皆様、スポンサーの皆様、ありがとうございます。移動も大阪から1時間以上あるなか会場に足を運んで頂き感謝しております。
今日の試合は、チームとして結果だけみると良い流れで来ていると勘違いしやすい試合だと言って臨みました。自ら勝ち点を奪いに行く、得点を奪いに行く、ボールを奪いに行く、などこちらからアクションを起こして欲しい旨を伝令。
相手のやり方、天候、ピッチコンディションなど変化がある中で、もう少し前半のうちから状況に合わせる事が出来ないといけない試合となり、結果的には3-1で逆転する事が出来ましたが、内容には全く満足していません。心技体、全てでまだまだ成長しなくてならないですし、常にその気持ちを持ち続けなくてはなりません。大きなチャレンジをしている最中だという事をもう一度、より意識して、日々の取組みから積み上げて行ければと思っております。
選手の躍動する姿が、チームの勝利が必ず子ども達の希望になると信じています。
良い準備をしてまた次節に向けてスタートしたいと思います。
次節、前期最終節は6/10、OFA四條畷フットボールセンターで関大FC2008との試合。多くの方にピッチでの選手の活躍を観に来て頂ければと思っております。応援宜しくお願い致します。

選手コメント

1

<No.3 DF 藤代 健太選手コメント>
スポンサー様、サポーターの皆様、今日も僕たちのために遠方の試合会場まで足を運んでいただきありがとうございます。
皆様のパワーのおかげで4連勝することができました。
今日の試合は風が強く前半は思うような試合運びができず、更には失点もしてしまい自分達でより厳しい状況にしてしまいました。
ハーフタイムでは、山本監督からラインを上げることなどの修正点をアドバイスされ、また選手間でもコミュニケーションを取りました。後半は、その辺を意識しプレーに反映することができた結果、自分達のペースで試合を運ぶことができ、勝利することができたんだと思います。
4連勝ということに浮かれず、まだ無失点での勝利がないので次節は無失点で勝てるように1週間いい準備をしますので次節も応援よろしくお願いします。

1

<No.14 MF 吉村 泰良 選手コメント>
本日は、遠方の会場まで足を運んで頂いたスポンサー様、サポーターの皆様、熱い応援ありがとうございました。
ゲーム内容ですが、風の影響もあり、前半はリズムを掴めず、失点までしてしまい、苦しい展開になりましたが、後半気持ち切り替えて臨み、立ち上がりから相手を圧倒することができたと思います。その結果逆転することができました!個人的にも得点という形でチームに貢献できたことを嬉しく思います。
次節は前期最終戦なので、しっかりと5連勝という形で後期に繋げたいです。
引き続きご声援よろしくお願い致します。

以上、FCティアモ枚方の第6節の結果でした!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー