関西外大に推理作家の有栖川有栖がやってくるみたい。10月5日

関西外大に推理作家の有栖川有栖さんがやってくるそうです。 

有栖川有栖
関西外国語大学
|公式サイト

関西外国語大学中宮キャンパスで「第7回 アゴラ・ブリタニカ(イギリス研究会)公開講演会」が10月5日(土)に開かれ、そこで推理作家の有栖川有栖さんが講演をするそうです。

関西外大公式Twitter↓

事前予約が必要。

有栖川有栖さんといえば、今年で作家デビュー30周年だそうで、『臨床犯罪学者・火村英生の推理』シリーズが有名。こちらは2016年に日本テレビで連続ドラマ化されています。(→Wikipedia

そして明日9月29日(日)に同シリーズがスペシャルドラマとして放送されたりなど、シリーズを開始して27年経つそうですが、根強い人気があります。(→臨床犯罪学者・火村英生の推理2019公式サイト

関西外大-1803221
(関西外大)

今回の講演タイトルが「ミステリー(推理小説)とイギリス」ということで、やはり思い浮かぶのはイギリスのミステリー作家、アガサ・クリスティ(→Wikipedia)。
有栖川有栖さんもアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」のオマージュ作「こうして誰もいなくなった(短編集の表題)」を執筆しています。

推理作家の方からミステリーの話を聞けるのはなんだかすごいお得感。推理小説などが好きな方はチェックしてみては。


ライター:モモ@ひらつー モモ@ひらつー