高校野球大阪大会で東海大仰星が初芝立命館に3-1で勝利しベスト4に。次は大阪桐蔭を降した金光大阪

高校野球大阪大会の準々決勝で東海大大阪仰星高校が初芝立命館高校に3-1で勝利しました。

1

本日7月26日(金)に舞洲にある大阪シティ信用金庫スタジアムで行われた全国高校野球選手権大阪大会の準々決勝。

先に行われた大阪桐蔭VS金光大阪の試合は延長の上、14回に大阪桐蔭が2点とるも、裏に金光大阪が3点を返してサヨナラ逆転勝利という結果に終わりました。(→昨夏全国制覇の大阪桐蔭が敗退、金光大阪にサヨナラ負け

その試合のあとにはじまった東海大仰星と初芝立命館の試合ですが、東海大仰星は1回に1点、4回に2点とったあとは、9回裏で1点かえされるもゲームセット。東海大仰星の勝利となりました。

1

大阪大会では東海大仰星は初戦を59-0で好発進。その後、枚方対決となった枚方津田高校を降し、順調に勝ち進んできた東海大仰星。

今回の試合に勝利したことにより、大阪大会ベスト4となりました。
次の相手は前述のとおり大阪桐蔭高校に勝った金光大阪高校。お隣の高槻市にある高校です。

甲子園まであと2勝!
春の選抜には出場したことがある東海大仰星ですが、夏はまだ未経験。

というか枚方市内の高校はおそらく夏の甲子園に出場したことがないと思われますので(あったらすみません)、初の偉業に期待ですねー!甲子園球場に応援に行きたい!頑張れ東海大仰星ー!


ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー