1300年続いた歴史がここにある!伝統的な「枚方鋳物師魂」を市役所とひらつーがあばくぜよ。

枚方市役所 × 枚方つーしんで、枚方市内の知られざる文化財の魅力をお届けするコラボ企画の第4弾…まず最初に登場していただくのはこの方!

鋳物-322

田中よっ、デンチュウ!鋳物師の「田中」だ!俺の家は、枚方の地で江戸時代から代々伝統的な鋳物(いもの)をつくってきたんやで!
デンチュウに、人形が喋った!!…いや、そんなわけない。疲れてるんやわ。
名前疲れてるんやったら、たまには休みや。
川嶋さんデンチュウ、このお方はな…枚方の地で大昔から鋳物づくりという伝統的な産業で活躍された家のとっても偉〜いお方なんやで!
名前いやいや、川嶋さんそれは褒めすぎやで!大昔いうても、1300年くらい前のことやし。まあ、鋳物っていうのは…

鋳物-300

名前こ〜んな感じのお寺の鐘とか…

鋳物-331

名前鉄でできたお鍋とかのことを言うで。
デンチュウ知らんかった。
名前つまり鋳物っていうのは金属を高い温度で溶かして型に流し込んで作った製品のこと」やな。手作りチョコみたいなもんや。
川嶋さんさっすが、田中さん!いいかデンチュウ。今から田中さんの凄さを例をあげて説明するから、よ〜く聞くんやで。

鋳物-29

川嶋さん例えば、ひらつー事務所の近くに昔から立っているこの大きなムクノキ。これも…
名前俺の家のシンボルじゃ。600年前から立っとる。
デンチュウええ!?

鋳物-142

川嶋さん田中さんの凄さはこんなもんちゃうで!渚元町にあるこの梵鐘(ぼんしょう)も…
名前つくったで。220年くらい前のもんやな。
川嶋さんどうや、デンチュウ。ちょっとは枚方の鋳物師魂、感じてきたんとちゃうか?
デンチュウ枚方鋳物師魂!!
川嶋さんうすうす気が付いてると思うけど、今回のひらつー×市役所の文化財街ブラのテーマは…「鋳物(いもの)」や!

鋳物-381
ポクポクポク…チーンッ!

デンチュウ…つまり、今日は「田中家の鋳物」にまつわるスポットをめぐるということですか!?
川嶋さんその通りや。じゃあ、さっそく行くで!

今回巡ってきた4箇所
京阪枚方公園駅〜JR藤阪駅間の
① 枚方田中邸のむく(大阪府指定天然記念物)
② 旧田中家鋳物民俗資料館 〜主屋編〜
③ 旧田中家鋳物民俗資料館 〜鋳物工場編〜
④ 渚の院跡

今回は前編で、枚方田中邸のむく旧田中家鋳物民俗資料館〜主屋編〜をご紹介します。

鋳物-1

それでは、まずはじめに今回の登場人物をご紹介します!

枚方市役所産業文化政策課  川嶋さん
川嶋さん
市役所コラボ文化財企画のレギュラー!話し上手で盛り上げ上手。

枚方つーしん デンチュウ@ひらつー
 デンチュウ
枚方つーしんのライター。名字が田中(音読み:デンチュウ)という理由で今回の街ブラメンバーに選ばれた。

①枚方田中邸のむく(大阪府指定天然記念物)

鋳物-12

川嶋さん最初の田中家ポイントは、枚方上之町の坂に立つ樹齢600年のムクノキ!まずはそこから行くで!
デンチュウ600年前って日本はまだ室町時代じゃないですか!
川嶋さん一休さんとかの時代やな〜。歴史を感じるわ。

鋳物-19

しばらく歩いていると枚方カトリック教会の前に案内板を発見。

川嶋さん矢印の方向に進むと…
デンチュウあ!もしかして、あれですか!

鋳物-28

樹齢600年の枚方の先輩が穏やかに佇んでいました。

川嶋さんほんま枚方の大先輩やで。階段登ったら、枚方が一望できるで!
デンチュウ行きましょう!

鋳物-34

デンチュウおお〜、いい景色ですね!ビオルネが見える。

鋳物-59

川嶋さん昔は、この木のそばに田中家のお家と工場が立っていた。…ですよね、田中さん!
名前おうよ、川嶋さん!鋳物師とムクノキは深〜い絆で結ばれてるってもんよ!
川嶋さんむくの木の葉っぱはザラザラしているから、その葉を使って鋳物を磨いたと言われているんですよね!
名前「鋳物師あるところにムクノキあり」ってな!ハッハッハッハッ!あいつの磨き心地ときたら、最高よ!

鋳物-48
「鋳物師あるところにムクノキあり」

名前ただ、さすがの鋳物師田中家も1300年の歴史に幕を閉じちまったのよ。
デンチュウじゃあ、田中さんのお家も工場もなくなっちゃったのか…
川嶋さんあるで!
デンチュウえ?
名前俺が枚方市に寄付した。
デンチュウえ!そうなんですか!?

鋳物-54

名前江戸時代の鋳物工場は、もう日本には俺のとこ以外残ってへん言うさかい。
川嶋さん田中さんからいただいた貴重な文化財は…
名前藤阪にあるって聞いたけど?
川嶋さんは、はい!王仁公園の近くに「旧田中家鋳物民俗資料館」として活用しております!

鋳物-56

名前川嶋さん…1300年続いた田中家の鋳物づくりの灯火を守ってくれよ!
川嶋さんハッ!枚方市にお任せを!
デンチュウ川嶋さん、さっそく「旧田中家鋳物民俗資料館」に行きましょう!!
名前…鋳物の歴史、その目に灼きつけな!それじゃあおいらはこの辺で!あばよ!

枚方田中邸のむく
所在地:枚方市枚方上之町123-4
アクセス:京阪電車・枚方市駅から南西に約600m、徒歩15分。
指定:大阪府指定天然記念物(昭和45年2月20日指定)

地図ではここ↓

腹が減っては戦はできぬ。
枚方公園にある天然酵母のパン屋さんで作戦会議。

「旧田中家鋳物民俗資料館」へ向かう途中…
川嶋さんお腹すいたし、ちょっと寄り道しようや。
デンチュウ腹が減っては戦はできぬって言いますしね〜!
川嶋さんよし、ここにしよ!

鋳物-81

やってきたのは、鍵屋別館の中にある天然酵母と国産小麦を使ったパンとランチが楽しめる「ひねもすぱん」(→メニューはこちら) 

鋳物-112
・たまごサンド たまごなし(サラダ・スープ付き)800円税別

川嶋さんえ?たまごサンドやのにたまごなしってどういうこと!!
デンチュウここのメニューは、卵・乳製品・動物性食品不使用なんです。
川嶋さん流行りのベジメニューか!でもしっかりたまごの味するから不思議やわ。
デンチュウパンもモチモチでおいしい!
鋳物-105

お店概要
店名 天然酵母ひねもすぱん・ひねもすぱんのかふぇ
営業時間 10:00-17:00
定休日 日・月曜日、祝日
住所 枚方市堤町10-24 鍵屋別館1F
駐車場
リンク Facebook/ブログ 
(上記の情報は記事作成時点でのものです)
地図ではここ

川嶋さんよし!お腹も満たされたし、藤阪に向かうで!
デンチュウはい!

② 旧田中家鋳物民俗資料館 〜主屋編〜

鋳物-182

デンチュウ着きましたね!
川嶋さんここが藤阪天神町にある枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館や!

鋳物-183
クリックで拡大

武知さんここは昭和59年に、田中家から枚方市に寄贈された国内でただ一つ、江戸時代の姿のまま残された鋳物工場なんです。長く続いた田中家の歴史を紡ぐように、現在は日本の鋳物技術と枚方の昔の暮らしが展示する資料館として生まれ変わりました。(※入館料無料)
デンチュウん!?あなたは??
武知さんあ、すみません(笑)旧田中家鋳物民俗資料館の学芸員をやっている武知です。
デンチュウ学芸員さん!よろしくお願いします!
武知さんそれじゃあ、資料館について説明しますね。資料館の展示構成は大きく分けて3つあって、まず、竪穴住居へ行きましょうか。

① 弥生時代の竪穴住居 
② 旧田中家住宅 主屋(府指定有形文化財)
③ 旧田中家住宅 鋳物工場(府指定有形文化財)
※前編では竪穴住居と主屋を紹介します。

鋳物-242

武知さんこちらが、枚方の田口山遺跡で発掘された弥生時代中期の竪穴住居跡をモデルに復元したものです。
デンチュウおっきいですね!!
武知さん茅葺屋根は直径8.5m、高さ5mですからね!ぜひ中へ入ってみてください!(→詳しい説明はこちら

鋳物-222

デンチュウおじゃまします!

鋳物-227

デンチュウ結構暗いですね!…あ、目が慣れてきました!
武知さん竪穴住居の特徴は、地面を数十センチ掘り下げ、床部分を地表より低くしている半地下構造です。
川嶋さんデンチュウ、竪穴住居ってなんで掘り下げてるか知ってる?
デンチュウん〜、なんでですか?
川嶋さんこの建物って屋根しかないやろ。そうすると家の中の端が狭くなるから、壁をつくる代わりに穴を掘ったんや。屋根を持ち上げる柱やな。こうすることで、家の内部空間が広くなると言われてるねん。

鋳物-200

川嶋さんよし、この場所をズバリ一言で表したろ!
デンチュウさすが川嶋さん、頼もしい!
川嶋さんズバリココは…「わらでできた昔の家」や!( …ふぅ、今回はキマったで
デンチュウえー!そのまんまじゃないですか(笑)よし、ここは資料館のプロに任せましょう。

鋳物-212

武知さんう〜ん川嶋さん、惜しいです!これはわらではなく「かや(ちがや・すすき)」でできているんですよ。一昨年に葺きなおしてピカピカになりました。

鋳物-216

武知さんズバリ…「かや葺きの美しすぎる竪穴住居」でどうでしょう!
川嶋さんさ、さすが学芸員さん!わかりやすい…。(次は負けへんで!)

鋳物-419

川嶋さん次は、旧田中家住宅の主屋!鋳物師の田中家が生活を営んでいた住宅を移築して、昔の枚方市内で使われていた農業や民具など伝統的な民俗資料が多数展示されてるで!
デンチュウおじゃましまーす!

鋳物-552

デンチュウまるで映画「ALWAYS3丁目の夕日」みたいな、レトロでどこか懐かしい雰囲気ですね!
川嶋さんなんか、映画のセットみたいやな。デンチュウ、これ体験してみ!

鋳物-509

デンチュウなんですかこれ?
武知さんこれは「枚方のわたづくり」の工程のひとつに使う、実くり(さねくり)という道具ですね。中河内・南河内は有名なわたの産地でしたが、枚方市内でも多くの家庭で、わたを糸にして、ハタで織って家族が着る着物を作っていたそうです。
デンチュウわたで糸を作って着物に!?
武知さんこの道具を使って、種を取り除いて、2本のローラーの間にわたをセットし力をグッとこめてハンドルを回すと…

鋳物-511

デンチュウ綺麗にわたと種が分かれてる!

鋳物-518

武知さんそして、手でわたをつまみながら少しずつ縒りをかけると…
デンチュウ少しずつ糸ができてる!
武知さん3kgの綿を糸にして、やっと1着着物が出来上がるんですよ。距離で表すと、10kmは超えるそう。
デンチュウえ!枚方の端から端までの距離の糸が必要なんて途方にくれてしまいそうです(笑)
川嶋さんう〜ん、昔の人はすごいわ…
武知さん次はいよいよ、鋳物工場をご案内します!さあ、行きましょう!
デンチュウはい!!

枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館
電話:072-858-4665
住所:枚方市藤阪天神町5番1号

アクセス:
JR学研都市線「藤阪」下車、徒歩7分
京阪電車枚方市駅南口ターミナル1番乗場から、京阪バス「長尾駅」行き乗車、「藤阪」下車、徒歩5分
休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)・年末年始(12月29日~1月4日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分)


地図ではここ↓

次回予告!


旧田中家住宅の主屋にて、枚方の昔の暮らしを学んだデンチュウ@ひらつー。前編では、枚方田中邸のむく旧田中家鋳物民俗資料館〜主屋編〜をご紹介しました。

後編では、旧田中家鋳物民俗資料館 〜鋳物工場編〜渚の院跡をお届けします!

鋳物-244

次回、日本でただ一つ江戸時代の姿のまま残された鋳物工場が登場!
お楽しみに!