鋳物って知ってる?藤阪にあるおしゃれな資料館や御殿山周辺を市役所とひらつーでまちブラしてきた!

枚方の魅力を再発見!
\\
枚方トレジャーのお時間です//
鋳物-1

突然ですが!

枚方には実はお宝な場所があるって知っていましたか?そんな枚方市の文化財を市役所の方とまちブラしながら巡るというシリーズ企画

第4弾では「京阪枚方公園駅」・「JR藤阪駅」・「京阪御殿山駅」間をまちブラしてきましたよー!

鋳物-11

巡ってきた4箇所

① 枚方田中邸のむく
② 旧田中家鋳物民俗資料館 〜主屋編〜
③ 旧田中家鋳物民俗資料館 〜鋳物工場編〜
④ 渚の院跡

今回のまちブラは、前編・後編の2回に分けてお届け。

IMG_8549

後編では「③旧田中家鋳物民俗資料館 〜鋳物工場編〜 」と「④ 渚院跡」をご紹介します!

→前編はこちら

ー 今回の登場人物

枚方市役所産業文化政策課 川嶋さん

名前
市役所コラボ文化財企画のレギュラー!話し上手で盛り上げ上手。

枚方つーしん デンチュウ@ひらつー
名前
枚方つーしんのライター。
「名字が田中(音読み:デンチュウ)」という理由で今回のまちブラメンバーに選ばれた。

旧田中家鋳物民俗資料館 学芸員 武知さん
名前
今回2人を案内してくれる学芸員さん。丁寧でわかりやすい解説に定評がある。


ー そんな川嶋さんとデンチュウが訪れたのは…?

鋳物-562

藤阪王仁公園の近くにある…

鋳物-388

枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館」!

地図ではここ↓


前編に引き続き、全国でも珍しい鋳物の歴史を伝える資料館にお邪魔します!

鋳物-179
入館無料

歴史ある「鋳物工場」に入る前に…?

鋳物-243

名前武知さん、来て早々申し訳ないんですけど、私のような歴史オンチの場合「そもそも鋳物ってなんなん!?」っていうところからのスタートでして…。
名前ガーンッ!!鋳物ってそんなに知られてないんですか!?

看板

名前この子、今日まで「鋳物」のこと「ちんぶつ」って読み間違えてたらしいですわ(笑)何とか言うたってください!!
名前いやいや、デンチュウさんご安心ください!
分かりにくいことを分かりやすく解説するのも学芸員の仕事ってもんです!

Q:まず…鋳物(いもの)って何?
鋳物-254
旧田中家鋳物民俗資料館に展示されている梵鐘

名前ズバリ…「金属を高熱で溶かして、専用の型に流し込んで作った製品のこと」です!(ここだけ押さえれば今日はOKですよ〜!)

ちなみに、釣り鐘や昔のお鍋、釜などが鋳物でできています!


名前ここまではOKですか?
名前名前はい!しっかり押さえました!
名前じゃあ、今日の内容はバッチリなはず!(笑)では、さっそく鋳物工場の中をご案内しますよ〜!

鋳物-398

名前名前お願いします!

江戸時代の姿のまま残る鋳物工場へ!

鋳物-320

名前こちらが、1984年に藤阪で開館した「旧田中家鋳物民俗資料館の鋳物工場」です!

鋳物-251

鋳物-331

旧田中家鋳物民俗資料館
田中家の鋳物工場および主屋は枚方市へ寄贈された後、藤阪の地に移築復原。
1984年に「旧田中家鋳物民俗資料館」として開館。


名前お〜っ!光がいっぱい入っていて明るいですね〜!武知さん、この工場はズバリどんな場所なんですか?
名前旧田中家住宅鋳物工場は、日本で唯一江戸時代の姿のままで残されている鋳物工場です。1965年頃の廃業後、工場を営んでいた鋳物師(鋳物製品を作る職人)の田中さんから枚方市に寄贈されました。

鋳物-250
日本で唯一江戸時代の姿を残す鋳物工場。

名前日本で唯一の江戸時代の鋳物工場ですか!それはすごいですね!
名前もともと工場はこの場所ではなく、枚方上之町にあったんです。ちなみに、当時の様子はこんな感じ!写真の右側に大きな木があるのが分かりますか?

↓枚方上之町にあった頃のようす。
鋳物-249

名前去年の台風でちょっと被害を受けてしまいましたが、これは鋳物を作る鋳物師の田中家にとって、めちゃくちゃ縁の深い「ムクノキ」なんですよ〜。

鋳物-288
クリックで拡大

名前あ!この木、ここに来る前に見てきました!樹齢600年の「枚方田中邸のむく」ですよね。
名前そうそう!ニレ科の落葉樹は葉の裏がザラザラしてるから、当時の鋳物師はムクノキの葉を使って鋳物製品を磨いていたらしいで。
名前まさに「鋳物師あるところにムクノキあり」と言われるゆえんですね。

鋳物-28
前編で実際に行ってきました!

枚方田中邸のむく(大阪府指定天然記念物)
所在:枚方市枚方上之町123-4
アクセス:枚方市駅から南西に約600m、徒歩15分

地図ではここ↓


名前鋳物工場はもちろん昔は全国各地に何軒かあったんですけど、昭和時代には江戸時代の鋳物工場は枚方のここしか残っていませんでした。

それで「なんとか保存したいですね」という話になりまして、田中家から枚方市に寄贈された後、一度バラしてこの王仁公園の近くに建て直して資料館を作ったんです。

鋳物-335

名前今、僕らがいるのが鋳物工場で、同じ敷地には田中家の主屋がありますよね。
名前はい!工場では鋳物に関する資料を、主屋では枚方の昔の暮らしを展示しています!

↓ちなみに主屋はこんな感じ!
鋳物-189

鋳物工場の向かいにどーんと佇む主屋。かつては、鋳物師の田中家が生活していたそうです。
季節ごとに企画展も多数開催されています!

鋳物-552

主屋の中は、枚方の昔の暮らしが学べる展示やブースがいっぱい!

(→前編で詳しくご紹介しているので合わせてご覧ください♪)


昔とは一味違うで!
2017年にリニューアルオープン

鋳物-317

名前それでは、旧田中家鋳物民俗資料館の鋳物工場の中を詳しくご紹介しますね!
名前お願いします!

鋳物-345

名前まずはこちら!鋳物の歴史が分かりやすく学べる映像コーナーです!
名前どんな映像が見られるんですか?
名前鋳物の釣り鐘が完成するまでの一連の流れをご紹介しています。
数ヶ月かかった釣り鐘づくりを、ぎゅっと6分の映像にまとめています!

鋳物-363

名前これは何や?
名前裏に仏像が彫られていますね。
名前「魔鏡」といいます。表の鏡面に光をあてて、反射光をスクリーンに当てると…

鋳物-365

名前スクリーンに仏像が映った!
名前なにこれ!不思議!(笑)

鋳物-379
他にも、実際に鋳物製品を触って学べる体験コーナーがありました!

名前それにしても、1984年開館とは思えない綺麗さやな…。僕が小学校の遠足で来た時とはえらい雰囲気が変わったような…??
名前気づいていただけましたか!

鋳物-317

名前実は旧田中家鋳物民俗資料館」は2017年にリニューアルオープンしたんですよ!
名前ほら、やっぱり!!
名前耐震工事をする際に、照明をLEDに取り替えたんです。そうしたらびっくりするぐらい明るくなって。この資料館、昔はちょっと暗いイメージがありませんでしたか?
名前確かに、子どもの頃は正直ちょっと不気味やなーって思ってたかも(笑)!学芸員さんの前ですみません(笑)
名前いえいえ、とんでもない(笑)

鋳物-329

名前小学校の遠足や、地元のお子さんが遊びに来てくれるんですけど、リニューアル後は怖がる姿も見なくなりました(笑)
名前すごく綺麗になったと思いますよ!僕ら世代で昔来たことがある人は、今の資料館を見たらガラッと印象が変わるんじゃないかな!

鋳物-347
優しい光が差し込みます!

名前ありがとうございます!ぜひ来ていただきたいです!
後、今日はもうひとつご紹介したいものがありまして。それが、こちらです!

鋳物-348
どどーん!!

名前あ、これ!枚方市のマンホールじゃないですか!!
名前はい、マンホールのふたも鋳物製品なんです!今回のリニューアルに当たって枚方にゆかりのある鋳物を色々と集めてみました!

鋳物-351

名前まだまだいきますよー!実は、現在の鋳物業界の一番のお得意様は自動車業界でして。
名前知らんかった!そうなんですね。
名前しかも国境を超えています。
この中にはフェラーリに使われているパーツもあります!!

鋳物-360

名前名前ええー!フェラーリ!?
名前はい!
一部ですけど、枚方が世界を支えていると言えるかもしれませんね(笑)
名前枚方から世界的な高級車のパーツが生まれているんですね!
名前これは誰かに自慢したい(笑)
鋳物-391

郵便ポストがある理由とは?

ー つづいて、武知さんに案内され工場の外へ!

名前突然ですが、ここでクイズです!

鋳物-400

Q :旧田中家鋳物民俗資料館には丸型ポストが立っています。それは一体なぜでしょう?

名前えー、何でやろ?でも、言われてみれば資料館の中に郵便ポストがあるって変ですよね…?

鋳物-405

ー何でやろう…?

鋳物-406

ー 何でなんや!!!!!

名前もちろん俺は分かるで!ヒントは「この資料館にある理由」や!
名前…あ!
名前どや、わかったか?

鋳物-410

名前もしかして、このポストも鋳物でできている!?
名前すごい、正解です!
名前よっしゃ!

鋳物-418
ちなみにこちらのテーブルセットも鋳物製品なんだとか!

名前まだまだ知らない枚方がありそうです。武知さん、最後に鋳物をズバリ一言で表していただけますか?
名前そうですね。最初にお話しした通り、鋳物は「金属を熱でとかしたもの」です。溶かした金属は、予め用意していた型(鋳型)に流し込んで形を作っていく…それが鋳物づくり!

鋳物-399

名前例えるなら「手作りチョコレート」みたいなものです(笑)!!
名前鋳物づくりは「手作りチョコレート」!!(笑)
名前武知さん、今日はありがとうございました!

鋳物-184

名前またいつでも遊びに来てくださいね!

伝え忘れていましたが渚元町の渚院跡には田中家がつくった梵鐘(ぼんしょう)が今も残っています!ぜひ行ってみてください。
名前あー!あそこか!
これがまたちょっと変わった場所にあるねんな〜(笑)よし、帰りに寄っていこう!
名前はい!

旧田中家鋳物民俗資料館

電話:072-858-4665
住所:枚方市藤阪天神町5番1号

アクセス:
JR学研都市線「藤阪」下車、徒歩7分
京阪電車枚方市駅南口ターミナル1番乗場から、京阪バス「長尾駅」行き乗車、「藤阪」下車、徒歩5分

休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)・年末年始(12月29日~1月4日)

開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分)

地図ではここ↓


最後の鋳物スポットにやってきた!

ー というわけで藤阪から渚元町にやってきた2人。

鋳物-123

名前デンチュウ、着いたで!ここが渚院跡や!
名前藤阪から御殿山は距離がありますよね〜。やっと着いた〜!

鋳物-129
って、川嶋さん!
…行き止まりじゃないですかー!!

ご見学の皆さんへ

渚院跡の鍵は正面の市立渚保育所にあります

枚方市教育委員会

名前忘れてた!渚院跡は鍵がないと入られへんのやったわ…(笑)
名前えー!そんなことあるんですか!(笑)でも、せっかくやから鍵借りて入っちゃいましょう!

保育所
すぐ横にある渚保育所で鍵を借りることができます。

①チャイムを押して「渚院跡の鍵貸してください」と伝える
②日付とサインと電話番号を記入する

※保育所開所中(7時から19時まで)のみ対応。(日曜、祝日はお休みです)
また、土曜の12時から15時にお越しの際は、渚院の門前からお電話(849-3046)してください。

ー  ピンポーン♪

名前あ、こんにちは〜、枚方市役所の川嶋です。渚院跡の鍵をお借りしたいんですけど…

保育士さん:はいはーい!すぐ持っていきますね〜。

鋳物-134

ー よっしゃ!鍵ゲット!!

名前開けるで〜。ガチャガチャ!

鋳物-176

ーオープン!!

名前おお、開いた!川嶋さん、中に入りましょ!

鋳物-147
どどん!!梵鐘がお出迎え!!わー大きい!

名前どや、さっき資料館で見てきたやつやで !
名前ほんまや!鍵を借りることで、よりプレミアム感を味わえた気がします(笑)!この梵鐘もとても貴重なものなんですよね。

鋳物-156

名前うん、そうやで。
第二次世界大戦の「金属回収令」で、あちこちの梵鐘が持って行かれてしまってん。でも、渚院跡の梵鐘は奇跡的に残った。

1273586c-s
入り口の看板

名前そして今もこうして大切に保管されている。
名前そうそう。これは、ほんまにすごいことやわ。よっしゃ!最後に、ズバリ一言で今回のまちブラをシメよか!

鋳物-159

名前バシッと決めちゃってください!
名前まかせとき!渚院跡をズバリ一言で表すと…

鋳物-164

名前よくぞ残った田中家の鋳物」でどや!

鋳物-167
よくぞ残った田中家の鋳物!

名前渚院跡は桜とのゆかりが深いので、春に見学するのもオススメやで〜。
名前じゃあ、また春になったらここで鑑賞会しましょうか!
名前って…!絶対やらんやろ(笑)
名前あはは!バレましたか…!(笑)

渚院跡
所在地:枚方市渚元町9渚院跡

地図ではここ↓


ー鋳物工場&渚院跡編これにて完結!


桜
春の渚院跡のようす

以上、前編と後編の2回に分けて枚方の鋳物をご紹介しましたがいかがでしたか?

20年以上枚方に住んでいますが、まだまだ知らないことばかりやな〜と改めて。

枚方に長年続いた鋳物の伝統を築いたすごい田中さんがいたことが、同じ田中(※デンチュウの名字)として誇らしく感じました(笑)

もうすぐ季節は!!
お出かけスポットに悩んだら、是非新しくなった旧田中家鋳物民俗資料館渚院跡を訪れてみてくださいね!知っているようで知らない枚方の魅力が再発見できるかもしれません♪