Google Earthで枚方市内全域が3D表示できるようになってる。以前は東部が対応外

Google Earthで枚方市内全域が3D表示できるようになっています。

こんな感じ↓
1
(画像@2018Google)

2016年にも「Google Earthで枚方のほとんどが3D表示にできておもしろい」という記事をアップしています。その当時は3D表示に対応していなかった、枚方市東部部分も対応したという記事です。

PCからの場合、Googleマップからも見ることが可能で、左下の航空写真と記載されたところを押したのち、マックならコマンドキーを押しながらドラッグするとおお!ってなります。Windowsなら多分コントロールキーあたり。

スマホの場合はおそらくGoogle Earthのアプリのダウンロードが必要です。

スマホのアプリでみた場合↓
1
(画像@2018Google)

こんなふうに見ることができます。

せっかくなので、今回対応した枚方市東部の様子を見ていきます↓
1
(画像@2018Google)

魚の背骨みたいに見える、長尾東町と枚方カントリー倶楽部の間の第二京阪。

1
(画像@2018Google)

王仁プールは謎の緑の模様が。葉っぱの色などから、秋〜冬にかけての画像だと思われます。

1
(画像@2018Google)

公済病院の駐車場はミニカーみたいに見える車がたくさん。

1
(画像@2018Google)

大工大の屋上って緑色やったんですねー!

以上、こんな感じとなります!

前回同様、「ひらかた眺望」のために3D表示を利用していたら気づきまして、東部が対応したのはおそらくこの数ヶ月以内だと思います、多分。

これで枚方市内はどこでもグリグリ、お家で仮想の旅行をすることが可能になりましたし、何か気になった方はぜひ!

丸一日見てても飽きない、ステキな機能ですよー!

ライター:すどん すどん

カテゴリ : 話題