ひらパーのスケート場で大江裕がおネエに見守られてハナミズキ歌いながら周りを学生フィギュアスケーターが舞うカオスな状況がちちんぷいぷいで放送されてた

ひらパーのスケートリンクで、大江裕さんがおネエに見守られてハナミズキを歌いながら、学生フィギュアスケーターが舞う、そんなカオスな状況が本日2月26日放送のちちんぷいぷいで紹介されていました。


大江裕さんといえば、TBS系「さんまのSUPERからくりTV」のコーナー企画『全国かえうた甲子園』で常に敬語で話す礼儀正しいキャラクターで『演歌高校生』として注目を浴び、北島三郎に弟子入りした演歌歌手。(→公式サイト

ea64edf2
(ひらパーのスケートリンク『アイススクエア』。2013年の写真の為、現在は様子が変わっている可能性があります。)

今回、大江裕さんが歌っていた曲は関西のオネエが選ぶ平成ベストソング第1位のハナミズキ。
この段階で既にツッコミどころがありますが……。

実際に放送を観てみると本当に大江裕さんがおネエに見守られながら歌っていました。本当に。

そして、その中で颯爽と滑るJKフィギュアスケーター。
なんなんだこの状態は(絶句)…

カオス。

しかし圧倒的な歌唱力の大江裕さん、そこに華を添えるJKフィギュアスケーターの舞…そしておネエの方々。

なんか…

感動しました。

【おまけ】
Twitterまとめ↓




読者さんの中でも実際に見ていたという方もいらっしゃるのでは!


※「ぴよぴよママ」さん「こしあん」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■