JR・南海の新路線「なにわ筋線」が2031年春に開業へ。京阪とは中之島で接続。枚方市民への影響を考える

JR・南海の新路線「なにわ筋線」が2031年春に開業予定のようです。


上記リンク先に詳細が掲載されておりまして、国土交通省が7月になにわ筋線の鉄道事業許可を出した模様。

概要をPDFより引用↓
*整備区間:北梅田駅~JR難波・新今宮
*整備駅数:3駅(中之島駅、西本町駅、新難波駅)※駅名は仮称
*事業費 :約3,300億円
*事業手法:地下高速鉄道整備事業
*事業期間:2019年度~2031年度
*開業時期:2031年春(予定)
*建設キロ:約7.2km
中之島駅とあるので、ほぼ間違いなく京阪と接続すると思われます。

1
(プレスリリースより)

JRおおさか東線の時と同じく、開通によって枚方市民にどういった影響があるのか、ちょっと考えてみました↓
★南海電車へのアクセスがよくなる
→これまでは京橋乗り換えの新今宮から南海電車というルートか、淀屋橋からの御堂筋線なんば、南海なんばといったルートなどで乗り換えが2つ必要でしたが、乗り換えが1つでいけるように。(でも中之島駅に行くためには京橋とかで中之島線に乗り換える必要がありますが、その時までには特急中之島駅行きとかが出てるかもしれない、ってことでお願いします)

★泉州との距離感も縮まる
→上と似てますが、南海に1本乗り換えでいけるとなると、泉州ってなんか個人的には行きづらいイメージでしたが、かなり楽に行けるようになるのでは!枚方から気軽に泉州へいく未来!

★関西国際空港も電車で行きやすく!
→南海・JRともに関西国際空港へアクセスでき、JRに関しては最終的にまだできていない北梅田駅、新大阪駅ともつながる予定なので、間違いなく関西国際空港への電車がなにわ筋を通るものだと思われます。これまでは京阪→京橋→天王寺乗り換え(早さを気にしなければ内回りの関空行きに京橋からも乗れる)でしたが、乗り換えが1回に!

★大阪市内のいろんな有名スポットも近くなる!
→スカイビル(北梅田)
→シャングリラ(北梅田)
→靭公園(西本町)
→なんばHatch(JRなんば:乗り換え回数が減る)
→OCAT(JRなんば:同上)などなど…(※新難波駅は正確な場所がわからないので判断しかねました)
(※今回はほぼ京阪沿線民を想定しています)

電車に詳しい方、「あれを見逃してる!」とかあったら教えてくれると喜んで追記しますのでよろしくおねがいします。またダイヤがわかったりしたら、おおさか東線の時のように始発終電とかいろいろとあるかもしれませんねー!

と、いろいろと書きましたが開業予定は2031年春、つまりは約12年後です。新生児が小6〜中1くらいになる年数。

12年後の自分がどんなことしているのか全然想像つかないですし、上記の影響も12年たてば変わってるかも。12年後にひらつーが存続していたらまたレポに行ければと思います!


ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : 話題