星丘のファミマで高校生店員がAEDを使って人命救助したらしい

星丘の「ファミリーマート 枚方星丘店」で高校生店員の西 和馬(にし かずま)さんが設置してあるAEDを使って人命救助したそうです。

西さん-1702166
(市役所で行われた感謝状の贈与式で撮影した西 和馬さん)
ことの経緯としては西さんが働いている「ファミリーマート枚方星丘店」の駐車場で男性が倒れ、近くにいた方が西さんに呼びかけ119番通報。

ファミマ-1702161
(ファミリーマート枚方星丘店)

救急隊員がくるまでAEDなどを使用し救助にあたり、男性はその場で意識を取り戻したようです。

現在、枚方市のコンビニにAEDが設置されているのは76店舗(2月16日現在)。
以前ひらつーでもクイズに出していました↓
AED
枚方市内でAEDを設置してるコンビニは全部でいくつ?【ひらかたクイズ】より)

平成27年4月からAEDがコンビニに設置されたんですが、コンビニに設置されたAEDが使用された例としては2例目で、店員が救助した例は今回が初めてなんだそう。

西さん-1702162
さらに驚きなのが、西さんはAEDの訓練など受けておらず、救助の際に初めてAEDを使用したということ。現在高校3年生だそうですがその状況下を自身が対処するというのは相当勇気のいることだったんじゃないでしょうか。

西さん-1702164
市長との歓談の中で西さんは「実際にAEDを自分が使うとは思わず怖かった。ただやらないよりは、やるだけやってみようと思った」とコメント。

ちなみに西さんに枚方でよく行く場所を尋ねてみると「枚方T-SITE」とのこと。また今回の式で西さんのご家族も同行されていたんですが、ひらつーも見て下さっているとのことで思いがけず有り難い言葉を頂戴したりもしました。

西さん-1702161
(伏見市長と)
AEDを使用してどうだったかを尋ねてみると、「使い方はAEDが説明してくれるので分かりやすかったが、使うことでどうなるのかが分からず怖かった」と話してくれました。

男性の意識はAED使用後に戻ったそうですが隊員が来るまではそのまま安静でいるようにと促し、男性の首元をずっと支えていたという西さん。
その勇敢な対応を聞くとただただ頭が下がると同時に、こっちまで何だか勇気づけられる授与式でした。