背割堤の「八幡桜まつり」の名前が今年から『背割堤さくらまつり』に変わって一般者用駐車場がなくなるそうな

背割堤の「八幡桜まつり」の名前が今年から『背割堤さくらまつり』に変わって一般者用駐車場がなくなるそうです。

八幡桜まつりは八幡市の三川合流地点周辺にある桜の名所「背割堤」で行われているイベントで、昨年はその背割堤を見渡すことができる「さくらであい館」がオープンしました。ひらつーでも去年の桜まつりの様子を紹介しています

e4c86e74
八幡の背割堤の満開の桜みにいってきたより)

リンク先によると、平成30年度から「背割堤さくらまつり」という名称に変わり、駐車場についても変更があるそうです。

駐車場に関して引用
会場には一般者用駐車場がありません(駐車場は大型バスのみになります)ので、公共交通をご利用ください。(平成30年から従来の臨時駐車場は開場しませんのでご注意ください。)
とのこと。

とはいえ背割堤は八幡市駅から歩いていけないこともない距離ですし、京阪を最寄りとする枚方市民としては大きな変化としては大きな荷物等をもっていく場合は大変になる、とかでしょうか。

いろんなメディア等でも紹介されどんどん人気になっていっている印象のある背割堤。駅から歩いていく場合、八幡市駅前には高畑充希さんのオススメの鯖の棒鮨もありますし、今年は行こうと考えている方は公共交通機関の利用をどうぞ。

今年の背割堤さくらまつりは3月31日~4月10日の期間に実施予定です。

◇関連記事
これまでの背割堤関連の記事

※「ネコマニア」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : 話題