枚方が始点の府道7号線を終点までドライブして奈良県No.1ラーメン食べてきた【富雄〜枚方帰宅編】

枚方の様々な疑問をふんわりと解決する「ひらつーリサーチ」のコーナーです!

この記事は先日アップした「枚方が始点の府道7号線を終点までクイズ出しながらドライブしてきた【枚方〜くろんど池編】」「【高山〜北生駒編】」の続きですので、まだ読んでいない方はそちらからどうぞ。

前回までのあらすじ

星丘が始点の府道7号線を終点まで制覇する旅に出たクロ@ひらつーなぎー@ひらつー、そしてすどん@ひらつーの3人。枚方っぽいモノを見つけると枚方ポイントが加算され、道中の駅についた時にポイントが少ない人が罰ゲームを受けるスタイル。
前編-1710053前編-1710053前編-1710053

前回は奮闘も意味なく、じゃんけんで負けたという理由で罰ゲーム対象となり、1人電車で旅立ったクロ。一体どんなおもしろい、一体どんな大爆笑写真を撮ってくるのか!ハードルはあがりまくりです!
調査のつづき

府道-1710055
クロを載せて走り去っていく電車。果たしてどれくらい面白い写真を撮ってくるんでしょうか。

そして北生駒駅から府道7号線にもどり、クロ以外の2人でドライブ中……

府道-1710054
なぎー「あっ、枚方にもあるパルティ!」

府道-1710056
なぎー「T-SITEにもある梅の花!」

前編-1710053「枚方ポイントシステム終わったらめっちゃ見つけるやん」
前編-1710053「なんでなんでしょうね」

府道7号線プチ情報
この旅の際には寄り道しませんでしたが、ちょうど北生駒と富雄の間の府道7号線沿いには
風太郎-1710141
川端風太郎という、見た目からはわかりにくい洋菓子店があります。
このお店は食べログの口コミが100件を越えている人気店で、後日買いに来たら大きめのサイズでフルーツが特徴的なステキなケーキがたくさんありました!
洋菓子好きは要チェックです!

切符-1710052
そして富雄に到着してしばらくすると、駅からクロが降りてきました。

切符-1710053
すぐ来るのかと思いきや、乗り越し精算にいくクロ。じ、焦らすなぁ〜と思っていたら、

切符-1710051
マジで切符をなくしていたりしました。

前編-1710053「面白いの撮ってこれた?」
前編-1710053「それは……発表までのお楽しみで」
前編-1710053「そしたらお昼ご飯は人気店にいくから、多分行列に並ばなあかんのでそこで発表ということで!」

そんなわけで富雄駅から徒歩5分程度でやってきたのは、
三つ葉-1710052
めっちゃ人気のラーメン店「みつ葉」!

三つ葉-1710053
食べログのジャパンラーメンアワード2016で全国15位、奈良県1位を獲得するなど、すごい人気のお店です。ひらつー内でもシュン@ひらつーが大好きなお店。(→食べログ

というか富雄自体が人気ラーメン店が集まる街でして、このみつ葉のすぐ向かいにある鯛出汁そば「はなやま」や、二郎系ラーメン店「ジャンク屋 哲」、京田辺にもある焼きチャーシューが印象的な「麺屋 あまのじゃく」の本店など、魅力的なお店がいっぱい。府道7号線の旅に出たら必ず寄ってほしい街です。

前編-1710053「やっぱり待ちがありましたね」
前編-1710053「そしたらいよいよ……面白写真の発表です!」

府道-1710057
クロ「まずほら……こわいんですよ」

府道-1710053
クロ「それでね、これは日帰りから世界一周って範囲が広いじゃないですか」

府道-1710052
クロ「いこーやなごーやって響きがいいですよね、でも、一番僕が言いたいのは、」

府道-1710058
クロ「電車乗る前に改札で走った時にスマホを落としたんですけど、ヒビがはいったんですよ。しかもどうせならめっちゃデカイヒビとかなら絵が映えますけど、そうでもない小さいヒビ。そもそもスマホ割れるのって結構ショックじゃないですか。それで凹みながら電車の窓から外の景色を見たら見えたのが、」

府道-1710051
クロコメリパワー!
でした。ちょっと元気でたっていうか、パワーが出ました、以上です!」
前編-1710053「(笑)」
前編-1710053「はは(笑)ドンマイスマホ!意外とおもろかった(笑)
でもどうせ全然ウケへんやろうからと、
三つ葉-1710051
あらかじめスベったという前提のプリントを印刷してたんやけど、あんまり必要なかったな」

前編-1710053「……(コイツめ!)」

三つ葉-1710054
そんな話をしていたら、あっという間にラーメンタイムに。こちらはクロとなぎーが注文した「豚CHIKIしょうゆラーメン(800円)」

三つ葉-1710055
かわってこちらはすどんが注文した「豚CHIKIしおチャーシュー麺(1000円)」

三つ葉-1710056
麺は太めでした。

味の感想については、ラテか!ってくらい泡の多いスープはクリーミーで独特の味。
さすがは人気店ということもあり、スープを飲んでいたら飲み尽くしそうになったほどの美味しさでした。並んで後悔させない、もう一度食べたい味。

府道ゴール-1710051
ラーメンを食べ終わったあとは、ゴールまであと少しの道を再びドライブ。
ちなみに府道7号線沿いの第二阪奈の近くには木津にあるこれまたラーメンの有名店「無鉄砲」のつけ麺店『無心』があったりして、ラーメンの選択肢はいっぱい!それが府道7号線!

府道ゴール-1710052
そしていよいよ……

府道ゴール-1710053
ゴール!府道7号線と県道9号線の交差点「天理町」に到着です!
とはいえこのまま終わるのも味気ないので、ゴールの目の前にある郡山城跡を最後に観光することに。

大和郡山-1710052
ゴール地点である大和郡山市といえばやはり金魚の町。金魚すくい全国大会が開かれるなど、金魚推しなんです。

大和郡山-1710051
そんなわけでいろんなところに金魚を模したモノが。
一瞬「やまとこおりやま ゲスい」って言われてる気になります。

大和郡山-1710057
府道7号線そばにある郡山城跡は神社と公園、そして学校が内部にある構造。
郡山城はかつて秀吉の実弟である秀長や筒井順慶がおさめていたこともあるそうです。(→Wikipedia

筒井順慶といえば枚方市と八幡市の境目である洞ヶ峠で「洞ヶ峠を決め込む」という故事の元となった武将。思わぬところで枚方との関わりがあったり。

大和郡山-1710058
神社の後ろには高台があり、

大和郡山-1710054
景色を望むことができます。

大和郡山-17100511
とはいえ、見えるのは奈良なので、景色を見て唯一わかったのは、

大和郡山-17100510
若草山くらいでした。若草山わかりやすい。

大和郡山-1710059
散策するにはちょうどいい公園で、

大和郡山-17100512
城跡の石垣にはこのようなさかさ地蔵が。

ってドコだよ!とツッコミをいれたくなります。というか実際にもツッコんだんですが、
大和郡山-17100514
この中心の穴を覗き込むと……

大和郡山-17100513
逆さになっているお地蔵さんがいました。

大和郡山-17100515
ちょっと洋風というかモダンな、明治あたりを彷彿とさせる館もあります。

大和郡山-1710055
上からみた館周辺。おそらく紅葉などもキレイでしょうし、このモダンな館と紅葉のコラボなんか見に行くのもいいかもしれません。

なんだかんだで30分近くはぶらぶらできましたし、府道7号線の旅をやってみたいという方はぜひ!

ちなみにゴール地点の近くには「とんまさ」というチキンカツタワーを出すお店があるので、大食漢の方はぜひぜひ。僕は全部食べるのを諦めて2片ほど友達にあげました。

この旅から1ヶ月たち、振り返ってみて


最後-1711022
クロ「いやー、とにかく印象に残っているのはラーメンですね。ホントにラテみたいに泡立っているラーメンなんですが、それがマイルドにしているのか、たまらない味。ラーメンが美味しい旅でしたね」

最後-1711021
なぎー「私としてはやはりラーメンです。人気も納得のラーメンでした。近くにあったらもっと行くのになぁと思います。府道7号線……自体の印象は……ラーメン……ですかね?」

最後-1711023
すどん「きみら、もうちょっと真面目な感想にしてくれるかな?
……でも、ラーメン美味しかったです♥」



以上になります!
この道を制覇する企画は、今後も年に1回ペースで紹介していければと思いますので、今後もオススメロードをご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

それではまた来年をおたのしみにー!

◇関連記事

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー