交野の霊園「ハピネスパーク」で日本初の路面電車が法要施設として蘇ってる

交野の霊園「ハピネスパーク交野霊園」で日本初の路面電車が法要施設として蘇っています。

↓こちら
ハピネス1-2103011

ハピネス-21030117

ここに路面電車が設置された時にも記事にしています↓

地図ではここ↓

住所は大阪府交野市東倉治2-1521。

市電-20091812
機物神社よこをずっと真っ直ぐ進んでいきます。

市電-20091811のコピー
途中、交野カントリー倶楽部の目印があるところ左へ。真っ直ぐ行くと源氏の滝がある方向です。

市電-20091810のコピー
また分かれ道があるのでここを左。

ハピネス1-2103011-2
進んでいくとハピネスパーク交野霊園があります。

ハピネス-2103016
こちらの電車、京都市電(N電)という日本で一番初めの電車なんだそう。

ハピネス1-2103011-3
ちなみに電車の前に植えられているオリーブの木も100年以上前のものなんだとか。
ほぼこの電車と同期。

電車内は入ることができます↓
ハピネス-2103019

ハピネス-21030116
ここは今後、法要室や休憩室に使う予定なんだとか。

ハピネス-21030110
ミルキー!

ハピネス-21030111

ハピネス-21030113

ハピネス-21030115
窓際には当時の広告も飾られていました。
レトロな物好きにとっては胸アツ!

ハピネス1-2103011-5
昔風にアレンジされた可愛らしい地図も。

ハピネス1-2103011-6
クァパ方枚。

ハピネス-2103011

道行く人々が立ち止まり見学していましたと情報提供であったのですが、確かにこれは見ちゃいますね!

ハピネス1-2103011-4
ちなみに線路は天まで続いてました。


※「 じゅーし」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■