相撲の全国大会に枚方の小学生5人が出場きめてる

「わんぱく相撲全国大会」に枚方の小学生5名が出場をきめています。


出場をきめた5名の小学生たち

小学生たちは9月12日に堺市で開催された「第25回 わんぱく相撲大阪府決勝大会」で優秀な成績をおさめ、全国大会への出場を決めたそうです。

そこで昨日10月26日に市民会館で行われた全国大会出場報告会に出席してきましたので、1人ずつ紹介していきます↓

まずは6年生男子の部で優勝して全国大会出場を決めた湯川晄也(ゆかわあきや)さん。

全国大会は2度めという相撲エリートで、緊張しがちな全国大会でもいつもどおりのルーティーンを行うことにより緊張をほぐすことができると他の選手たちにアドバイスをしていました。

つづいて5年生女子の部で2位となった枚方市相撲連盟にも所属する鸙野咲幸(ひばりのさゆき)さん。

得意技はないものの、小柄な身体をいかしてとにかく動く、スピードタイプの力士なんだそうです。

鸙野さんと同じ5年生女子の部で4位となり全国大会出場をきめた上田彩香(うえだあやか)さん。

普段は相撲ではなくインラインスケートやウィンタースポーツをされているそうです。

ちなみに各メンバーは日曜日10時〜12時に練習しているそうで、2時間で全国大会に出るってすごい。

めっちゃいい笑顔を決めてる木原福(きはらふく)さんは4年生女子の部で優勝して全国大会出場へ。

5歳から相撲をはじめ、押し出しが得意技なんだそうです。

最後は4年生男子の部で準優勝した竹嶋章太朗(たけしましょうたろう)さん。見てた感じ「快男児!」っていいたくなるキャラクターでした。

普段はラグビーをしているそうで、タックルを活かした相撲をとる力士なんだそうです。

以上5名です。報告会では他にも、王仁公園の土俵の補修に大相撲枚方場所で使用された土が使われていることなどが明かされていました。

はたして5名は全国大会でどんな活躍を見せるのか!

男子の全国大会は今週末の10月31日に東京の両国国技館で開催。女子の全国大会は11月14日に名古屋にて開催予定です〜!頑張れ若人たち!