枚方市駅とJR亀岡駅を結ぶバス「みつひでライナー」が運行開始するみたい。4月4日から12月6日までの期間限定

京阪枚方市駅からJR亀岡駅までを結ぶ高速バス「みつひでライナー」が4月4日より運行されるようです。

「みつひでライナー」は京阪枚方市駅からJR高槻や高速長岡京を経由し、JR亀岡駅北口までを結ぶ高速路線バス。運行期間は4月4日から12月6日までの運行を予定しているそうです。

京都府亀岡市といえば、JR亀岡駅前にサッカーチーム京都サンガF.C.のホームスタジアム「サンガスタジアム by KYOCERA」が完成したり、NHK2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀ゆかりの地だったりと、今何かと熱い街。

サンガスタジアム by KYOCERAの公式Twitter↓

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」公式サイト↓

「みつひでライナー」の『みつひで』も明智光秀からとったものなんだとか。

上記リンク先の京阪バスニュースリリースによると「みつひでライナー」は枚方市駅から乗車する場合、降車できるのはJR亀岡駅北口のみ。

運賃は片道最大1000円で、枚方市駅からJR亀岡駅北口までの所要時間は約75分だそうです。車内はWi-Fi対応のようなので気軽にネットが使えそう。

「みつひでライナー」はサッカー観戦だけではなく、観光などの交通手段としても使えそうですね!
運行時刻などの詳細はこちらに載っていますので、気になる方はチェックしてみては。

電車で亀岡に行く場合、東福寺でJR乗り換えのコースだと80分で780円。そこは用途によって使い分けでしょうか。ずっと座っていたい時とかはバスの方がよさげ。


※「けんた」さん、「山手の住人」さん、「TH130」さん情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■