JRのおおさか東線が3月16日に全線開業するみたい。枚方市民への影響を考える

JR西日本の新路線「おおさか東線」が3月16日に全線開業するようです。

上記リンク先によると、3月16日にダイヤ改正が行われ、それと同時におおさか東線が全線開業するとのこと。

おおさか東線といえば八尾市にある久宝寺から新大阪を結ぶ鉄道で、これまでは久宝寺から放出までのエリアのみ部分開通していました。最終的には新大阪から新駅「仮称北梅田駅」を結ぶそう。(→Wikipedia

ポスター-1812152
(駅にはってあるポスター)

今回の開通で新たに設置される駅は、
★JR野江
★城北公園通
★JR淡路
★南吹田
の4駅。

このおおさか東線の開通によって枚方市民にどういった影響があるのか、ちょっと考えてみました↓

★JR沿線沿いの方にとっては新大阪に行きやすくなる
→京橋→大阪→新大阪だったのが、放出→新大阪の、乗り換え2回必要だったのが1回で済む。もし長尾・藤阪・津田から新大阪に直接行く電車とか出たら熱い。

★新駅4つにも行きやすくなる
→JR沿線京阪沿線どっちからでも、これまでは吹田とか行こうと思ったら結構大変やったような。淡路で阪急との連絡があるのも素敵。

★京阪野江からJR野江で乗り換え面白そう
→特急には乗れないので新大阪行くには京橋→大阪ルートよりも時間かかりそうやけどどうなんやろ。

★新大阪から枚方に帰る際に環状線が止まったりしている時のもう1つの帰宅ルートができた
→なんでもいざという時のルートがあると安心。

大きくはこれくらいかと思うんですが、電車に詳しい方、「あれを見逃してる!」とかあったら教えてくれると喜んで追記しますのでよろしくおねがいします。

路線図-1812151
(ポスター右下の路線図部分を見やすいように白黒にした画像)

枚方市民が普段使う路線に接続される形で開通するおおさか東線。出来たらとりあえずは乗ってみたい、そんな方も多いんじゃないでしょうか!

ちなみに途中でちょっと書いた北梅田駅は2023年春の開業を目指しているそう。そこまで繋がったら大回りになるとはいえ、色々と便利そうですねー!