パンサーズのファイナルシーズン進出決定!ウルフドッグス名古屋との試合結果も

枚方市を拠点に活動するパナソニックパンサーズのV.LEAGUE DIVISION1 MENにおける試合結果をお伝えします。

main
©パナソニックパンサーズ

3月20日・21日に豊田合成記念体育館で行われた今回の試合。対戦相手はウルフドッグス名古屋です。

ファイナルシーズン進出をかけた大事な一戦となった20日の試合の第1セット、序盤から点を取り合う展開となりました。
中盤には連続失点を許して追いかける展開となり、このセットを22-25で落とします。

切り替えたい第2セット、冷静なプレーで得点を重ねると、要所で清水選手のブロックが決まりパンサーズペースで試合を進め25-22でセットを取り返します!

パンサーズ公式Twitter↓

第3セットも渡辺選手のサービスエース、清水選手のブロックで得点し、序盤からパンサーズが流れを作ることに成功。
その後も清水選手のスパイクで得点、25-23でセットを連取。

第4セットは終盤まで接戦の展開となりましたが、連続ブロックで逆転!
クビアク選手がチームを引っ張るなどし27-25で激戦を制しました!

その結果、パンサーズのレギュラーラウンド3位以内が確定し、2020-2021V・ファイナルステージ進出が決まりました〜!

公式サイトよりファイナルステージ進出について↓

main

21日の試合、この日も序盤から点を取り合う展開に。
相手のモチベーションの高さに勝つことができず第1、第2セットを連続で落とします。

追い込まれた第3セットは今村選手を投入し、強烈なスパイクを決めてチームに勢いづけるものの、最後に連続失点を許してしまいセットカウント0-3で悔しい敗戦となりました。

DIVISION 1 MENチーム順位表↓

1位 サントリーサンバーズ(93.8)
2位 パナソニックパンサーズ(79.4)
3位 ウルフドッグス名古屋(75.0)
4位 ジェイテクトSTINGS(68.8)
5位 堺ブレイザーズ(50.0)
6位 東レアローズ(48.4)
7位 JTサンダーズ広島(44.1)
8位 FC東京(24.2)
9位 VC長野トライデンツ(11.8)
10位 大分三好ヴァイセアドラー(8.8)

※()内の数字は勝率です
参照:Vリーグ公式サイト

パンサーズは27勝7敗で2位をキープ。
来週もアウェイで堺ブレイザーズとレギュラーラウンド最後の2連戦!
レギュラーラウンド2位通過を目指します。

頑張れパンサーズ〜!