牧野駅リニューアルで立ち退き拒否していた建物の所有者に枚方市が行政代執行→取り壊し

牧野駅のバスロータリーを新たに作る予定の場所にあった建物の所有者が立ち退き拒否をしていたそうです。ほんでこないだその所有者に対して枚方市が行政代執行を行い、建物が取り壊されました。■「牧野駅東地区第一種市街地再開発事業」行政代執行について 枚方市役所

細かいことはわからないんですがこういった再開発は都市再開発法という法律に基づいて行われているので、いくらその土地を持ってる人が「ここをどきたくない」と言っても所有権は移転され、最終的には「行政代執行」という方法で立ち退かされてしまいます。(もちろんそれに応じた補償はある。・・・はず。)

この建物。牧野駅の踏切のところです。

逆側から。ショベルカーでバッキバキ。

木曜ぐらいに撮影したのでもう今はないかと思います。

Googleストリートビューだとまだ建物が建ってたころの様子が見れますよー。

Googleマップ


Googleマップ

牧野駅のリニューアル工事は当初の計画からかなり遅れていたみたいですけど、これのせいだったんですかね。

関連リンク
「行政代執行」ってなに? All About

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について