流通関係者によるトップワールド楠葉店レビュー。馬刺し売り場は3000店舗中1位。馬肉世界シェア

先日コノミヤくずは店を詳細にレビューされていた「食彩賓館」さんで、今回はトップワールド楠葉店がレビューされていました。
LINK:トップワールド樟葉店で「超鮮度宣言とコト販売」を学ぶ

なんでもトップワールドの売り場は商人伝道師なるコンサルタントが指導しているのだそうです。

高品質商品を扱ってるっていうのは何となく店内の印象から感じたことはありますが、売り方も「コト販売」でグッドなのだそうです。どういうところが他と違うのか具体的に解説されていて、流通業界の人の意見だけに説得力もあります。

『国産ホルモンミックスの商品作りが素敵』で、特に馬刺し売り場はそれまでに見てきた3000店中で1位と言っていいぐらいの良さだそうです。すごいですね!

あと宮崎県の畜産農家を応援するために、宮崎牛のスペースをしっかりとられているそうな。こういうことやってると聞くと応援したくなりますね。

『「なんか面白いモノ売ってないか」という目的の枚方市周辺店舗の見学には最適の店です。』とのこと。へぇ~。
こういうのって、主婦の方なら普通にわかってることなんでしょうか?


他にもトップワールド枚方店と香里ヶ丘店のレビューもありました。


ついでに。

馬刺しの生産国ランキングは、上位から

1位 中国
2位 メキシコ
3位 カザフスタン
4位 イタリア
5位 アフガニスタン
6位 モンゴル

なのだそうです。イタリアとかちょっと意外。

でも日本が輸入してる馬肉の60%はオーストラリア産で、他にアルゼンチン、ブラジル、カナダ、アメリカのものだそうです。
世界シェアと全く違うのはなぜ???


■関連リンク
トップワールド 公式サイト
(記事アップ時点ではサーバーがダウンしてるみたいですが、いちおうリンクしておきます)

ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 話題 まち