枚方の将来像は枚方市駅を中心に枚方公園・樟葉・藤阪駅が拠点に。「枚方市都市計画マスタープラン」に各地域の方針が載ってる

20110415DSC06456
枚方市役所

枚方市の都市計画の基本的な方針が書かれた「枚方市都市計画マスタープラン」というものが平成12年に作られたらしいんですが、もう10年以上たったしということで先月改定されて枚方市役所ホームページにアップされてます。
かなりボリュームがあるんですが、↓みたいに各地域にわけて将来像が書かれています。

20110415mas2

★北部地域(楠葉・牧野・招提あたり)
 豊かな自然と歴史に縁どられ計画的なまちなみが拡がる都市的魅力と活力を創るまち
★中部地域(御殿山・中宮あたり)
 緑が映える段丘崖や豊かな歴史文化資源を活かし世代を超えて生活が輝くまち
★南西部地域(枚方市駅・枚方公園あたり)
 淀川の悠久の流れと歴史文化が織りなす魅力にあふれ広く人が集まるにぎわいのまち
★南部地域(香里団地・東香里あたり)
 丘陵の起伏ある地形と緑を活かし安心して暮らせる成熟した住環境の文化を創るまち
★中南部地域(村野・津田あたり)
 水と緑に縁どられ住宅と産業が共生し未来に向けて活力を創造するまち
★中東部地域(長尾あたり)
 起伏のある地形と恵まれた自然環境を活かし郊外のゆとりある生活を創造するまち
★東部地域(氷室あたり)
 棚田や集落と一体となった里山の景観が広がり豊かな自然が暮らしと産業を育むまち

↑だけ見るとどれも似たようなこと言ってるようにも見えちゃいますが、各地域のページを見ると「どの道路を整備して…」みたいに細かく書かれてます。

そして枚方市の全体構想のページには各拠点について書かれてるんですが、

20110415mas1

枚方市駅を中心拠点として、観光拠点が枚方公園駅、地域拠点が樟葉駅となんと藤阪駅なんだそうです。

20110415IMG_0884
藤阪駅

藤阪駅周辺は、里山など豊かな自然が残る枚方市の東部地域の地域拠点として、交通結節機能の強化や、穂谷川や山田池公園、王仁公園などの自然を活かした整備を図ります。

いまリニューアル工事をしてる長尾駅じゃなくて藤阪駅のほうが拠点になるんですねー。たしかに楠葉中宮線が開通したことで楠葉から藤阪までまっすぐ行けるようになりましたしね。

藤阪駅のGoogleストリートビュー。

大きな地図で見る

ここからどう変化していくんでしょうね。学研都市線の快速はいま長尾駅しか停まらないですけど、もしかしたら将来は藤阪駅にも停まるようになるんでしょうか。

「枚方市都市計画マスタープラン」には各地域のことが歴史的な成り立ちから詳しく書かれてます。今後整備される予定の道路とかも載ってるので、自分の住んでる地域の部分を読んでみるとおもしろいと思いますよー。

ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : まち 

この記事へのコメント

3. カズマ@ひらつー   2011年04月16日 11:44
>TAKAHIROさん
土地の値段はあがるんでしょうね~。いいんじゃないでしょうか^^

>AZさん
とうとうきましたね(笑)
2. AZ   2011年04月16日 02:44
3 藤阪の時代がきましたね( ̄∀ ̄)笑
1. TAKAHIRO   2011年04月15日 19:13
3
この書面自体は大枠やね
藤阪に目をつけるとは、己只者ではないな
藤阪駅の周りは全くなんにもない土地ばかりやからな
全くな
第二京阪も近いしな
では、ニトリはこの辺でということで
別にニトリはどうでもええねん
土地の値段が上がると嫌やね
そこが役人のアホなところや
狙い通りやな
10年ぶりに出すのに十分検証したんやろうね
んなもん考えてるわけなかろ...