『月光ノ仮面』板尾創路監督にインタビューしました〈前編〉1作目からの意識の変化や、ネタ作りと脚本作りの違いなど【プレゼントあり】

new_main
(c)2011「月光ノ仮面」製作委員会

2012年1月14日(土)に公開された板尾創路第二弾監督作品『月光ノ仮面』。映画の公開に先立ち1月9日にシネプレックス枚方にて先行上映会が行われ、板尾創路監督が枚方にやってきました!先日その時に行われたトークショーの模様をレポートしましたが、トークショー終了後、ひらつーとして板尾監督にインタビューさせていただきました!!今回はそのインタビューの前編をお届けします!


P1098530

みか@ひらつー(以下みか)はじめまして。私たちは「枚方つーしん」という枚方のインターネット情報サイトを運営しておりまして、見てくださっているのは主に枚方市民の方なんですけど・・

板尾監督(以下監督)あーそうですか。

みか はい。今回はその方たちに向けてのインタビューということでよろしくお願いします。

監督 いいえ、こちらこそ。
 
みか ではまず、1作目の『板尾創路の脱獄王』公開からちょうど2年になると思うんですが、2作目の製作に入るにあたって板尾さんご自身の中で意識の変化みたいなものはあったんでしょうか。

監督 もともと映画監督ではないですけども、1作目をやって自分の言いたいことが表現できたな、という確信が1作目で得れたので、2作目はそんなに気持ち悪さがなかったというか迷いがなかったというか、のびのびやれました。

みか 先ほどのトークショーでもお話されてましたが、スタッフの方もほとんど1作目と変わらずということで。

監督 そうですね、はい。おおまかなスタッフさんはほとんど一緒で、またみんなに「やりたい」って言ってもらえたんで。
 
みか 1作目は板尾さんのセリフがほぼなくて、今回は噺家さんの役ということだったのでもう少しセリフがあるのかなと個人的に思ってたんですが(笑)

監督 (笑)

みか でもやっぱり違って、それもまた表現方法になると思うのですが、板尾さんの演者としてのこだわりや難しさみたいなものはあるんでしょうか。

監督 お芝居、特に映画は僕はセリフがなくても成立するもんやと思ってるんで、自分の作品じゃないのは仕方ないですけど、自分でやれるんであればできるだけセリフがない形で表現したいなという思いがもともとあるんで、自分の監督作品なので思い切ってそういう演出にしてます。 

みか お笑いのネタ作りと映画の脚本作りにはどんな違いがありますか。

監督 そんなに大きく思考が変わるわけではないですけど、でも想定としては映画館の、場所によって多少違いますけど、大きなスクリーンで上映されるっていうのを意識しますね。そこをやっぱりうまく使うというか、そういうことは意識しながらは作りますけどね。

みか 今回の『月光ノ仮面』では「大スクリーンでここを観てほしい!」というところはありますか。

監督 どこって言われると別に観てほしくないところはないので(笑)困るんですけど、でも昭和初期の街並みであったりとか、匂いであったりとか、懐かしさというか、あの時代の雰囲気が画面から伝わってくればいいかなと思います。 

P1098546



インタビューは後編へと続きます。インタビューにはとても気さくに答えていただきました。後編では枚方のことなども聞いちゃいました!そしてひらつー読者のみなさんへの動画もあります!!どうぞお楽しみに~~

★枚方つーしん読者プレゼント★
板尾創路監督の直筆サイン入りプレスを3名様にプレゼント!応募方法は超簡単

《応募方法》
こちらのリンクからTwitterで当記事ツイートをリツイートしてください!
※当選者にはダイレクトメッセージでご連絡いたしますので@hira2shinのフォローが必須です。 

これで応募完了です。
明日アップ予定のインタビュー記事後編もリツイートしていただくと、当選確率は2倍になりますので是非両方リツイートしてください

当選された方にはTwitterダイレクトメッセージでご連絡いたします。
締め切りは2012年1月31日です。 

たくさんのご応募お待ちしております!! 

『月光ノ仮面』公式サイト
『月光ノ仮面』公式Twitter
期間限定!板尾監督Twitter
ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ