淀川沿い出口のメガソーラーができてきてる

メガソーラー130521-05

淀川沿いに大型の太陽光発電設備ができるというのを去年記事にしましたが、ソーラーパネルが設置され始めてました。

メガソーラー130521-01
淀川の堤防から。わかりにくいですが写真左に写ってます。

↓地図ではここ

大きな地図で見る
住所は出口。

メガソーラー130521-04
こんな感じでソーラーパネルがずらりと並んでます。

メガソーラー130521-03
あっちにひらパーの観覧車も見えてます。

メガソーラー130521-02
こちらの敷地にも設置されるみたいです。こっちのほうが堤防から見下ろす感じで見えやすいので、こちら側が完成したらもっと道行く人の目にも留まるかもしれません。

↓枚方市HPの説明

この規模の太陽光発電設備で、200~300世帯の電力をまかなえるそうな。

Wikipediaに日本全国のメガソーラーの一覧が載ってますが、枚方の出力1000kwが「メガソーラー」と呼べるものしては最も小さい規模のもので、他の地域を見てみると三重県では40,000kwのメガソーラーが計画されてるそうです。でかっ。

関連リンク
再生可能エネルギーの固定価格買取制度 政府広報


※「えふ」さん、情報ありがとうございました!
■■■情報提供求む!■■■
ライター:カズマ カズマ

この記事へのコメント

2. サイクリング大好き   2013年05月24日 22:40
1000kw(キロワット)=1Mw(メガワット)
なので、メガワットとすると最小単位になりますね。
いつもニュースとか記事とか見てて思うのだけど、何で日本の報道機関ってキロより大きい補助単位(メガ、ギガ、テラ)が使わないのだろう?
EX:「100万キロワットの発電量で・・・」、「推定10万キロトンの爆弾と・・・」など・・・・
視聴者・購読者がアホだから伝わらないと思っているのかな?
1. ぴろきん   2013年05月22日 17:18
週一回は堤防沿いをジョギングしているのですが、
気づきませんでした!
次に走る時には注意して見ます!