外観が洋風なのにはワケがある!「ヴィクトリアンヴィレッジ長尾」30年たっても廃れないデザインの家。プライベートガーデンもあります【ひらつー不動産】

今回は枚方市長尾元町にある浪速企業株式会社さんの「ヴィクトリアンヴィレッジ長尾」のモデルハウスを見てきました!

↓地図ではここ

ひらつー不動産マップで見る
JR学研都市線「長尾」駅徒歩6分。
 
これまで紹介してきた分譲地とはちょっと違うおもしろさがあります。

1. 本格洋風住宅

A号地外観 
まず注目すべきはこの外観!外国の家みたいです。

ではなぜ洋風な外観なんでしょう?そこにはちゃんとした理由があります。

30年後も廃れないデザイン
日本の住宅は車や家電製品のように毎年新しい外観の住宅が売り出されています。住宅展示場の住宅は2~3年程度で新しい外観のものに建替えられてしまいます。流行の新しいものが発表されると、以前のものは古臭くなってしまい、目も留まらなくなってしまいます。発売当時は斬新だったのに…。欧米の住宅は流行の外観をよいものとしません。新築であっても、伝統的な外観デザインの住宅を建てます。
短期的なトレンドは中長期的には廃れやすく、流行に左右されない伝統的(クラシック・トラディショナル)なものは30年後も50年後も支持されます。機能・性能も大切であることも忘れてはいけませんが、長持ちする住宅とは、性能がより良いものではなく、機能がより充実しものではなく、いつの時代でも受け入れられる外観デザインの住宅であり、30年後も「この家に住みたい」「こわすのがもったいない」と思われるような住宅であると思います。また、最近話題のエコ機能よりも、住宅を建て替えないことの方が地球環境に優しいことかもしれません。
(公式サイトより引用)

この写真を見てください
DSC05617
ここは神戸市にあるシアトル・バンクーバービレッジという分譲地なんですが、何年前に分譲されたと思いますか?

答えは25年前。どっひゃー!:(;゙゚'ω゚'):

ここと同時期に分譲された他の住宅地はこんな感じです↓
比較
街並みが全然ちがう…!(・_・;)

景観としての街並み
日本でよく見かける20年~30年前の住宅地は、一軒一軒を見れば和風で懐かしいものや美しいと感じるものがあるのに、隣にはプレハブの住宅があったり、その横には斬新なデザイナーハウスがあったり、街並みはバラバラで、圧倒されたり感動させられたりすることが少ないと思いませんか。
個々の住宅が一軒では実現できない『街並みとしての景観』を作り出しています。京都の町家の街並みやサンフランシスコのペインティッドレディースは古いながらも伝統的な外観デザインの街並み(=景観)として10年後も、もっと先も、その価値を維持するでしょう。
(公式サイトより引用) 

バンクーバー村①
確かにここに一歩足を踏み入れると別世界に行ったような気分になれそうです。

ヴィクトリアンヴィレッジ長尾は、この本格洋風住宅全11邸によって誕生する新たな街です

↓区画図
LandPlan_nagaoA2

現在A号地にモデルハウスがあり、F号地とG号地は既に入居されています。

IMG_9632
F号地とG号地

2. プライベート庭園「コモンヤード」
上の区画図を見てもらうとわかりますが、ヴィクトリアンヴィレッジ長尾の真ん中には「コモンヤード」という庭園があります。これは、ヴィクトリアンヴィレッジ長尾の住人だけのプライベートガーデンで、コミュニティスペースになっています。住人みんなで共有・維持していくんだそうです。

コモンヤードイメージ
コモンヤードが「緑豊かな街」を演出

ヴィクトリアンヴィレッジ長尾のコンセプト
「洋風住宅の美しい街並み」✕「コモンヤードのある街並み」
       ||
「資産価値を維持する街並み」

■資産価値を維持する「住宅」と「街並」をつくる。
■世代を超えて長く愛用される「住まい」をつくる。
■住人同士のつながりを育み、安心して暮らせる街をつくる。

何十年たっても廃れないデザインは古くなっても価値が下がらない、それが資産価値の維持へとつながるんですね

こういった洋風住宅って、最近ドラマやCMに多いような気がします。TOYOTOWNなんかが一番わかりやすい例でしょうか。

それでは!特徴をわかっていただいたところで、モデルハウスの紹介といきましょー

DSC01053
改めて外観。

DSC01077
横から見るとこんな感じ。

DSC01079
駐車場

DSC01058
裏から見るとこう。正面って言ってもいけそうです。

なぜなら
DSC01060
コモンヤードに面したテラスがあるからー!

DSC01073
その脇には車路と分離されたコモンヤードへの小径が。

DSC01070
ここがコモンヤードです。これからどんどん開拓されていきます

DSC01080
正面玄関に戻ってきました。ポストやドアもジブリ作品に出てきそうな感じです。

↓間取り
A号地間取り

DSC01083
ではお邪魔しま~す。

DSC01087
シューズボックス。

DSC01143
玄関をあがるとそこには仕切りとなるドアなどがまったくなく、LDKとつながったパブリックスペースになっています。誰かが出かけるのも帰ってくるのも「見える」家。

DSC01084
玄関あがってすぐにあるトイレ。

DSC01237
キッチンは無垢面材。

DSC01141
ナチュラルかわいいキッチンです

DSC01196
そしてダイニング(6.7帖)とリビング(7帖)。洋風なのは外観だけにとどまりません。

DSC01135
ここでママお手製ミートパイを食べたいです。

DSC01110
窓に面したカウンターがあります。

DSC01203
リビング。黄色の壁って目が散るかと思いきやまったくそんなことなく、将来住む家の壁は黄色にしたいと思えるぐらいなじんでました。

DSC01130
ダイニングとリビングの間には圧迫感のない仕切りが。

DSC01204
リビングから1F全体を。

DSC01120
階段下を有効活用した収納もあります。写真右側のドアを開けると…

DSC01210
先ほど紹介したテラスに出ることができます。

DSC01065
テラスからコモンヤードを眺められます。

すべての家が完成したら将来的には、
common_yard
このテラスからはこんな風景が広がっているかもしれません。

1Fにはこれだけではなく、玄関入ってすぐにDENという部屋があります。

DSC01178
ドアはありません。

DENとは、巣・洞穴を意味する英語から取られた言葉で、書斎などの趣味を楽しむための部屋のことを言います。ホームオフィスやホームギャラリー、スタディルーム、ホビールームなど、家族によって違う使い方ができる夢のある空間です。

DSC01180
広さは4.2帖。

DSC01183
光もたくさん入ります。

DSC01187
こういうフリールームみたいなのが1部屋あるだけでDENDEN違いますねー。(ダジャレ)

DSC01144
2Fへあがります。

DSC01146
階段を上って右側を向くとこう。一番奥がトイレ、右側に洗面室やお風呂、左側に洋室があります。

DSC01164
2Fトイレ。

DSC01157
洗面室と洗濯機置場。

DSC01160

DSC01227
お風呂。

DSC01215
5.6帖の洋室。

DSC01218
そのとなりに5.5帖の洋室。

DSC01222
2つの洋室は引き戸を開ければつながります。

DSC01166
階段を上って左側のドアを開けると、

DSC01232
7.2帖の主寝室。

DSC01174
バルコニーがあります。

外観だけでなく家の中までもしっかり洋風で、キッチンや洗面台なんかもこだわったものを置かれています。

モダンデザインの父、ウィリアム・モリスの自宅兼工房として建てられた「世界一美しい家」と評されるイングランドのレッド・ハウスで使われた色やデザインの壁紙なんかも選べるそうで、日本にいながらも海外気分を味わえる本格洋風の家を建てられるなんてステキ

「洋風な家を建てたいけど、一軒だけ建つと浮いてしまう…」と躊躇していた方もいるかもしれません。でもヴィクトリアンヴィレッジ長尾ならそんな心配は無用です

コモンヤードを囲む夢の本格洋風住宅の街、興味のある方はぜひお問い合わせください!

スタッフさんからのメッセージ
ヴィクトリアン ヴィレッジ 長尾 の住宅は、海外の映画やドラマですとか、CMの背景にでてくるような洋風の建物です。この洋風の建物は、日本でいうところの町屋や古民家のようなもので、10年後も、30年後であっても、その外観はどこかなつかしく、流行に左右されることはありません。
枚方ではめずらしい「ラップサイディング(外壁)」の洋館を是非ご覧ください。


DSC01246
ヴィクトリアンヴィレッジ長尾へ行くには、府道736号線の第一ゼミナールの横の道を入っていきます。奥に西松屋が見えてますがあっちに行くと長尾駅。

DSC01242
こっちに行くと藤阪駅。

DSC01247
この誘導看板が目印です。

所在地大阪府枚方市長尾元町5丁目5057-6他
開発面積1557.06㎡(471.01坪)
用途地域第2種中高層住居専用地域、第2種高度地区
交通JR学研都市線「長尾」駅 徒歩6分
総戸数11戸
開発検査済番号日都監第111-6号 平成23年9月9日

■第1期分譲概要
販売戸数7戸
販売価格2,980万円より(F号地 敷地面積119.50㎡ 延床面積91.08㎡) 土地価格/1,340万円 建物価格/1,640万円
敷地面積95.88㎡~119.98㎡
建物面積90.46㎡~107.48㎡
建物構造木造枠組壁工法(2×4工法) 2階建
間取り3LDK~4LDK
地目宅地
建ぺい率60%
容積率200%
設備枚方市営水道・大阪ガス・関西電力・公共下水道 他
建築確認番号第H23確認建築防大02132号(A号地) 他 (平成23年9月21日)
コモンヤード全体面積約153.00㎡
コモンヤード敷地持分各戸1/12(約12.00㎡)
管理費(月額)2,000円
修繕積立基金200,000円(一括払い)
修繕積立金(月額)500円
事業主(売主)浪速企業株式会社
〒576-0041 大阪府交野市私部西1丁目31番2号
宅建免許:大阪府知事(10)第22007号
建設業許可:大阪府知事許可(般-21)第112056号
事業提携(仲介)京阪電鉄不動産株式会社 京阪東ローズタウン営業所
〒610-0356 京田辺市山手中央3番地 京阪東ローズタウン営業所 TEL:0120-654-012
国土交通大臣免許(3)第6056号 (公社)近畿地区不動産公正取引協議会加盟
※先着順分譲につき、ご希望の住戸が売約済の場合がございます。予めご了承ください。

この物件についてのメールでのお問い合わせはコチラへ!

浪速企業株式会社
0120-155-728
「ひらつーで"ヴィクトリアンヴィレッジ長尾"のモデルハウスを見た」とお伝えいただくと話が早いと思います!
(すでに販売が終了している場合もありますのでご了承ください)

ヴィクトリアンヴィレッジ長尾 公式サイト
浪速企業株式会社 公式サイト

----------
【ひらつーパートナーズ】【ひらつー不動産】についてのお問い合わせはこちらから!


ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ

この記事へのコメント

2. いきー   2014年02月28日 01:21
うーん、真剣に興味はありますが、家の中に関して言えば壁の色や家具などがそれっぽいけど造りは日本そのものですね。キッチンやトイレ、シャワーの造りが特に日本。でも日本に住むんだからmade in japanに限る!そして外観や庭はやっぱり惹かれます(^^)
1. 株価八千円割れ   2014年02月18日 12:28
めっちゃおしゃれですね!
いつも着てるジャージや綿入れはんてんは
家に合わなさそう…。