自分の子供が海外のYouTube動画を字幕なしで見られるようになる?!「BEアカデミー インターナショナル・プリスクール」に1日密着してきた【ひらつー広告】

小学生未満のお子さんがいる方、今お腹の中に赤ちゃんがいる方、独り身なのに理想の結婚生活ばかりを妄想している方

自分の子供には
□街なかで外国人に道を聞かれたら普通に答えられるようになってほしい
□洋画は字幕なしで観れるようになってほしい
□外国人ばりにリアクション豊かになってほしい
□日本の大学だけじゃなく海外の大学も選択肢に入るようになってほしい
□外資系企業でバリバリ働いてほしい
□アメリカにおつかいに行ってほしい

と思ったことはありませんか

そこで紹介したいのが東田宮にあるインターナショナル・プリスクール、
BEアカデミー です!

DSC09231のコピー

BEアカデミーのプリスクール
『Education with Love』をポリシーに、愛ある保育・教育を実践しています。学習面、生活面で高い質のケアを準備しています。コミュニケーションはもちろん、読み書きもハイレベルに成長します。卒業年の生徒達は約7000~9000語の英語を自由に使い、スピーチコンテスト等でも活躍しています。(対象:1歳半~5歳児)

↓地図ではここ

大きな地図で見る

DSC09010
このビルの5Fです。

クラス編成
■Mermaid(マーメイド)Class = 1歳半〜2歳児
■Unicorn(ユニコーン)Class = 3歳児
■Phoenix(フェニックス)Class = 4歳児以上週3以下のコース
■Phoenix-Advance(フェニックス・アドバンス)Ⅰ = 4歳児で週4&5コース
■Phoenix-Advance(フェニックス・アドバンス)Ⅱ = 5歳児で週4&5コース

時間帯やレッスン料などの概要は公式サイトで見てもらう方がいいと思います。
とりあえずプリスクールがどんなものなのか雰囲気をお伝えするため、4〜5歳児クラスの1日に密着してきましたー!

DSC09083
5F、ここがBEアカデミーです。

DSC09023
モーニングレッスン。

DSC09035
BEアカデミーの規則などを毎朝確認します。規則やマナーを守ることにも力を入れている印象でした。

DSC09039
子供たちは当たり前のように英語を話しています。

本来モーニングレッスンの後は外遊びの時間なんですが、この日は年1回行われる「子ども安全教室」があったので部屋を移動し、生徒全員が集合しました。
(以前密着したときに外遊びの時間は紹介しています)

DSC09055

DSC09056
待ってる間に少しお遊戯タイム。

DSC09063
枚方市消防団女性分団のみなさんが登場。

DSC09074
真剣に話を聞く子供たち。

DSC09079
地震や火事が起こった時、不審者に出会った時どうすればいいのかなどを教えてもらっていました。消防団のみなさんはもちろん日本語です(笑)
プリスクールでもこういった生活上知っておかなければいけないことをちゃんと学べるのは親としても安心ですね。

DSC09091
最後になぜか「恋するフォーチュンクッキー」を踊りだしました。

DSC09093
外国人の先生たち、見よう見まねではありますが体の動きがやはり滑らかです。

ちなみに生徒たちが着ているのは
DSC09082
BEアカデミーのキャラクター「ビーちゃん」がプリントされたTシャツ。

「子ども安全教室」が終わり、5歳児は別の部屋に移動。着くやいなや卒業式で披露するダンスの練習を先生に指示される前に超自発的に始めました(゚ロ゚;)エェッ!?

DSC09098
1〜2回自分たちだけでこれまでのおさらいをした後、先生が加わり合わせていきます。

DSC09101
カウントをとりながら踊ってるんですが、「ワンツースリーフォー」とやはり英語です。

DSC09105

DSC09109

DSC09111

DSC09126
みんなテキパキ楽しそうに踊ってました。

DSC01266
そしてランチタイム

DSC09133
お弁当が配られる前の時間にも楽しく英語を勉強。にこにこソーセージがカワイイです

DSC09134

DSC09144

DSC09141

ランチはお弁当持参かスクールランチどちらかを選べます。

↓スクールランチ
DSC09263
栄養面も考慮されているスクールランチは、当日の朝9:10までに申し込めば間に合うみたいなので、急にお弁当が作れない状況になってもママ的にはすごい助かりますね

DSC09175
ランチ後は遊びの時間。

DSC09149

DSC09156
ブロック遊びに夢中です。

DSC09172
ITR(イケメン・ティーチャー・リッキー)は女児人気高いです。

DSC09176
4〜5歳児はまた別の部屋に移動し、アフタヌーンレッスンが始まるまで遊びます。

DSC09189
遊んでる時も子供たち同士の会話はもちろん英語。

DSC09192
英語が話せなさそうなみか@ひらつーに「撮ってー!」と日本語でお願いしてくれました。

DSC09194
さぁ!アフタヌーンレッスンのスタートです

DSC09205
以前ヒトツナギに出てくれたアンドレア・バラガンさんが担当でした。

DSC09225
とっても表情豊かに体全体を使って子供たちに向き合うバラガンさん。

DSC09217

DSC09230
なんて汚れのない顔をしてるんでしょうか

DSC09234
テキストを開いてライティングもしっかり学びます。

DSC09246

DSC09243

DSC09258
レッスン後ショートコース(15:00まで)の子たちは帰っていきました。

みか@ひらつーの密着取材もショートコースで終了です

最後に3歳児クラスの男の子のママにご協力いただき、「なぜBEアカデミーを選んだのか」「お子さんがどんな風に変わったか」「どういう子に成長してほしいか」などお話を伺いました!

DSC09252
松見 渉くん(3歳8ヶ月)とママ

「将来英語は絶対に必要」と子供には小学校からインターナショナルスクールに通わせたいと思っていて、幼い頃から英語のDVDを見せたり本の読み聞かせをしていたところ、2歳の子供の口から英語がポロッと出てくるようになりました。それを見てできるだけ早いうちに身に付けさせたいと枚方のプリスクールをネットで検索していたところ、枚方つーしんでBEアカデミーを知りました。

BEアカデミーは先生の数が多く、いろんな国の先生がいて偏りがありません。日本人の先生もいるのでどうしても伝わらない場合も安心です。授業によって先生が変わるのでいろんな先生と接することができます。また、日本の良い所と外国の良い所両方をうまく取り入れられています。
ぜひここで学ばせてみたいと思い、ショートコース週2回を経て、現在はロングコース週5回に通わせています。ショートコースの時は英単語が出てくるぐらいだったのですが、ロングコースに変わって1ヶ月後には文章になりだしました。今では家で一人遊びしている時も英語でしゃべっていますし、YouTubeで英語の動画を見るようにまでなりました。

英語を教わるのではなく、遊びながら楽しみながらも先生や友達との意思疎通は英語でしなきゃならないという環境が自然と上達につながっているんだと思います。本人は「英語を勉強している」という感覚は一切ないですからね(笑)
いろんな学年の子たちと一緒に遊ぶ時間もあり、お兄ちゃんお姉ちゃんが教えてくれたり子供たち同士でどんどんコミュケーションをとっています。
日本人に足りないと言われる「意志」や「主張」を存分に引き出してくれるレッスン内容ですし、幼稚園はこうあってほしいなという私の希望にもマッチしています。

将来は周りに流されるのではなく、自分の意志で判断し、いやなことから逃げず自分の好きな道を歩んでもらいたいです。その人生の選択の時に英語が1つのツールになればいいなと思います。そして外国の方の考え方への理解も深めてほしいです。

家庭によって何が一番いいのかわかりませんが、普通の保育園だとおけいこに通わせる時間がないという例もあると思いますし、将来英語が必要と思われるならプリスクールはおすすめです。確かにお金は少し高いですがおけいこ代のことを思えばそこまで桁外れではないですし、価値のあるお金のかけ方だと思います。まずは体験に行って実際に見るのが一番です。先生と子供たちが同じ目線で一緒に英語を楽しんでいる様子を見たらきっと何か感じるものがあるんではないでしょうか。

レッスン風景の動画も撮ってみたので、ぜひ見てみてください!0:27から子供たちがジャンケンを始めるんですが、英語で「石、ハサミ、紙」と言ってるのがなんだか新鮮です。



動画は公式サイトにもたくさんアップされています。

子供の人生を考えた時、幼少期に何に触れさせてあげるかの選択が一番将来に関わってくるのかもしれません。その選択をしなければならないのはパパとママです。「英語で子供を苦労させたくない!」「世界中に友達を作ってほしい!」と思うなら、BEアカデミーのインターナショナル・プリスクールを選択候補に入れてみるのもいいんではないでしょうか

お問い合わせ
大阪府枚方市のプリスクール&English School
BE ACADEMY INTERNATIONAL

072-843-7500
info@be-academy.com

〒573-0023 大阪府枚方市東田宮1-6-1
Higashitamiya 1-6-1, Hirakatashi, Osaka 5730023 JAPAN





ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ