アクテックで「ライブブレンド用の珈琲豆キャリーケース」をオーダーメイドする様子に密着してきた(後編)【ひらつー広告】

こんにちは(*・ω・)ノばばっち@ひらつーです

五六市などイベントによく出店されている「カフェサボローゾ」さんのキャリーケースを枚方家具団地にあるアクテック株式会社さんにオーダーメイドするという企画!!
前編の記事では、材料をカッティングするところまでで終わりました。

今回、後編では組み立て→完成→受け渡し、そして実際に使っているところをお送りしますっっ
427968d2
・・・そうそう、ここで終わったんです。ちなみにこのふきだしは濵﨑さんの奥様でクリエイターのはまさきはるこさんの手作りです

それでは今から、「作っていきまーす!!」
 
アクテック部材カット-56アクテック部材カット-54
アクテック部材カット-55アクテック部材カット-28
カッティングされた材料たち。この子たちがどう変身していくのかしっかり見て行きましょー
楽しみ.。゚+.(・∀・)゚+.゚!!

組み立てをやってくれるのがこちらのイケメン、福澤さん!
アクテック組立前行程-5
まずはケースの側面になる板に穴を開けていきます。

アクテック組立前行程-10
取っ手になる部分を取り付けて行きます。

アクテック-21
次はタッカーという道具で板を組み立てていきます。
だんだんケースの形になってきました!!作業が速い!!!

アクテック-29アクテック-33
こちらが「タッカー」。大きなホチキスみたいになっていて、中に入れる針もひと回り大きめです。
これでガチャンと板同士を止めていきます。

bcbec02e
真剣に見つめる濵﨑さんとばばっち@ひらつー。

アクテック-26
福澤さん:「なんか暑いっす!!(照)」
なかなかこんなに作業を見られることってないですもんねすみません(笑)

アクテック-49
小谷さん(右)も見つめる中・・・ケースの本体部分が形になりました!!

アクテック-14
フタも同じ工程でちゃちゃっと完成!!

アクテック-64アクテック-63
次の工程にいく前に図面をチェック。よし、OK!!

アクテック-56アクテック-62
続いてコーナー樹脂を付ける為の穴を開けていきます。

アクテック-92
特殊な機械で枠と一緒にコーナー樹脂を取り付けていきます。

アクテック-82
フタも同じく取り付けます。

アクテック-194
こんな特殊な釘で止めていきます。

アクテック-167
ガチャンガチャン

642918a5
おおっ!!完成に近づいてきました(☆゚∀゚)

アクテック-302アクテック-309

アクテック-316アクテック-313
留め具を付けていきます。

アクテック-18
バトンタッチして留め具の次は、特殊なボンドを使ってケース内側に布を貼っていきます。
内装を担当してくれるのはこちらの杉田さん。

cf517b9c
仕切りと底に吸収剤を付けて・・・本体部分の内装ができあがり!!
底の部分に段差を持たせてあるので、ここに保冷剤を入れて豆を新鮮に保つことができます

アクテック-60アクテック-67
フタの部分にもギザギザの吸収剤を貼って・・・

アクテック-74
貼れました!杉田さんも一緒に、ハイ、チーズヽ(・ε・)人(・ε・)ノ 

アクテック内装前行程-21アクテック内装前行程-33
コーヒー豆の瓶を1つづつ安全に入れられるように、仕切りをていねいに作っていきます。

アクテック-393
仕切りができました!!前編で濵﨑さんがメールで修正をお願いした、横の長さの変更もばっちりできています

アクテック-81アクテック-87
ケースにセットして・・・ピッタリー

アクテック-121
最後に設計図通りできてるか責任者の堀さんがひとつひとつ丁寧に確認。

アクテック-376
OKでましたー!!!完成です
アクテックさんのチームワークですばやく丁寧に作業が進み、あっという間の出来上がりです


アクテック-416
工場を出て、小谷さんから濵﨑さんへ受け渡し。なんだかケースが誇らしげに見えます!!

ビフォー・・・
アクテック-177
今まではぴったり収まる入れ物がなくて持ち運びが大変でした…

アフター!!
アクテック-420
わぉ~!!瓶たちがお行儀よく収まっていますコーヒーミルもきちんと収納できていますね!!

アクテック-325

アクテック-417アクテック-419

アクテック-422

大満足の濵﨑さん
アクテック-240

アクテック-282
そして・・・今回も濵﨑さんがコーヒーを振る舞ってくれました!

アクテック-290
和気あいあい♫

アクテック-339
製造に関わってくださった皆さんにも順番に、サボローゾ名物の「ライブブレンド」を!

アクテック-317
コーヒーのいいにおいに誘われてアクテックの社員のみなさんが続々と集まってきました(笑)

アクテック-388
「飲みやすい!」
最後には、社長さんも!!みんなでほっこりしました〜

アクテック-424
機材を運ぶ車に積んでもすっきりスマート(左側)

アクテック-430
取材後、ひらつーオフィスでもコーヒーを淹れてくれました♫

「そうそう・・・」と濵﨑さんが思い出したように・・・
「あの張り紙が忘れられへんねん」と。

その張り紙がこちら。
o0510038311411717487
アクテック会社内のあちこちに掲示されているそう!!

「この張り紙を見た瞬間から、ケースの最高の仕上がりを確信していました」Byサボローゾ


早くイベントで実際に使ってるとこが早く見てみたーい!!!

・・・ということで、完成から2日後の五六市で早速デビューしました
五六市-89
おっ!!チラリとケースが見えます!!!お嫁に行った我が子を見るような感覚・・・感動!!(私が作ったんじゃないのに。)
枠の色がお店のウッディな感じと馴染んでいます

五六市-97

五六市-91
寄ってみました。瓶がケースにまとまったことで、作業スペースもすっきりスムーズに豆のブレンドをされていました。

五六市-77
「期待以上、想像以上によかった〜!!これからもずっと重宝するわ!!」

よかったです!!!これからも美味しいコーヒー作っていって下さいね(*・ω・)ノ
そしてアクテックのみなさん!本当にありがとうございました~
オーダーメイドに興味がある人はアクテックのホームページを是非ご覧ください!制作事例もたくさん載っていますよー

◆サボローゾ 濵﨑さんからのコメント◆
今回のひらつーさんの企画のお話を頂いたときに「あ、こんな感じのんができたらええなぁ〜!」と頭に浮かんだケースのイメージ。それがそのままどころか、更なる進化!を経て今目の前にあるというのはとても感慨深いです。
ライブブレンドという”手作業”を支える”道具”を違和感なく使い続けたい思いからのミリ単位の要求だけでなく、珈琲を保冷する為の構造への要求にも応えてくださったアクテックさん、そしてこの企画をサボローゾへと持ちかけて頂きましたひらつーさんに心から感謝致します。
そしてこのアクテック製「ライブブレンド用の珈琲豆キャリーケース」と共に、これからも沢山の方々に美味しい!&楽しい♪珈琲を届けて参ります!!!

所在地:〒573-0102 大阪府枚方市長尾家具町3-10-10
TEL:072-857-0898
FAX:0120-898-001
E-mail:actec@actec1972.co.jp
※お問い合わせの際は、是非「枚方つーしんを見た」と伝えてください!

公式ブログ
公式Twitter
Facebookファンページ 


大きな地図で見る
  
 
ライター:ばばっち ばばっち