2/1はシネプレックス枚方で映画が1100円!石塚支配人おすすめは、大人の男女ならではのラブストーリー!劇場鑑賞券プレゼントも【ひらつーコラボ】

映画の日である毎月1日に更新しているひらつー✕シネプレックス枚方のコラボ企画!シネプレックス枚方・石塚支配人がおすすめする今月の1本や、週末ランキング、プレゼントコーナーなどの内容でお届けします!
石塚支配人2
シネプレックス枚方 石塚支配人がおすすめする今月の1本はこちら!

娚の一生(800)
©2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

MOVIE_ロゴ カラー

2月14日公開!娚の一生』です
きっとあなたの側にある。寄り添い生きる、優しい愛の物語。

ストーリー (公式サイトより引用)
東京で忙しくキャリアを積み、辛い恋愛をしていた女性・堂薗つぐみ(榮倉奈々)は、なにもかもに疲れ、仕事を辞めて祖母が暮らす田舎の一軒家でひっそりと暮らし始める。
期せずして迎えた祖母の死をきっかけに、そこで独身の大学教授・海江田醇(豊川悦司)と出会う。生前、祖母から鍵を預かっていたと言う海江田。
つぐみに好意を抱いたと、強引にその家の離れに住み込むことに。最初は歳の離れた男性の求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく—。

予告編をどうぞ↓↓↓


自分は幸せになれないと決め込んでいた女性と、恋愛を拒み、落ち着く家庭を得ることはないと信じ込んでいた50代の男性。二人のちぐはぐな生活と、ゆっくりと「人を愛する」ということに向き合ってゆく姿を描いた大人のラブストーリーです。

「娚の一生」といえば、予告CMや公式HPのトップ画面にも使用されているので、見た事のある方は気になっているであろうシーン・・・そう!豊川悦司が榮倉奈々の足を舐めるというシーンがあるのです 見ている方がドキドキしちゃいますね カズマ編集長によりますと、足舐めで快感が得られるというのは脳科学的にも正しいので、変態的な行為ではない との事でした。一体何故そのような情報を知っていたのかは謎に包まれておりますが・・・なんだか足舐めシーンが気になるので、くら@ひらつーも観てみようかな〜と思っております

■『娚の一生』公式サイト
■『娚の一生』公式Facebook
■『娚の一生』公式Twitter

-----------------------------------------------------
その他にもこんな作品がおすすめです(*゚∀゚)っ

maestro(800)
©2015『マエストロ!』製作委員会

rogo_brack
1月31日(土)公開!マエストロ!
彼の仕掛けた秘密・・・
それが僕たちの【運命】を変えた

マエストロ 全3巻完結セット (アクションコミックス)
さそう あきら
双葉社
2008-03-28
-----------------------------------------------------
きっと、星のせいじゃない。(800)
©2014 TWENTIETH CENTURY FOX
きっと、星。白バック
2月20日(金)公開!きっと、星のせいじゃない。
運命がくれた、今日が愛しい。
-----------------------------------------------------
cinema3-4

シネプレゼントコーナーでは毎回みなさんにシネプレクイズを出題します。その答えは記事のどこかに隠れているのでその答えをどしどし送ってきてください!(☆゚∀゚)正解者の中から、毎月3組6名様にシネプレックス枚方劇場鑑賞券をプレゼント!たくさんのご応募、お待ちしております!(*゚∀゚)っ

今月のシネプレクイズ!(・∀・)
2015年アカデミー賞の作品賞・監督賞など計6部門にノミネートされた映画のタイトルは?

*募集内容
シネプレクイズの答え
*プレゼント
シネプレックス枚方劇場鑑賞券3組6名様
*応募締切
2015年2月23日(月)
*応募方法
下記フォームから応募願います
シネプレゼント募集
※当選発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
シネプレランキング

【シネプレックス枚方週末ランキング
1位 ベイマックス
2位 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
3位 ANNIE アニー
4位 神様はバリにいる
5位 あと1センチの恋
(更新日2015年1月26日)
※ランクイン作品は更新日時点の為、予告なく終了している場合がございます。→上映作品の確認はコチラから!

【お得な前売券情報
前売券はグッズ売り場にて公開日前日まで販売しています。
販売中の前売券はコチラからご確認ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2月シネプレ

2015年も1ヶ月が過ぎ、映画界では賞レースのシーズンとなりました。

今年、大注目なのが、作品賞をはじめ計6部門でノミネートされている「6才のボクが、大人になるまで。」そのまんますぎる邦題のとおり、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長の物語(原題は「Boyhood」=少年時代)という内容の映画なのですが、画期的かつ奇跡的なのは、主要キャスト4人(父・母・姉・ボク)全員が、実際に12年の月日をかけて、 同じ人物の12年間の物語を演じているということ!!
合成や特殊メイクは一切なし!!そんな映画は、今まで、観たことも聞いたこともありません!アメージング!!!現在、シネプレックス枚方で絶賛上映中です。まさに百聞は一見にしかず。

しかーし!ここで悲しいお知らせが。。。
この「6才のボクが、大人になるまで。」シネプレックス枚方での上映は、2月6日(金)までとなっています!まだ観ていないという方、どうぞお早めに!!

そしてそして、2月といえばバレンタインですよね!本命・義理・友チョコ・女子チョコときて、最近では「自分チョコ」が主流となってきているそうです。
かく言う私もこの時期になると、ついついチョコレート特設開場に足を運び、普段はなかなか手が出せない贅沢チョコを‘ごほうび’(←なんのだ)とよくわからない理由と勢いと言い訳をつけて買ってしまうひとりです。。。もはやバレンタインでもなんでもない、ただただチョコを貪る日。。。。。

チョコといえば!現在劇場で販売中のプレミアムポップコーンは「ホワイトチョコ+」です!!定番の塩・キャラメルにホワイトチョココーティングポップコーンの3種類の味が一度に楽しめる、とってもリッチなポップコーンも是非ご賞味くださいませ!!

ホワイトチョコ+

※今月は関西外国語大学 映画研究部さんとのコラボ企画はお休みさせていただきます。楽しみにしてくださっていた皆さま、申し訳ありません 来月のコラムをお楽しみに
2015年2月1日号

ライター:くら くら