ニトリモール「たんとと和くら」の20分で2ポンドの牛タンさがり大食い成功したら無料イベント挑んできた

先日記事にしたとおり、本日5月29日よりニトリモール枚方にある「たんとと和くら 枚方店」で制限時間20分で900gの牛たんを食べると無料というチャレンジキャンペーンが行われています。

たんとと和くら-19052916

それを知った僕すどんは「挑みたいな〜でもお暇の方おらんしなぁ〜」という気持ちで、今回はスルーしようと思っていました。

ですが昨日匿名希望の方から、オーマイカレーの2kgカレーチャレンジの成功第1号になった、次は牛タンに挑戦するというご意見いただきまして……これは負けていられない!と思い、当日にお店に連絡してまだ1日5名の枠が空いていたら挑戦しようと決断。

そしたら空いていたので挑戦してきました!
たんとと和くら-19052915
ニトリモール2階にあるお店です。挑戦する前に枠が空いているか聞いていくのが無難。

ちなみに挑戦する前に注意点等を記載した誓約書的なものを書く必要があります。

さぁ!いざ挑戦や!!
たんとと和くら-1905291
と、出てきたのがこちら。

ここで料理を見て僕は思いました。

「……あれ?いけんじゃね?」

この気持ちを最後まで忘れずにもっておきたいところですが、それはもちろん無理でした。

たんとと和くら-1905292
そんなわけで、約20分の挑戦、スタートです!

早送りにした動画もあります↓

20分を1分に縮めまして、本当に挑戦したことが証明できれば幸いです。

たんとと和くら-1905293
開始直後はやはり順調でした。わかりづらいんですが、こちらから見て全然減っていないように見えて、反対側をめっちゃ食べるというエンタメ食いをする余裕も。

たんとと和くら-1905294
開始8分。お箸がとまります。
このあたりから、大きめのお肉を先に食べたら量が減って見える現象を利用して、大きくカットされたお肉をたべはじめました。

ちなみに牛タンのさがりは、よく煮込まれているせいか、牛タンとは違いホロホロに崩れていって柔らかかったです。牛タンの根っこの部位だそう。

たんとと和くら-1905295
地味にお米が強敵だったんですが、残り2分くらいのようす。

「もう帰りたい、なんで成功するって思ってたんやろう、挑む前の僕のバカ!もう知らない!」
そんな気持ちになって打ちひしがれていました。完全に止まる箸。

そんな時、撮影をお願いしていたお枚の方が、めっちゃ励ましてくれます。

お米の素晴らしさとか、もういろんな言い方で励ましてくれるんです。
でもお腹いっぱいの時に励まされると、ほっておいてくれ!という気持ちが湧いてきたり。あとで謝りました(笑)

たんとと和くら-1905296
(残り2分でお枚の方が「おなかと一緒に写真とりましょ」的なことを言いながら撮影した写真。シャツに描かれたスネオヘアーもパンパンです)

たんとと和くら-1905297
途中から帽子をぬいでみたり、ベルトを外してみたり、はみ出たお肉を鉄板に戻す仕事をしてみたり、いろいろとやったんですが、ここで限界がきました。

たんとと和くら-1905298
あーもうホント、ダメだダメだ失敗の言い訳を考えなくちゃ!そんな気持ちになった僕はふとここで思いました。


ここで諦めたら、

お暇の方と一緒やで そこで試合終了ですよ…?



まるで心の中にスラムダンク安西先生が見えたような、そんな気持ちに。

人が見ている・これは仕事・ミスったら会社に5000円の損失を与えてしまう等の、プライドを奮い立てるように自分を追い込みます。

多分ここでもういいやって妥協しちゃうからお暇の方はいつも挑戦に失敗するのでは?と、精神論100%で理論武装して再びお箸を手にもち……

たんとと和くら-1905299
お茶を飲みながらダッシュで残りのもやしを食べます。
同時にお枚の方がカウントダウンして煽ってきます。

10・9・8・7・6・5……
たんとと和くら-19052910
4・3・2・1!!!!

タイムアップ!!まさかの……
たんとと和くら-19052911
食べきることに成功!!!
と同時にダウン。良い子は真似しないでねというヤツです。

たんとと和くら-19052913
「今お腹触ったやつぶん殴るから」そんな気持ちでごちそうさまでした!!

たんとと和くら-19052914
挑戦に成功したら、こんなボードをもって撮影も可能!カッツカツの成功タイムでした。
なんかうっかり本名を書いてしまいました(笑)

今回の挑戦はもうホント、僕としては限界ギリギリラインでした。

僕の大食い能力は、おそらくちょいデブ〜デブくらいの戦闘能力で、ドラゴンボールでいうと桃白白くらいはあると思うので、一般的な胃袋を持つ方はちょっと厳しいかも。

普通の人より結構食べる、くらいの人ならなんとかなりそうですし、いけるんちゃうか?って思った方で5000円のリスクを背負える方はぜひ。

いやぁ〜成功するって気分いいですね!でも次回からはやっぱり別の人が挑戦しているのを見るのが一番いいや、そんな気持ちで帰路につきました。

たんとと和くらの大食いチャレンジは本日5月29日から、6月2日までの5日間限定。ですが7月にもまた同じイベントもやるそうです。詳しくはこちらのプレスリリースをどうぞ。

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー