ひらつーはサッカーチーム「FCティアモ枚方」の公式メディアパートナーとなりました。監督・選手のインタビューも

この度、枚方つーしんはJリーグを目指す枚方のサッカーチーム「FC TIAMO(ティアモ)枚方」とオフィシャルメディアパートナー契約を結ぶことになりました。

FCティアモ-16040626
(FCティアモの拠点である長尾家具町「フットサルパーク ラテラウ」)
オフィシャルメディアパートナー」という名前のとおり、今後はFCティアモ枚方の試合結果等を、シーズン中はほぼ毎週記事にてお届けしようというお話です!

FCティアモ-16040624

FCティアモ枚方とは?
元Jリーガーで枚方出身の新井場徹さんが創設した枚方を拠点とするクラブチーム。
「枚方市からJリーグへ!そして世界に羽ばたく人材育成を!」を理念に2004年に発足し、社会人リーグ5部から11年で関西リーグ1部まで到達
去年は残念ながら2部へ降格しましたが、枚方で今一番Jリーグに近いサッカーチームです。 

そして就任1回目の記事は、早速来週4月9日に開幕戦があるということなので、まずは監督・選手のインタビューからお届けしようと思います。

FCティアモ-1604064

FCティアモ-16040616
(FCティアモ枚方の山本拓弥監督)

―4月9日が開幕ということですが、今現在のチームの状況はいかがですか?

山本監督(以下:監督): 選手も去年と半分以上変わっていますが、コンディション的には追い込んで練習していてフィジカル的、体力的にも仕上がってきているので、今はコミュニケーションをとる段階です。ここ1週間で調整して開幕に照準を合わせていければと思っています。大切なのはとにかくコミュニケーションの部分かな、と。

―コミュニケーションを取っていく上で気をつけたり、工夫されている点はありますか?

監督:サッカーはチームスポーツなので、練習の中で会話できるようなメニュー組みを意識したり、あいた時間は会話しながら練習するなど短い時間の中でも工夫しています。

FCティアモ-1604066
(山本監督)

―今まで順調に上がってきたなかで、昨年はなかなか勝てなかったということですが、理由はなにが考えられますか?(編集部注:昨年FCティアモ枚方は関西1部リーグから2部リーグへ降格しました)

監督:去年は監督ではなくコーチという立場でチームに関わっていたんですが、外から見ていてやはりコミュニケーションという部分がすごく大きかったかなと。

選手もプロ契約ではなく仕事を持ちながらの戦いになりますので個人や家庭の事情でチームを離れたりするなど色々とありました。

FCティアモ-1604069
(実はコートのど真ん中でインタビューしていました)

それはやはりコミュニケーションが欠けていた点もあったと思いますので、そのあたりは去年の反省だと思います。

それを活かしてコミュニケーションを綿密にとりながらやっていければ、今年は目標である優勝、そして次のステップへと進めるのではと考えています。

FCティアモ-16040610
(ラテラウの人工芝)

―枚方にリーグ規定を満たしたスタジアムがないため、ホームゲームが出来ないというお話を聞いているのですが、その辺りはどうお考えですか?


監督:クラブとして、また行政の方々と協力して枚方市内でホームで使えるグラウンドがどこかに出来るんであればそれが一番ありがたいですね。

そして多くの枚方の子供達に見て欲しい、そして見ることができる環境にステージをあげていけるように出来ればなと思います。

FCティアモ-1604065

―ホームゲームをやるというのはチームにとっても選手にとっても大きいということですか?

監督:そうですね。やはり見られているというところが全く違うと思います。
そして下にはアカデミーもあるので、そこの子どもたちも高いレベルの試合を見る機会があるというのは身近なところで刺激になります。

もちろんJリーグや海外の選手を見ている子どもたちも多いと思うんですけど、同じ組織の一番上のトップチームが近くでそうやって上を目指して頑張っているという姿は子どもにとってもいい循環になると思うので、枚方市内で試合ができるというのはありがたいことです。

FCティアモ-16040612
(インタビュアーははらだ@ひらつー)

―枚方からJリーグを目指すことについて可能性は?

監督:枚方っていう市の中でシンボルになれるような、この地域で応援されるような存在になれる可能性はまだまだあるのかなと思っています。

さっきも言った通り、身近なところで憧れられる存在になれたなと思います。本当に地域密着という形でできたらいいですね。

―最近ではスポンサーも増えているようですが、地元で盛り上がってきている実感はありますか?

監督:そうですね、去年も年末にファン感謝祭という形でスポンサーの方々と交流させてもらう時間があったり、認知度も少しずつあがってきているかと思うので、その分責任も増えますが、そういう企業さんや応援してくれている方の期待にこたえて結果を出すのが一番大事なことだと思います。

FCティアモ-1604068

―ティアモのサッカーのこれを見てくれというのはありますか?

監督:勝利のためにアグレッシブに戦っている姿勢などを見てくれたら嬉しいかなと思います。

―最後に今期の目標をいただけますか?

監督:今期の目標は「優勝」ですし、それだけではなく翌年また関西一部から昇格できることが大事だと思っています。



つづいて、今年FCティアモに入った2人の選手へのインタビュー。

FCティアモ-16040617
左が今年の10番を背負うMF加藤博人選手
右は昨年までタイでプロサッカー選手だったCB藤代健太選手

―もうすぐ開幕ですが、今の気持ちは?

藤代選手(以下:
藤代:開幕は難しい試合になると思うんで、そこをいかに後ろから僕が声を出して周りの選手に情報を伝えられるかというのがキーになってくると思います。

加藤選手(以下:加藤:みんなが同じ時間で練習に集まれない中で、意見の食い違いや、すり合わせが足りない部分はあると思うんですが、シーズンが始まってからも試合の中で合わせていければと思います。

初戦は難しくなると思いますが、勝点をとれるように頑張りたいです。

―監督がコミュニケーションをすごく大事にされているとのことですが、その辺りはどうお考えですか?

藤代:同じ時間に練習することが難しいので、意志の疎通が合わなくて試合の流れが変わってきたりすると思います。

そうなると、コミュニケーションを取る上で全員が自分の意見を味方に伝えるというのはとても大切なことだと考えています。

FCティアモ-16040619
藤代選手

―選手のみなさんはお仕事されながらサッカーをされているそうですが、その中でコンディションづくりであったり、メンタルの部分などの調整とかはどうされているんですか?

加藤:なかなか難しいですが好きでやっている人が多いので、言い訳をせず、サッカーのことも仕事のことも考えながら生活しています。

FCティアモ-16040620
加藤選手

―ちなみにお仕事は何をされているんですか?

加藤:不動産営業をしています。とはいえ始めたばっかりなんですけど。

藤代:スポーツジムのインストラクターをやっていまして、フィットネスジムやスイミングスクールのコーチのサポートなどを担当しています。

FCティアモ-16040621

―基本的にはこのフットサルコートで練習されているんですか?

加藤:そうですね。4月の中旬を過ぎたあたりで大阪国際大学のグラウンドを借りることができるみたいなんですけど、それまではここで練習しています。

―ティアモでサッカーすることになったのはどういうきっかけですか?

藤代:僕は監督がきっかけですね。

監督が以前に勤めていた職場の時から親しくさせてもらってて、ここの監督になるということでティアモに来ました。

大学で4年間サッカーしてて、卒業後タイでプロサッカー選手を1年して、ここにきたという流れです。

加藤:僕は大学の1年上の先輩がティアモに入っていて、その先輩に誘われる形で入りました。

FCティアモ-16040622
(こちらもコートのど真ん中でインタビューさせていただきました)

―監督は優勝、そして更に先を目指していますが、選手の皆さんはそれに向けて意気込みたいなのはありますか?

藤代:オーナーの新井場さんも勝負事は何にでも勝たないといけないっていう人ですし、スポーツやっている人全般に言えると思うんですが、勝負事はやっぱり負けたくないですね。

―オーナーの新井場さんも来られたりするんでしょうか?

藤代:週1は絶対来ますね。スクールとかやってる時とか。

子どもたちの方にいることが多いです。ちびっこ達にガンガン指導してます。

加藤:僕達も直接指導してもらったり。

FCティアモ-16040628
(こんな感じでラテラウではスクールやイベントなども開かれている模様)

―FCティアモのこういうサッカーを見て欲しいっていうのはありますか?

藤代:監督が言っているのは相手にボールを保持させないサッカーなんですが、全部そうなるわけではないので、ボールを保持しつつ臨機応変に戦うところを見てもらえればと思います。

加藤:多少の激しいプレーはあるとは思いますが、危険なラフプレーなどが出てしまったりすると、試合に勝ったとしても、選手もサポーターもあまり気分が良いものではないと思います。

クリーンにフェアプレー精神に則りながら、試合にも勝てるし、フェアでいいチームだなと思って応援してもらえるように頑張ります。



以上がインタビューになります!

「コミュニケーション」を重要視されているようですので、意思疎通がどうなっているか意識しながらFCティアモ枚方の試合を観るのも面白そうです。

そして冒頭で宣言したとおり、今後はFCティアモ枚方の試合結果の記事をアップ予定!

開幕戦は4月9日(土)11:30より、鶴見緑地球技場にて、対戦相手は高砂ミネイロFCです。

高砂ミネイロFCといえばFCティアモが2014年に関西リーグ1部への昇格をかけた試合で勝利したクラブチーム。

土日ですし、鶴見緑地とそう遠くないので、枚方のサッカーチームを応援に行ってみてはいかがでしょうか!

◇関連リンク
FCティアモ 公式サイト
これまでのFCティアモ関連の記事
ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー