市駅中央改札前につくってた無印良品がオープンしてる。店内のようすも

枚方市駅中央改札口前に作っていた「無印良品 京阪ひらかた」がオープンしています。

こちらの記事もぜひ↓↓
行く前にチェックしておきたい!「無印良品 京阪ひらかた(枚方市駅)」のフロアまとめ【保存版】

↓こちら
無印良品オープン-1805172
すごい行列ができていました。

無印良品オープン-1805171
この場所には以前、ファッションフロアとなっていましたが、1月末で閉店しました

無印良品オープン-1805176
行列はFMひらかたのスタジオを曲がったその先まで。

配っていたチラシ↓
無印良品オープン-1805173
本日5月17日オープン。

無印良品オープン-1805174
裏面。

無印良品オープン-1805175
オープンと共に人がたくさん吸い込まれていきました。

そしてタイトルのとおり、オープン直前の16日に店内を見せてもらってきましたので、その様子を文章少なめ写真ドーン!でお伝えします。

無印良品-18051642
(16日時点での出入り口)

まずは店内マップ↓
map-1
出入り口は3つあり、エスカレーターとエレベーターもいれると計5つです。

それでは上記地図でいうと上の方、中央改札側からみていきます↓
無印良品-1805164
まずは入り口を背に正面を撮影した写真。ここの左側が婦人ウェアエリア、右側がカフェコーナーです。

カフェコーナー

無印良品-18051643
入ってすぐ右側を見た写真。このように座るスペースもありました。

無印良品-18051646
壁側にも一息つけそうなエリアが。

無印良品-18051644
カフェコーナーのレジ。

無印良品-18051645
メニューはこの4種類です。

食品とキッチン

無印良品-1805161
カフェコーナーのすぐ隣からは食品コーナーが広がっています。

無印良品-1805163

無印良品-18051610
無印の食品がずらり。

無印良品-18051611
食品エリアの奥にあるキッチンエリア。

婦人ウェア

無印良品-1805162
入り口入ってすぐ左側です。

無印良品-1805165
見て分かるとおり、無印良品らしい洋服がずらり。

無印良品-1805166

無印良品-1805167

無印良品-1805168

MUJI to GOとMUJI WALKER

無印良品-1805169

無印良品-18051616
こちらMUJI WALKER。

紳士ウェア

無印良品-18051612

無印良品-18051613
個人的にはメンズエリア広い!って思いました。

無印良品-18051614

無印良品-18051615

こども服

無印良品-18051617
エスカレーター前周辺にあります。

無印良品-18051618

無印良品-18051619

無印良品-18051620
ついでにエスカレーターのようす。

ヘルス&ビューティーとレジ

無印良品-18051640
化粧品など。

無印良品-18051638
レジ前はこんな感じ。

ステーショナリー

無印良品-18051623
文房具のエリア。

無印良品-18051621
MUJI YOURSELFと書かれたスタンプを取り扱うところ。

無印良品-18051622
いろんな種類のスタンプがありました。一瞬麻雀牌に見えたのは僕だけでしょうか。

無印良品-18051637

無印良品-18051626
前回の記事でゆで卵をスライスしたいと言っていたワイヤーのところは、鉛筆がレイアウトされていました。

無印良品-18051634
京阪とのコラボということもあり、店内にはいろんなところに電車っぽい意匠が見て取れまして、これもそのうちの1つ。

無印良品-18050824
こんな風に昔の路線図などもありました。枚方公園駅が「枚方菊人形」と記載されてますが、もしかして昔はそういう名前だったりするんでしょうか。

無印良品-18051636
こちらはその近くにある駅のハンコシリーズ。

ハウスキーピングと収納

無印良品-18051624

無印良品-18051625
いろんな収納がありました。

無印良品-18051627
DIYにも利用できそうな壁面にとりつけるタイプのものも。

無印良品-18051628

ベッドルームとリビングルーム

無印良品-18051629

無印良品-18051630
家具類がたくさん。

無印良品-18051631

無印良品-18051632

無印良品-18051639
ビーズソファも。



以上になります。
いよいよオープンした無印良品ですが、この記事を読む頃にはもう既に利用したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では店内の様子をお届けしましたが、これまでのとおり京阪とひらつーがコラボしてることのコネを最大限使った記事ですので、京阪のサイトではさらに詳しく無印良品を特集した記事を今後アップ予定!

近いうちにアップ予定なので、そちらもチェックしていただければと思います!
ちなみに無印良品のこれまでの工事の様子ビフォーアフターもアップしてますのでぜひ。

このお店のオープンで、枚方市民でもMUJIラー率があがりそうですね!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー