枚方が初めてヨーロッパに伝わった時はどんな読み方だった?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.枚方が初めてヨーロッパに伝わった時、どんな読み方だったでしょうか?

a.へ
ラカタ
b.ファ
ラカタ
c.フィラカタ

d.ヒラカッター


ひらつー内正解率50%


031fa5ea
(特に意味のない淀川の画像)


答.cのフィラカタです!

ソースは「郷土枚方の歴史(平成26年)」の99Pです。

それによるとルイス・フロイスは「耶蘇会士日本通信(→コトバンク)」で京都から追放されたことについての報告書を送っており、そこには『フィラカタと称する所にて夜に入りしが、飯盛の城武士等岸にて我等にて待ち受けゐたり』

という書簡の一文を残しました。

それが「枚方」がヨーロッパへ伝えられた最初であろうと、本に書かれています。

発音的にFとHを間違えたんでしょうか。ヨーロッパの言語ってHの発音をほとんどしないのが多いので、間違えてしまうのも納得です。

ちなみに、17世紀頃、来日したことがないオランダ人が書いた日本地図には枚方を「Firaskatta(フィラスカッタ?)」と紹介しています。

■関連リンク

カテゴリ : ひらかたクイズ 歴史