戦後初めて枚方で開催された「ひらかた大菊人形」の演出を担当したのは〇〇歌劇団?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.戦後初めて枚方で開催された「ひらかた大菊人形」の演出を担当したのは〇〇歌劇団でしょう?

a.帝国華撃団
b.松竹歌劇団
c.OSK日本歌劇団
d.宝塚歌劇団

ひらつー内正解率 50%

b31c356d
ひらかた菊フェスティバルの菊の花たち【枚方フォト】より)

正解は…





d.宝塚歌劇団
でしたー!

ソースは枚方市史5巻のP282から。

それによると…
1949年10月1日、戦後6年ぶりに枚方で開催される枚方菊人形に新味を出すため、宝塚歌劇団に演出を依頼したと書かれていました。

そして、どんな演出になったかというと…
舞台に踊り子が登場しレビュー化!
※レビューとは…オペラやミュージカルのような感じで音楽、舞踏、寸劇をひとつの演目として展開すること。(→Wikipedia

したんだとか。

これは宝塚歌劇団の関係者が戦前の菊人形を知らなかったので、このように様変わりしたんだそう。

ちなみに、この復活の枚方菊人形展は無事成功したとのことです!
あと「舞台に踊り子が登場しレビュー化」ってのはこの年(1949年)だけのことでした。

なんか、どんな感じだったのかめっちゃ気になります!



枚方つーしんではひらかたクイズのネタ投稿を募集しています!
記事に採用されるとなんとAmazonギフト券500円が必ずあたります!