枚方市内で1校目が設置されるのが一番遅かった教育機関は小中高どれ?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.枚方市内で1校目が設置されるのが一番遅かった教育機関は小学校・中等教育機関・高等教育機関ではどれでしょう?

a.尋常・高等小学校
b.中等教育機関(現高校)
c.高等教育機関(現大学)
d.全部同時


ひらつー内正答率 17%

a6b9934f
(大阪市立高校)

正解はbの中等教育機関です!

ソースは「枚方の歴史」という本の248P。
こちらによると枚方に中等教育機関(現高校)が設置されたのは昭和18年の大阪市立中学校(現市立高校)が最初だったと書かれていました。

簡単に説明しますと、
★尋常小学校が現在の小学校
★高等小学校が現在の中学校
★中学校が現在の高校
★高等教育機関は現在の大学など
を指すみたいな感じのようです。(正確にいろいろ異なります)

小学校は明治5年に学制を公布され枚方内に8校が誕生し、高等学校は昭和2~3年にかけて大阪女子高等医学専門学校(現関西医科大学)と大阪歯科医学専門学校(現大阪歯科大学)が牧野村に移転してきたそうです。

それに対して中学校(現高校)に関しては昭和18年まで枚方にできなかったことを考えると、確かに15年近くと、結構長いあいだ中学校(現高校)が枚方になかったことになりますね。

当時はそこまで交通網も発展していなかったと考えると、市立ができた時は枚方の学生は場所が近くなって喜んだんじゃないでしょうか。

◆関連記事