枚方市が津田町と合併して現在と同じ大きさになったのはいつ?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.枚方市が津田町と合併して現在の大きさになったのはいつでしょう?

a.1938年
b.1947年
c.1955年
d.2000年


ひらつー内正解率 70%


ddf6fb46
(津田駅

答.cの1955年です!

ソースは「郷土枚方の歴史(平成12年の第4刷)」の252Pです。

それによると昭和30年(1955年)10月15日、津田町と合併して面積が64.52km2、(本には64.52m2と書かれていましたが誤植かと)人口5万9300人に拡大した枚方市が誕生したと書かれています。

しかし、現在の面積は65.12km2です。

数年前にも「枚方市の面積が0.04km2増えたらしい」と記事にしたこともありますし、「郷土枚方の歴史(平成12年の第4刷)」が出版されてから何回か面積の修正があったのかも。

人口に関しても、現在は約40万人ですし、1955年から7~8倍になったと考えるとすごいですね。

カテゴリ : ひらかたクイズ