FCティアモ、第4節レイジェンド滋賀FC戦の結果。今週27日には陸上競技場でホームゲームも

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の、5月20日にビッグレイクBで行われた試合の結果をお届けします。

動画↓

(この動画はいつもの公式動画ではなく、ティアモが撮影した動画です)

今回の試合では勝つと最大で4位に浮上可能で、負けると最悪の場合、最下位まで落ちるという可能性もありました。
関西サッカーリーグDivision1
5月20日(土)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs レイジェンド滋賀FC
@ビッグレイクB

【スコア】合計 2-1
~前半 0-1~
45分 0-1失点
~後半 2-0~
24分 1-1 NO.10加藤(NO.14吉村)
43分 2-1 NO.11木田(NO.10加藤) 
※( )内はアシスト選手

1
3節に続き連勝を目指し、レイジェンド滋賀戦へ。試合当日は、全国的にも夏日となり気温も上がり、ピッチも人工芝グラウンドである為より熱さを感じるコンディション。その中でもウォーミングアップから選手たちは、目の前の試合に集中していました。

スターティングイレブン↓
GK No. 31石田
DF 右からNo. 20岡山、No.4金泉、No. 3藤代、No. 14吉村
MF 右からNo.6小川、No.10加藤、No.8浦、No. 24岡田
FW No.9田中、No. 17山浦
 
サブメンバー 
No. 21白川、No. 2吉田、No. 5新地、No. 27上山、No. 11木田、No. 18豊田、No. 23原田
 
交代 63分 No.9田中 → No. 11木田
   77分 No.17山浦 → No. 23原田
   90分 No.24岡田 → No. 2吉田

ハイライト↓
1
試合開始から相手は、組織的な守備でボールを奪い早い攻撃を狙っていました。そんな中、FC TIAMO枚方は前節出場停止していたNO.3藤代選手、NO.4金泉選手を中心に集中した守備を見せ、相手にチャンスを与えず。

そして、ボールを保持する時間が長くなり、相手の組織的な守備を崩そうとショートパスやポジションチェンジなど繰り返しチャンスを作り続けましたが得点に結ぶことができないまま、前半終了間際に自陣の深い位置までボールを運ばれ、そのままゴール前でスイッチプレーからゴールを奪われ先制点を許しそのまま前半終了。
 
1
ハーフタイムでは、相手の組織的な守備に対して、「パスの質を上げる事」「ポジショニングについて」などを修正し、ゲームに入りました。
 
1
後半に入り、先制した勢いのまま少し相手のリズムでゲームが進みますが、24分NO.10加藤選手が魅せます。左サイドNO.14吉村選手のパスから、素晴らしいコントロールで相手を置き去りにし、冷静にゴールに流し込み同点に追いつきました。

1
そして、後半18分に投入されたNO.11木田選手がNO.10加藤選手のすばらしいパスから素早いターンで相手ディフェンスを一瞬で置き去りにし、落ち着いてゴールを決めて劇的逆転‼
その後は、落ち着いてゲームをコントロールし試合終了。
 
この逆転劇は、チームの力となり自信となりました。
次節は、枚方の聖地『枚方陸上競技場』でバンディオンセ加古川を迎えての試合となります。是非とも皆様のご声援を宜しくお願いいたします。

1

本日も、サポーターおよびスポンサーの皆様をはじめ、多くの方々に会場へ足を運んでいただきましたことに感謝申し上げます。
引き続き、ご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
※ハイライト部分の文章はFCティアモによるものです。

<次節予定>
5月27日(土)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs バンディオンセ加古川
場所 枚方市立陸上競技場

<現在の順位>
1位 アルテリーヴォ和歌山 勝点12                     
2位 関大FC2008 勝点9
3位 アミティエSC京都 勝点8
4位 阪南大クラブ 勝点7
5位 FC TIAMO枚方 勝点6
6位 バンディオンセ加古川 勝点2
7位 レイジェンド滋賀FC 勝点1
8位 St.Andrew's FC 勝点0
 
監督コメント

ティアモ-17041113
(山本監督)

まずは、勝利できた事に『ホッと』しています。試合内容としては、前半終了間際に失点をし、難しい展開の中ではありましたが、よく後半気持ちを切り替えて最後まで選手たちはトライし続けてくれたなと思っています。本当に選手達の働きに感謝したいです。また、逆転で勝ち点3を積み重さねる事が出来たのも、今シーズンのTRMも含めて初めてで、少しずつではありますが“粘り強さ“が出てきているのではないかと感じています。ただ一方で前節同様、守備での改善すべき点が無いわけではありません。しっかりとチームとして、選手個人として、現状に向き合って次に繋げられる様にしなくてはなりません。
次節はホーム枚方陸上競技場に帰ってきて試合が出来ます。今回も滋賀まで足を運び応援して下さいましたスポンサー様、サポーターの皆様、誠にありがとうございました。今回の勝利もチームに関わる方々で勝ち取った“勝利”だと思っております。
次節、バンディオンセ加古川戦も枚方陸上競技場に多くの皆様が足を運び、一緒に戦ってくれることを願っております。

選手コメント

1

<No.10 MF 加藤 博人 選手コメント>
まず初めに暑い中、遠方の会場まで足を運んで頂いたスポンサー様、サポーターの皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございます。 今日の試合ですが、相手が自陣に引いてあまりスペースのない試合でした。前半終了間際に失点してしまい苦しい試合展開になりましたが、ハーフタイムでの監督のミーティングで気持ちを切り替えることができ、後半に逆転することができました。
今回の逆転勝利は、チームもさらに勢いを増すことができると思います。
来週は枚方陸上競技場でのホーム開催となります。多くのスポンサー様、サポーターの方々が見にきてくださると思うので絶対に勝利し連勝を伸ばしていきたいと思います。

1

<No.11 FW 木田 直樹 選手コメント>
スポンサー様、サポーターの皆様、関係者の皆様、本日は遠方の会場まで応援に来て頂きありがとうございます。みなさまの応援で今日は勝つことが出来ました。
先週、チームとして初勝利を上げることが出来、その勢いのまま望みましたが、前半終わりに失点してしまい、チャンスを得点につなげることができず苦しい時間帯が続いていました。自分は途中から出場し、「得点を挙げること」だけを考えてゲームに入りました。加藤選手から素晴らしいパスが来たので、うまくターンができ、あとは決めるだけでした。得点シーンの形(ターンからのシュート)は、自信がありました。
まだまだ試合は続くのでこれに満足せず、日々のトレーニングから質にこだわり、次の試合でも勝てるようにチーム全体で頑張っていきます。本当に暑い中ご応援ありがとうございました。引き続き応援お願いします。

以上、FCティアモ枚方の第4節の結果でした!

そして途中にもありましたが、来週27日は枚方陸上競技場にてホームゲームです!
エスコートキッズも募集しているよう↓

この機会にお子さんの思い出づくりも兼ねて、試合を観に行ってみてはいかがでしょうか。

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー