FCティアモ、第5節バンディオンセ加古川戦の結果は大勝。陸上競技場でのホームゲーム

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の、5月27日に枚方市立陸上競技場で行われた試合の結果をお届けします。

動画↓


今回の試合では勝つと最大でリーグ2位に浮上可能で、負けると5位のままキープといったかたちでした。
関西サッカーリーグDivision1
5月27日(土)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs バンディオンセ加古川
@枚方市立陸上競技場

【スコア】合計 4-1
~前半 1-1~
03分 1-0 NO.8浦
10分 1-1失点
~後半 3-0~
20分 2-1 NO.4金泉(NO.14吉村)
33分 3-1 NO.17山浦
35分4-1 NO.10加藤
※( )内はアシスト選手

IMG_2223
©Jun HATA

今季2試合目となるホームの枚方市立陸上競技場にバンディオンセ加古川を迎え、前節は逆転勝ちしたの勢いのままなんとしても勝利したい一戦。
天候にも恵まれ、ピッチコンディションも最高の状態で試合に臨みます。

スターティングイレブン↓
GK No. 31石田
DF 右からNo. 2吉田、No. 20岡山、No. 3藤代、No. 14吉村
MF 右からNo.6小川、No.10加藤、No.8浦、No. 24岡田
FW  No. 11木田、No. 17山浦
 
サブメンバー 
No. 21白川、No.4金泉、No. 5新地、No. 27上山、No.9田中、No. 18豊田、No. 23原田
 
交代 55分 No. 2吉田 → No.4金泉
   80分 No.6小川 → No.9田中
   88分 No.24岡田 → No. 27上山

ハイライト↓
1
©Jun HATA

開始早々試合は動きます。前半3分、相手GKが飛び出し、クリアしたボールをNo.8キャプテン浦がハーフウェイライン付近から超ロングシュート。ボールは見事にゴールに吸い込まれ、会場を沸かせるスーパーゴールで先制します。

IMG_2538
©Jun HATA

しかし前半10分にコーナーキックから同点に。
その後も果敢に攻め込み、No.24岡田選手が強烈なシュートを放ちますが相手GKに防がれてしまい、決定機をものにできず前半を1−1で折り返します。

IMG_2755
©Jun HATA

上位との差をこれ以上広げることは許されない状況。
攻撃、守備共にポイントを確認して後半を迎えます。

IMG_2966
©Jun HATA

負けられない状況は相手も同じ。なかなか試合は動きません。
そんな中途中交代で出場したNo.4金泉が期待に応えてくれました。
後半20分にNo.14吉村の精度の高いCKから頭で押し込み2-1とします。

IMG_3118
©Jun HATA

接戦の中、次の1点が勝敗を大きく分けることになるこの状況で決めてくれたのはNo.17山浦でした。
後半33分に右サイドからゴール前に切り込むと、絶妙なシュートを流し込み3-1に。
その直後の後半35分に相手のパスを中盤で奪ったNo.10加藤がそのままゴール前までドリブルで持ち込み、強烈なミドルシュートを叩き込み4-1とします。

IMG_2873
©Jun HATA

その後もDFラインを中心に相手の攻撃を凌ぎきり、試合終了。
リーグ戦3連勝で暫定3位に。
 
公式記録によると800人もの方が枚方市立陸上競技場へ足を運んでくださいました。
本日も、サポーターおよびスポンサーの皆様をはじめ、多くの方々に会場へ足を運んでいただきましたことに感謝申し上げます。

IMG_3223
©Jun HATA

枚方市立陸上競技場での開催は残り1試合ですが、リーグ戦はまだまだ続きます。
引き続き、ご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
※ハイライト部分の文章はFCティアモによるものです。

<次節予定>
6月4日(日)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 阪南大クラブ
場所 ビッグレイクC

<現在の順位>
1位 アルテリーヴォ和歌山 勝点15                     
2位 アミティエSC京都 勝点11
3位 FC TIAMO枚方 勝点9
4位 関大FC2008 勝点9
5位 阪南大クラブ 勝点7
6位 St.Andrew's FC 勝点3
7位 バンディオンセ加古川 勝点2
8位 レイジェンド滋賀FC 勝点1
 
監督コメント

山本
(山本監督)

今シーズンのホーム枚方陸上競技場での第2戦目という事で、前回見せられなかったホームでの勝利を、応援してくれる皆様に必ず見せたいと思い臨みました。
本当に選手はファイトしてくれました。
前半は早い段階に浦の素晴らしいゴールが決まり、良い流れで試合を進められるかと思っていましたが、警戒していたCKによる失点。
やはりそう簡単に勝ち点は取れないと選手達も感じたのでは無いでしょうか。
その後も相手の前線からのプレッシングを受けてあまり効果的には攻撃する事が出来ないまま前半終了となりました。
ハーフタイムで「後半は攻撃面でサイドを起点にする事、セットプレー、特にCKの精度をあげる事、守備面ではサイドからのクロスを上げさせない事、奪われた瞬間のカウンターに注意する事。」以上の事項を中心に話をいたしました。
前節同様しっかりとポイントを抑えながら継続して戦ってくれたおかげで、金泉、山浦、加藤、とどれも素晴らしいゴールとして結果に結びつける事が出来ました。
またホームで皆様の前で勝てた事がなにより嬉しいです。
しかし、チームはまだ何かを成し遂げた訳ではありません。
一喜一憂せずにまた次節に向けて全員で良い準備が出来ればと思っています。
スポンサー様、サポーター様、アカデミーの子どもたち、地域の皆様、いつもご支援ご声援ありがとうございます。
立ち止まる事無く、FC TIAMO枚方はチャレンジし続けます。
どうか引き続き応援の程よろしくお願い致します。

選手コメント

吉田

<No.2 DF 吉田 時雄 選手コメント>
本日はたくさんの方々に会場にお越しいただきありがとうございます。
今日の試合は、スポンサー様やサポーターの皆様の応援のおかげで勝つことが出来ました、本当にありがとうございます。
まだまだリーグ戦もこれから続きます。目標とするJFL昇格するためには残りの試合は負ける事が許されない状況は変わりません。
しっかり練習し最後まで粘り強く戦っていけるよう頑張っていきますので応援よろしくお願いします!
私も個人としてこれからもっとチームに貢献できるように日々の練習から自分を追い込んでいきたいと思います。
FCTIAMO枚方は、成長しもっと強くなります。
そして、絶対にリーグ優勝しJFL昇格しますので、スポンサー様やサポーターの皆様これからも応援よろしくお願いします。

上山

<No.27 DF 上山 泰世 選手コメント>
暑い中、会場まで足を運んで頂いたスポンサー様、サポーターの皆様誠にありがとうございます。
第2節のホームスタジアムでの試合で負けしまい、本日は絶対に勝とう気持ちで挑みました。
チームも3連勝し、また第2節ホーム戦の負けを今回取り返せたと思います。
個人としては、サッカーと出合い、サッカーの楽しさをしり、サッカーを通して人間的に成長させてもらった枚方市で、公式戦初出場することができました。
試合では、緊張する場面もあり、まだまだ反省点もたくさんあります。
反省点を改善に向け練習に励んでいきたいと思います。 関西リーグ戦は、まだまだ続きます。
FCTIAMO枚方は、チーム一丸となり優勝を目指しますので今後とも熱い応援よろしくお願いいたします。

以上、FCティアモ枚方の第5節の結果でした!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー