FCティアモ枚方0-0でバンディオンセ加古川と引き分け。次も枚方陸上競技場のホーム戦!

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の4月29日に枚方陸上競技場で行われたホームゲームの試合結果をお届けします。

まずは動画から↓


関西サッカーリーグ2018 Division1 第2週
4月29日(日)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs バンディオンセ加古川
@枚方市立陸上競技場(大阪府枚方市)

【スコア】合計 0-0
前半 0-0
後半 0-0
合計 0-0
得点者 なし

※ここからの文章はFCティアモによるものです。

6241676560_IMG_2892
©Jun YOSHIDA

ゴールデンウィーク中に迎えたホーム開幕戦。前節の悔しさを胸に、掴み取りたい勝利。
200人以上のサポーター、スポンサー様、アカデミーの選手達が見守ってくださる中で迎える相手はバンディオンセ加古川。

IMG_2252
©Jun YOSHIDA

少し風が強いものの天候も良く、ピッチコンディションも最高です。

6241676560_IMG_2448
©Jun YOSHIDA

スターティングイレブン↓
GK No.31キローラン
DF 右からNo. 40野本、、No.3藤代、No.24戸田、No. 5新地
MF 右からNo.6小川、No.10加藤、No.37濵中、No.41飯田
FW No.11木田、No.9山浦

交代 44分 No.6小川 → No.8浦
84分 No.9山浦 → No. 39上本
82分 No.10加藤 → No. 21玉城

サブメンバー
No. 28岩脇、No. 2吉田、No. 16柳、No.8浦、No. 21玉城、No. 17福森、No. 39上本

ハイライト↓
IMG_2278
©Jun YOSHIDA

開幕戦で敗れてから自分達を見つめ直してきました。
チームの目標であるJFL昇格に向けて、もう一度やるべきことを確認し、絶対に負けられないホーム開幕戦を迎えることになります。

IMG_2473
©Jun YOSHIDA

ホームということで多くの声援を受ける中、前線から積極的にプレッシャーをかけてボールを奪いに行こうとピッチに向かいます。
ところが前半は風下に立ち、なかなか相手ゴールまでが遠く、逆に自陣まで攻め込まれる場面が。

IMG_2540
©Jun YOSHIDA

前半は0−0で折り返し、風上に立つ後半に勝負をかけます。
ところが相手ゴールが遠い。

セットプレーから何度もチャンスを迎えますが、相手の守備も硬くあと少しのところでゴールが奪えません。

IMG_2827
©Jun YOSHIDA

すると、カウンターから自陣ゴール前まで押し込まれてしまいますが、GKキローランのファインセーブとDF陣の体を張った守備によりゴールを守ります。


IMG_2806
©Jun YOSHIDA

終盤にはゴール前でのフリーキックを獲得。
キッカーはMF NO41飯田。

決まれば劇的な決勝ゴールになるであろう場面。

IMG_2861
©Jun YOSHIDA

残念ながらゴールはなりませんでしたが、最後の最後までゴールを目指して闘いました。
無得点で試合終了となりましたが、守備面では無失点で終えることができました。

IMG_2882
©Jun YOSHIDA

共に闘ってくださった皆様の前で勝利をお見せできなかったことはとても残念です。

次回のホームゲームでは皆様と共に喜びを分かち合えるよう、およそ1ヶ月間準備して参ります。

<次節予定>
5月20日(日)14:00キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 阪南大クラブ
場所: 枚方市立陸上競技場
<現在の順位>
1 高砂ミネイロFC 勝ち点6
2 関大FC2008 勝ち点6
3 おこしやす京都AC 勝ち点3
4 アルテリーヴォ和歌山 勝ち点2
5 バンディオンセ加古川 勝ち点2
6 阪南大クラブ 勝ち点1
7 FC TIAMO枚方 勝ち点1
8 AS.ラランジャ京都 勝ち点0

監督コメント

ティアモ-1804291
(山本監督) 

今チームは、大きくはばたこうと、大きく変化しようと、新たな挑戦を、新たな取り組みをチャレンジし続けています。

チーム内の競争も激しく、選手はいつ誰がメンバーに入るのか、スタメンとして出るのか分からない状況だと思います。過去をみても、選手の人数や質は今年が一番高いです。

しかし、サッカーはそれだけでは勝てないという事も事実です。見ての通りまだ未完成のチームです。課題を一つ一つ丁寧にクリアしていきます。選手達の力はこんなものではありません。信じて欲しいです。

私は、今年チームをJFL昇格に導くのが仕事です。選手は、朝9:00から練習をして午後から仕事。土日も試合や仕事といった形で、この環境でサッカーを続けるというのは並大抵の事ではありません。覚悟が無いと出来ない事です。

私は、どんな状況になろうとも選手達を信じて、前に進み続けたいと思います。サッカーを通して、FC TIAMO枚方を通して、この31名の選手達と枚方で繋がった縁です。このように全国各地から集まった選手達を是非一度、枚方陸上競技場で観戦してもらい、後押しして貰えたら幸いです。

しっかりと準備をして、次節5月20日こそは必ず勝利を届けられるように選手と共に頑張りたいと思います。いつもご支援ご声援頂いている皆様本当にありがとうございます。

選手コメント

No.10 MF 加藤 博人 選手
10-1804291

開幕戦からこの節を含めた、2試合の結果に納得している選手、スタッフ、サポーター、スポンサーの方々は誰1人いないと思います。

ですが“ちょっとした変化”で劇的に良くなるのもがサッカーだと思います。その“ちょっとした変化”を次節までの約1ヶ月の期間、チーム全員でコミュニケーションを取り、謙虚にトレーニングを継続することがとても重要だと思っています。

次節もホームでの開催となりますので、必ずリーグ戦初勝利を収め、FCTIAMO枚方に関わる全ての人と喜びを分かち合いたいと思います。必ず勝ちます。

以上、FCティアモ枚方の第1節の結果でした。

次回もホーム戦ですので、5月20日、枚方にいるという方はぜひFCティアモの試合観戦におこしくださいねー!