「薬を飲むには水で」摂南大学薬学部の学生が根拠を研究【枚方リンク】

☆注目の枚方関連サイト・ページを紹介する「枚方リンク」


記事によると、「薬は水で、という常識が正しいのかを調べる実験」に長尾峠町にある摂南大薬学部の2人の学生が取り組んでいるそうです。

マウスにアルコールで風邪薬を飲ませて血中濃度を測ると、ビールと日本酒はほぼ同じ値を示し、濃度がピークとなる30分後で水の3分の2程度に抑えられてしまっていたそうです。コーヒーや牛乳、茶などでも試し、データを積み重ねているとのことでした。

アルコールで飲むと薬の効果がそんなに落ちてしまうんですね!!驚きです。
私もいつも「胃の中で一緒になるからええやろ〜!」とお茶やコーヒーなどで飲んでいたので、これから水にしよう、と思いました。

というか、今まで根拠なく病院や薬局で「薬は水で」と言われていたのか!?と、ひらつー事務所でも盛り上がりました。

目のつけどころがすばらしい、嬉しいニュースですね。
詳しいお話を聞ける機会があれば伺ってみたいです!

◆関連リンク
・摂南大学(公式サイト) 


※「よしよっしー」さん、情報ありがとうございました。
■■■情報提供求む!■■■
ライター:おさや@ひらつー おさや@ひらつー